人気ブログランキング |

ネギととろろ昆布入り

 昨夜午前4時に寝て朝一の補修立ち合いが午前9時ってどうよ?

 あ、しまった~、誰かに聞いたSNSで嫌われるヤツ「忙しアピール」みたいなのをしちまった。ん?ブログはSNSじゃないからいいのかな。

 う~ん、腹が減って倒れそう。しばらくかかりそうだから抜けて吉野家に行きたいが、一生懸命やってくれているこの若い工事の人に悪い・・・いやいやなんかイケメンでしっかりした感じだし、きっとしっかり朝ご飯を食べてから仕事に向かうタイプだろ、じゃあオラが飯食いに行ってもいいかしら、おや、そういえばさっきのSNSで嫌われるヤツには「自慢」「自虐」「悪口」「非常識」(なんともまったく見事にオラの書いていることばかりだ)などがあったけど、腹減ったってのは忙しアピールや自慢あるいは自虐に入るんだろうか?あ~、とにかく腹減った。

 世界には飢餓で苦しんでいる人が何億人もいて、こんなに豊かで平和に見える国でも実の親に虐待されて食事が出来ない子供がいるっちゅうに「ファミマの食い物は全部飽きた」とかほざいているバカ(オラね)もいる。なんだかなぁ。

 反省しながら「お徳用ラーメンチキン味」に湯を入れて食おう。でも匂いがしたら工事の人に悪いかな。どこまで気にすんねん!? 

# by livehouse-uhu | 2019-06-24 10:19 | Comments(2)  

上っ面

 経済誌ってありますでしょ?なんか名前がプレ〇デントとかダ〇ヤモンドとかエコノミ〇トとかどれも、うわ~センスね~な~って感じの・・・ヤメロよヲイ。

 ああいうので偉そうに評論を書いている人ってきっとバカの親玉・・・ヤメロっつぅの!

 いやだってさ、定食屋チェーン店の売上が下がっているという記事では、店舗経営コンサルタントという肩書の方がさまざまな要因を分析して何が何パーセントだとか規模のメリットだとか書いているんだけど、定食屋の売上が下がったんならそれは「不味いから」じゃね?

 今まで好調に店舗数を増やして来た?じゃあ店舗数が増えて「不味くなったから」じゃね?

 記事を読んでオラは思いましたとさ。「この人たぶん(記事にしたその定食屋チェーンで)食ったことないな」。

 もし吉野家と松屋とすき家の牛丼について記事にしたら「味はそれぞれの好みなので利益には直接影響しないが問題はイメージ戦略と接客である」とか書いちゃいそう。ふ、一生言ってろ。そういう悪口はヤメロってば!!

 


 牛丼は吉野家じゃないと意味がないんです

                  故村山聖九段          

 

# by livehouse-uhu | 2019-06-21 15:55 | Comments(0)  

紛らわしいな

 JBCっていうからボウリング(Japan Bowling Congress~全日本ボウリング協会)かと思ったらボクシング(Japan Boxing Commission~日本ボクシングコミッション)かい。

 いや、普通そっちの方がはるかにメジャーだろ。

# by livehouse-uhu | 2019-06-21 12:47 | Comments(0)  

植物~動かぬ勝利者

 世間一般で雑草と呼ばれている植物を「あえて」人工的な環境の中で普通に「育てる」という感覚を持って接してみると「雑草って意外に打たれ弱い」ということがわかる。今後「蔓延る」という言葉を使うのを控えようかと思うほどだ。

 そう、彼ら(彼女ら?)の強さの秘密は決して個々ではなく、地球上における種としての「強靭さ」。

 たとえると(たとえるんかい!?)「ドイツとの戦いにおけるアメリカのM4シャーマン中戦車」みたいなもんかな。

 いや、なぜそこでガルパンにリンクを貼る・・・。

# by livehouse-uhu | 2019-06-21 11:53 | Comments(0)  

吉野家はあるけど松屋はないのよ~

 秋田県の話。

 行列が出来る高級食パンのチェーン店も、全国に店舗を広げているのに秋田県だけ空白なんですって。朝日新聞の秋田総局が「またもや物流が原因なのか」「その理由を探った」と残念そうに記事にしていた。

 実はね、秋田県って「全国学力テスト」でいっつも1位なのよ!知ってた?頭いいの、あそこ。だから「行列が出来る高級食パンのチェーン店」なんかには行かな・・・やめとけよお前(オラです、スイマセンスイマセン)。

 それにそれは「出店してから流行るかどうか」であって「チェーン店側が出店しない理由」にはならないだろ。

 そしてなんとオラも秋田は全国で数少ない空白の・・・ホントいい加減にしろよお前(オラです、スイマセンスイマセン)。

# by livehouse-uhu | 2019-06-18 11:49 | Comments(0)  

最近の吉野家

 仕入れに使う店のお金以外、ほとんどお金を持っていない。所持金1000円位かな?「恨ミシュラン」で西原理恵子嬢が神足裕司氏に「所持金〇〇ってのは金か?」と呆れていたのはいくらだったっけ?

