デンジャーゾーン

 え?最低賃金が848円から874円に!?ダメじゃん!850円のUHUのモギリ、法律違反じゃん。あ、コレ東京を含めた全国平均かぁ。

 静岡は・・・807円から832円。ギリセーフ、って喜んでる場合じゃないな。すまぬ、バイトのみんな。

 でもさ、でもさ、たとえ安くても一応時給を貰って椅子に座り、山口洋とか目の前で聴けるんだったらお得だと思わない?それもそういう問題じゃない!お仕事はお仕事でやっぱりいろいろ気を遣うからな~。いつもありがとう。

 特別にウィルキンソンのジンジャエール飲んでいいぞ。ただし、ミュージシャンごとの入場者数を間違えたヤツには青汁。バラエティの罰ゲームか。

[PR]

# by livehouse-uhu | 2018-07-25 09:23 | Comments(0)  

手作りⅡ

 高校時代のラグビー部の後輩が無地のスポーツバッグにマジックで「adidas」と描いていた。

 昔、野球帽のツバについて専門店の人が「曲げてもまっすぐでも好きにすればいい」と言っていたのを聞いて、黒人文化を少し見直したオラだ。

 昔々、アイビーファッションの評論家だかいう人が「トレーナーを腰に巻くのは許されます」と言っていたのを聞いて「こいつバカだ・・・」と思ったオラだ。

[PR]

# by livehouse-uhu | 2018-07-24 12:52 | Comments(0)  

手作り

 アポロキャップにマジックで「NASA」と描いてかぶっているオジサンがいた。
 
 タイトルは「VIVA!静岡県民!!」と迷った。

 ところでオラが「自分に最も合っているハズ」のヒップホップ方面(?)に挑戦しないのは「ツバのまっすぐな野球帽」が似合わないからである。

 ウソだし。誰か「自分に最も合っているハズ」にツッコんでくれ。

[PR]

# by livehouse-uhu | 2018-07-24 12:45 | Comments(0)  

畑違い

 筑波大准教授の山口香さんが日大アメフト部問題について書いておられた。

 山口さんは日本人として初めて世界選手権を制した柔道家で、その技のキレ、スピード、闘志、すべてがまさに女三四郎の名にふさわしい天才だった。

 しかし引退後テレビの解説に出て来ると、とにかく技術論や私見をしゃべり続け、うるさくて試合に集中出来ない。やはり自分が天才だった人はこういうものか、と思った記憶がある。

 さて、山口さんの日大アメフト部問題に関する評論(?)は多くの人と同じ「負の連鎖」とか「押し付けはよくない」とかいうもので特に目新しくはない。タイトルは「巨人の星からキャプテン翼へ」。

「巨人の星」は「ど根性」で「キャプテン翼」は「喜び」なんだそうだ。

 先生、なんとなく「こんなストーリーだったなぁ」と世間一般のイメージで安易に「分かりやすい例を挙げれば」なんて書いちゃったでしよ?たぶんちゃんと観ても読んでもいないな。

「巨人の星は日本人のもともとの精神に合ったアニメで、父親に殴られ、大リーグ養成ギプスを装着し、時には骨が折れても投げ続けるというど根性ものです。そこには野球を楽しむという精神性はなく、ひたすら耐えた先に勝利があるストーリーでした」。

「大リーグ養成ギプス」?ぎゃははは、大リーグを養成してどうする!?「大リーグボール養成ギプス」のことですね?単なるミスじゃない。先生、実は巨人の星どころか野球もあんまり知らないでしょ。少なくとも巨人の星フリークなら「大リーグボール養成ギプス」は「単語」なんです。勘違いはありえない。そして「骨が折れても投げ続け」てはいません。左腕の破壊は「腱の断裂」です。

 細かいこと言うなって?違いますよ。間違いを指摘しているんじゃない。ろくに観てもいないうろ覚えのアニメを「日本人のもともとの精神に合った」例として「ダイバーシティの考え方」だの「イノベーティブな未来社会が見えてきます」だの講釈を垂れる「姿勢」に疑問を持っているんです。

 え、「キャプテン翼」?見てないから知らない。山口さんが書いているように「練習も勝利もすべては自分の喜び」っていうアニメなの?もしそうならつまんないサッカーチームだな。

[PR]

# by livehouse-uhu | 2018-07-24 11:11 | Comments(0)  

矛もダメ盾もダメと仰る方々

 イージスアショアの配備計画を見ていてふと思ったんだが、めんどくさい国が近くにあって大変だとはいえ、日本の場合それは日本海側に偏っているんだなぁ。攻撃が長距離化して「海」が「塹壕」の役割を果たさなくなるとそういうことって結構重要だ。

 ヨーロッパ列強の中で周りが全部敵だった小国と比べると恵まれているのかもしれん。しかもあちらは地続き・・・。心の休まる暇がないな。強靭な政治家が多く出るのもわかる気がする。

 そんなことに今頃気付くというのもどうなんだ。海の向こうには何も見えない街で育ったもんでね。

 6000億かぁ。その予算ちょっとごまかしてオラの暮らしや会社を楽にしてくれないかな。でも国を護れなければ暮らしもクソもないもんな。国民がみんな「自分の困っていること」を「優先しろ~」と言い出したらキリがない。

 あ、「軍事費削って福祉にまわせ~!」ってのはそういう主張ですよ?

[PR]

# by livehouse-uhu | 2018-07-23 13:03 | Comments(0)  

愛の渦

 神はやっぱりいないと思う。この世のすべては運命という名の偶然でしかない。もし神がいてオラ達を操っているなら、青田ケンイチのような男にこんな才能を与えるものか。

 ま、逆の例(やっぱり神はいるかも。こんな素敵なヤツがこんな素敵な歌を創るんだから、と感じるような)もあるけどね。

 中には誰かに連れて来られて音楽には興味がなく寝ているお客さんもいたけれど、いつもなら腹立たしいのにそれもまたなんだかアオケンのワンマンらしい気がするんだよなぁ。不思議な男だわ。

[PR]

# by livehouse-uhu | 2018-07-20 21:33 | Comments(5)  

田子重に関する一(再?)考察

 オラが田子重のお客様の声コーナーウォッチャーになってからだいぶ経つが、相も変わらずちょっと頭のおかしいクレーマーとしか思えない意見を堂々と得意げに上から目線で書き込む人は絶えない。

 いわく「トイレにも単独の冷房を入れろ」「レジの〇〇が米10kgをレジ袋に入れてくれなかった」「オレの好きな刺身がない」(そりゃ悲しい)「サッカーワールドカップの日に値引きが始まるのがいつもより遅かった」(ぎゃははははは、こりゃ面白いぞ)などなど。

 しかしまぁあんなに綺麗で安くて商品豊富で従業員さんがしっかりしているスーパーによくもそんだけ文句があるもんだ。もちろん中には感謝を綴ったものもあるのだが。

 そしてオラは気付いた。強い筆圧で長文の苦情を書く人(多くの場合女性の字に見える)は、ほとんど(全部といっていいかも)「日本語の文法」がおかしいという事実に。

 文章を書くのは好きらしい。投書用の紙をわざわざセロテープで貼って書き足している人もいた。だが中身はめちゃくちゃ。誤用とか漢字の間違いといったレベルではなく(もちろんそれもあるけど)、根本的に主語と述語の関係、日本語としての構造がおかしいのだ。そういう投書の最後に「日本人なら常識としてわきまえて欲しい」なんて書かれても店長も動揺するばかりであろう。

 子供の投書があった。「〇〇がおいしかったのでまたかってください」

 母親宛て?いや、田子重で売っている商品も田子重の人がどこかで買って来たと思っているんだろうな。うむ、流通業界の本質を突いていると言えなくもない。かわいい。

 ヒステリー起こしてるオバチャン、「他所のスーパーでは親切に〇〇してくれた」なら今日もそこに行けば良かったじゃん。

[PR]

# by livehouse-uhu | 2018-07-19 11:54 | Comments(0)  

病名

 つらい思い出とPTSDの境目ってどの辺りなんですかね?
[PR]

# by livehouse-uhu | 2018-07-19 11:25 | Comments(0)  

几帳面

 面白いか面白くないかはともかく、どこかの事務所で「中村さんって血液型なに?」と訊かれた時、他人の机の上の電話やメモ帳やペン立てなどを机のふちに合わせてキッチリスクエアに直しながら「A型ですけど血液型なんて性格には関係ないでしょ?」と答えるようなギャグがオラは好きだ。
[PR]

# by livehouse-uhu | 2018-07-18 15:50 | Comments(0)  

まだ赤プリがあった頃

 生まれて初めてサラリーマンになって(普通に大学を出てすぐちゃんと就職した人はこういう言い方しないよな)内幸町のプレスセンタービルにいた頃、会社にかかってくる電話の相手で興奮(?)したのは「バンク・オブ・アメリカ」と「AT&T」だった。「すげぇ!アメリカの会社じゃん!?」っつって。