 その代り吉野家のプリペイドカードを持っていて牛丼は食える。というか牛丼しか食えないのか。

 異様に偉そうな態度のきっちりスーツを着たおじさんは座ったとたん店員さんに「何があるの?」と訊いた。いや、まずメニューを見ようよ。隣のイスにカバンを乱暴に置き、めんどくさそうに食べ始める。混んで来た。席がない。店員さんが頼んだ。「お客様、カバンを・・・」。大きな舌打ちをして睨みつけしぶしぶカバンをよけた。食べ終わりレジで怒鳴った。「領収書!」。

 戦争はなくならない気がした。

 ホスト風の若者。疲れ切っている。服はよれよれ。「牛丼・・・小盛りとしじみ汁」。あ~二日酔いなのかぁ。しんどそうだ。カウンターにひじをついて犬のように食べる。時折休んでタメイキをつく。たまにスマホを見る。またのろのろ食べる。なんとか食べ終わりレジへ。彼は大きな声で言った。「ごちそうさまでした!しじみ汁、めっちゃうまかったっす!」店員さんが超忙しい中、満面の笑みで「ありがとうございます!またどうぞ」と応えた。

 いつか戦争のない平和な世界が来るかもしれない、とオラは思った。

# by livehouse-uhu | 2019-06-14 13:04 | Comments(0)  

泣くのはいやだ、笑っちゃおⅡ

 オラの故郷釜石で2年を過ごした作家井上ひさし氏が亡くなった時、オラはこう書いた。

 「顔が好きじゃない。僻んでる人の顔立ちだ。偉そうな政治的発言の裏で家庭では女性に暴力を振るう。戦後民主主義だの平和主義だのよく言うよ。洒落にもならない理想論を振りかざし、日本の過去を貶めようとする。基本的に考え方がひねくれているんだな。(中略)釜石での評判も悪い。ちょうどオレ達の親の世代だからね。だが彼の作品は。素晴らしかったよ。日本語の辿り着くひとつの頂点。娯楽の未来だった。アイディア、文体、ストーリー、どれをとっても文句のつけようがない」。

 自分の文章を長々引用したが、本当に故井上ひさしセンセイの書いたものは面白かった。そして今突然思い出した。幼い頃に見た人形劇「ひょっこりひょうたん島」以来、初めてその作品に触れたのはケンジが教えてくれた「モッキンポット師の後始末」という作品だった。

 主人公は小松。仙台の孤児院で育ち、東京のカトリック系私大に進学して大阪弁のフランス人神父モッキンポット師に出会う。聖パウロ学生寮に入寮した貧乏な小松は、寮費を払い飯を食うために寮で知り合った土田、日野という友人と様々なアルバイトに手を出す。しかし悪知恵は働くものの基本的に大バカな3人組は、行く先々で毎回とんでもない騒動を起こし、そのたびにモッキンポット師は彼らの後始末に奔走する・・・という物語。


 読んでいる間、始めから終わりまで笑って笑って泣いて泣いた。人の心を打つ「ドジで間抜けなキャラ」を生み出す天才、井上ひさしの魔法に。

 本も、映画も、音楽も、オラはいまだにケンジとジュンと姉が教えてくれたものだけを頼りに生きている。



 神父はそれから急ぎ足で坂を駈け下がった

 その後を追って駆け出したぼくらの前に遮断機が下り

 プラットホームに停車していた電車がぼくらの前を通り過ぎて行った

 再び遮断機が上がったとき

 神父の姿はもうどこにもなかった

      「モッキンポット師の後始末」(神父が3人組と別れる場面より)~井上ひさし

 


追。故井上ひさし氏原作の「ひょっこりひょうたん島」のモデルとなった島については、ご本人が明らかにしなかったので諸説あるのだけれど、これはもう岩手県大槌町の大槌湾内にある「蓬莱島」です。普通こういう場合「だと思われる」とかいって言葉を濁すもんだけど、この二つの絵と写真を見て「違う!」っつぅ人はいないでしょ!?