 親切にしてくれたエロい(エロいは余計だろ)先輩女子社員が一から電話対応を指導してくれたが、あの時教えられてすぐそつなくこなしたのは失敗だったと今でも後悔している。何を言っているのかお前(オラ)は。

 なんだかんだでアメリカってごっついよな。

「ナカムラってさぁ、バンドやってたんでしょ?」「あ、はぁ、バンドと言いますか、まあそのいろいろ音楽を」

「グランド・ファンク・レイルロードって好き?」「好きですけどツェッペリンの方が」

「ふ~ん、で、あなたはどんなのやってたの」「フォークソングとポップスです!」

「そう、60年代のロックしか聴けない店があるんだけど行く?」「お供します・・・」

 そこでは「ハートブレイカー」がかかっており、強烈なタバコの煙とテキーラでその日のことはあまり記憶がない。

 彼女が「矢野顕子も好きだ」と知ったのはだいぶ後のことだが、それをどこで聞いたんだったかも忘れたなぁ。

[PR]

# by livehouse-uhu | 2018-07-18 11:12 | Comments(6)  

何でみんな果物を冷やすのかな?腐らないように?

 オラ、冷やした方が美味しいと思う果物はスイカくらいだな。リンゴもナシもモモもミカンもイチゴもバナナもパイナップルもカキもサクランボもブドウもビワもアケビも人肌の方が美味い。え、常温とかじゃなく人肌!?
[PR]

# by livehouse-uhu | 2018-07-17 11:30 | Comments(0)  

練習の他にいろいろやることがあるだろうし

 ロシアワールドカップ決勝でピッチに乱入したのはロシアの「フェミニスト・パンク・ロック集団」ですって。

 わははは、フェミニストとパンクの相性については意見がわかれるところだろうが、オラはいつものように「つい」思ってしまったよ。

 思想的な背景はともかくその女性達、演奏はヘタそうだなぁ。偏見だよ偏見!スミマセン。

[PR]

# by livehouse-uhu | 2018-07-16 13:00 | Comments(0)  

オラは音楽が好き

 ふと真夜中にTVをつけたらTRFがBOY MEETS GIRLを歌っていた。この曲をジャマなダンサーや無意味なDJをつけずに普通に演奏したらどんなに素敵だろうと思った。

 みなさん、作り笑顔は好きですか?

[PR]

# by livehouse-uhu | 2018-07-15 01:01 | Comments(0)  

それぞれのⅢ

 岩手の高校生ボランティア、気をつけてな。とにかく自分の身体をいたわって。責任感や使命感で決して無理すんなよ。自衛隊も、警察も、消防も、一般ボランティアもいるから。他の県から来た志を同じくする仲間もいるから。そりゃもう自衛隊も、警察も、消防も、一般ボランティアも、他の県から来た志を同じくする仲間も、みんな気をつけて欲しいけど。なんだか書いていることが矛盾だらけだけど。おかしなこと言う大人だと思うだろうけど。自分はなんの役に立てず、ただ心配して泣くしか出来ないけど。岩手の高校生ボランティア、気をつけて。どうかどうか気をつけて。手を切るな。釘を踏むな。目に泥を入れるな。気をつけてけろ。どうか、どうか。家族が待ってるからな。
[PR]

# by livehouse-uhu | 2018-07-12 13:20 | Comments(0)  

それぞれのII

 テレビを見るのも新聞を読むのも辛い。どんなに文明が進んでも自然は軽々と人類を蹂躙してゆく。

 自分に何が出来るか考えるとまた情けなく、切ない気持ちになる。そしてそれ以上に・・・。

 報道にいちいちいちいち心が荒む自分がしんどい。普段は天邪鬼を売り物に、とまでは言わないがとりあえずは自認し諦めているくせに。

 まだ救助捜索は続き、被災地は災害の真っただ中ではないか。亡くなられた方の家族にマイクを向け、家を失って呆然とする家族を大写しにし、あれが良かったこれが悪かったと意見し、お約束の識者とやらが政府の対応や自衛隊をはじめ現地で必死に戦う仲間を批判する。

 頼む。後でやってくれよ。想像出来ないのか。彼らがどんな思いでどんな苦労をしながら泥水の中を歩き回っているか。

 何も出来ない役立たずのオラは、あなた方マスコミの「立派な仕事」と「崇高な使命」を嫌悪する。

[PR]

# by livehouse-uhu | 2018-07-11 09:16 | Comments(0)