# by livehouse-uhu | 2019-06-10 15:32 | Comments(13)  

さよなら、さよなら、思い出は消えない

「七間町夜の森」は定期的に行われるライブハウスUHUのイベント名だ。福島県富岡町にあるJR夜ノ森駅から貰った。

 富岡町は東日本大地震津波にともなう福島第一原発の事故で全町避難を強いられ、夜ノ森駅は6000株のツツジとともに「人の訪ねて来ない場所」となり、8年近く経った今年1月に解体が決まった。

 JR常磐線は年内の開通を目指しているそうで、解体後の夜ノ森駅は橋の上の駅に生まれ変わり、2020年(令和2年)にはまた人の声が帰って来るだろう。少しずつ少しずつだけれど復興は進み、悲しみは薄れ、新しい時代を新しい人達が生きてゆく。

 取り壊された旧夜ノ森駅よ。100年間みんなを迎えてくれてありがとう。仙台から自転車でやって来たバカ大学生を休ませてくれてありがとう。恋人達や親子や友達や狐や狸を見守ってくれてありがとう。ありがとう。ありがとう。

 君の名前は遠く静岡の小さなライブハウスに集まるミュージシャンがずっと覚えているよ。ありがとな。

# by livehouse-uhu | 2019-06-09 19:50 | Comments(4)  

開放なのか逃走なのか

 歩いていると近くにワンボックスカーが停まり、運転席含めた両側の4つのドアが開いて、そこから一斉に「そんなに乗ってたの!?」っていう位たくさんのお父さんやお母さんやおばあちゃんや子供が出てきた。

 河原で少し大きめの石をひっくり返した時に四方八方にわらわらわらわらわらと散ってゆく虫を思い出した。

# by livehouse-uhu | 2019-06-08 13:42 | Comments(0)  

落し物

 何を書いてもオラのことを「保守的」「ネトウヨ」みたいに言う人がいるからなぁ。あまり好きではないがいわゆる「世論調査」的なものの傾向からみると、オラなんかごく一般的な日本人の感性(案外多数派)だと思うんだが。

 実は右寄り左寄りどちらの方々も、提供してくれるネタの数や濃度(?)はそう変わらない。極端な人って見ている分には面白いからね。

 ただ、なんとな~くだが、自民党の変な人やゴリゴリの右翼がやらかす事件や発言は「あまり笑えずウンザリする」ものが多く、共産党の変な人やゴリゴリの左翼がやらかす事件や発言は「いくらなんでもそりゃないでしょ!?」と笑える気がするんだよね。するとついついそっち(後者)を取り上げてちょっと揶揄することになってしまい、でもってボスは右寄りだからな~ってイメージになっているんじゃ?「んじゃ?」じゃね~よ。

 今時、自衛隊に関しては右左関係なくほとんどの人が尊敬し感謝しているだろうからそれが原因とは考えにくいし。

 たとえば今日のニュース。

 「米軍普天間飛行場近くにある保育園の父母会が、園上空を米軍機が飛び交う危険な現状をフェイスブックに投稿したところ誹謗中傷のコメントが相次いで炎上し削除を迫られた。心ない中傷は子どもの命を守ろうと懸命に活動する親たちを傷つけた」というもの。

 誰がどんな意見を書こうが自由であって「意見を発信するな!」という強制が一番よくないのは当然だ。やや感情的ではあるがこの記事に関して何の文句もない。

 その保育園では2017年に米軍ヘリの部品が落下する事故があり、子どもらが怖がったり保護者が原因究明や米軍ヘリの園上空飛行禁止を求める気持ちもわかる。当該のフェイスブックの投稿内容についても細かいツッコミどころはあるが立場を考えれば非常識なものではない。誹謗中傷した連中というのはおそらく「逆側」のちょっと困った人だろう。

 ところがさぁ(あ、きたきた)(なんだよもぅ!?)。その保護者の集まりである「チーム緑ヶ丘」とやらのお母さんが今回の件(フェイスブックへの誹謗中傷)を受けて発表したのが次の台詞。

「私たちは子どもたちのお空が小鳥だけが飛ぶお空になるまで諦めるわけにはいきません」

 どうっすかコレ。いや「どうっすか」って訊かれても。この保護者の方々に共感した方もちょっと斜めに「ケッ」となった方もどうっすか。「どうっすか」て訊かれても。どうっすか。

 大きい鳥は飛んじゃダメ・・・?

 そりゃ誹謗中傷したヤツは悪いよ。良くない。悪い。同じだろ!良くないと思います。でもね、この一行は「煽り返し」もしくは「釣り」じゃない?「なんだかなぁ」と感じたオラはやっぱりウヨですかね。

# by livehouse-uhu | 2019-06-08 12:40 | Comments(3)  

肉弾戦

 うわ~、アメリカとロシアの軍艦同士が異常接近!?あんなバカでかい船が航行中に30mとかまで近付いたらナスカーのスリップストリームみたいなモンだよな。おとろしや。しゃれかい。

 お互いが「そっちのせいだ!」とお互いを非難している訳だが・・・。

 コレ、もし接近遭遇じゃなく戦闘だったらアメリカ側はイージス艦だし、ロシアのおんぼろ駆逐艦など瞬殺なんだろうけど、衝突となると話は別。

 イージス艦は機動重視で装甲が弱く体当たりに脆いからね。

 ロシアのおんぼろ駆逐艦はさしずめ旧ザクってとこかしら。南無阿弥陀仏。新崎人生か、お前(オラね)は!?

# by livehouse-uhu | 2019-06-08 11:12 | Comments(0)  

翼あるもの

 まるで更新出来ないのに日々このページを開いてくれている人が少なからずいて、ありがたさと申し訳なさが見事に半々の心境だ。

 良し悪しはともかく個人的に非常に面白かった米大統領の来日や、ROSALIND(Wスタ)凸と並んで「音楽的に心から尊敬する酒が飲めない同級生」黒水伸一TORIOのツアー初日とかたくさん書きたいことがあったのだが、とにかく毎日を突破するのに必死。今日も朝からファミマのアメリカンドッグひとつしか食っていない。なぜ太るのだろう。

 今からトイレのハンドソープを詰め替え、茗荷を刻み、階段の掃除。

 店の前に置いてあるオラが考えた園芸ヌーベルバーグ「何も蒔かない、何も植えない、風が運んだ物語」に様々な雑草が芽を出し成長している。ところが最近虫がついて、まだ名前すらわからない植物の葉っぱが穴だらけになった。よく見ると細長い幼虫が枝に擬態してくっついている。

 うむ、やはりこれもとったりせず自然の理に任せるべきなんだろうな。小さなプランターだけどまるで小宇宙だ。

 ある日UHUの看板にさなぎがくっつき、そこから羽化したハイイロエグリツトガがどんどん巨大化して翼長251mになったら嬉しいな。う、嬉しい!?

 251mってなんだよ?モスラの翼長+1m。アホだ。

# by livehouse-uhu | 2019-06-04 16:46 | Comments(4)  

日本の事件なのか?

 胸が苦しくてTVを見ていられない。なんということ。

 トランプ大統領の来日について様々書きたいこともあったのだが・・・。

 まだ何もわかっていない犯人は自ら命を絶った。だれにも向かうことのできない慟哭はいったいどこへ向かうのだろう。キーボードをたたく指が痛いような気がする。

# by livehouse-uhu | 2019-05-28 12:09 | Comments(0)  

昨日初めて書類に「令和」と書いた

 遅いか?今時はだいたいの書類がPCだから。オラはどうも下がカタカナの「マ」よりも「令」の方が性に合うようだ。「どうも」だの「ようだ」だの、自分のことだろうに。そんなもんだよ。

 「令和」響きとしては大方(?)好きである。多くのミュージシャンもそうみたいで「REIWA」という音が嫌だというヤツにはまだ会っていない。「冷たい感じがする」という意見もあるが悪い意味ではなく英語で言うところの「cool」だろう。

 そもそも元号が嫌いという人もごく少数はいるのかな?なら使わなければいいだけだから話は簡単だ。他人にまで「絶対使うな」とか「絶対使え」とか言い出す人はさすがにいないだろ。

 「cool」でふと思ったけど英語も案外面白いよな。なんで高校時代あんなに出来なかったんだろ。え、今は出来るの!?いえ、出来ませんが、会話に困ったことはあんまないです。どういうことだよ。

 「It’s raining again」が「またケンカしちゃった」という意味もあると聞いた時はなんだか嬉しかった。「英語も案外(?)やるじゃん」なんて。

 そういえば「Supertramp」ってどうしてるんですかね?トランプ大統領が誕生した時も全然話題にならなかったのが不思議だ。

# by livehouse-uhu | 2019-05-25 12:34 | Comments(0)  

読書すら要らない

 しんどいことやしんどいニュースばかりが続き、晩年のマーク・トウェインの如きペシミストになってしまいそうだ。まあ「まともな感性を持っていたらこんな世界には耐えられない」と誰かも言ってた。誰だよ。

 そういえばオラが好きな長明も兼好も芭蕉も、みんなペシミストだよなぁ。いや、たとえペシミストが厭世的であっても必ずしも隠遁するとは限らないだが、隠遁できないペシミストほどつらいものはないとも言える。

 それでも腹は減るしよ。山頭火気取るのはやめとけよ。



 自分が多数派の中にいると気付いたら そろそろ意見を変えてもいい頃だ

                     ~マーク・トウェイン

# by livehouse-uhu | 2019-05-22 12:56 | Comments(0)