<   2019年 01月 ( 16 )   > この月の画像一覧

 

日々を慰安が吹き荒れて帰っていける場所がない

 誰もいない(独りぼっちの)ライブハウスほど寂しいものはない。毎日が祭りの後だから。暗く闇に沈んだステージに誰かの魂が埋もれている気がする。思わず声をかけようとして止める。

 ガットギターを取る。いくら才能もセンスもないオラでもずっと同じ曲を弾いていたらさすがに少しは音がするようになった。相変わらず歌えないが。ウミミミズクという架空の鳥(鳥なのか?実際にいるウミフクロウはウミウシだが)がきっと夜に翼をはばたかせて不思議な声で代わりに歌ってくれるだろう。

 いい歌が好きだ。それだけの話。


 不良少女は夢見てる 家を早く出てゆきたい

 歌を歌ってあげたいな 金縛りにかかった私のため

 私自身のために

       「やまのうた」~ノダフルタ

by livehouse-uhu | 2019-01-29 17:01 | Comments(0)  

街は日増しにうるおいを欠きコンクリートの冷たさにも事欠かぬ

 口先だけの空虚なキャッチフレーズだのメッセージが嫌いだ。そんなもん誰でも嫌いだろうって?そうでもないぞ、そういうものを作って得意になって発信している人達がいるんだから。

 少し前なら「コンクリートから人へ」なんていうのもあった。冷静になれば「何言ってんだか」だろうに、よく考えずに釣られた人もいればそもそも「これがいい」と選んだ人がいたからこそ使われたのである。

 オラ達が岩手のど田舎釜石の高校を卒業するころ、世界で最も深い海底(水深約63m!)から立ち上がる釜石港湾口防波堤の建設が始まった。工業高校の土木科に進んだ同級生は「この工事で高校出た後10年はくいっぱぐれねぇ」と言っていたが実際に完成するまでには30年以上の工期がかかった。

 釜石が誇る(誇った)その湾口防波堤は2011年3月11日、巨大な地震による津波で破壊され、北堤の80%、南堤の半分が海に沈んだ。必死に釜石を守ろうと頑張った湾口防波堤だったが、自然の驚異の前に崩れ落ち、市街地を襲った津波は1000人を超える人の命を奪っていった。

 実を言うとオラはコンクリートが好きだ。幼いころ遊んだ通称「ぼっこれアパート」(作り掛けで放置された廃墟のような新日鉄釜石社宅跡)や街に背を向けて海を見ている「釜石大観音」(コンクリート打ちっぱなし)のせいかもしれない。NSPの「コンクリートの壁にはさまれて」のせいかもしれない。あの冷たい手触りがイヤじゃないのだ。

 UHUの床に一か所オラがコンクリートを練って(?)埋めた部分があるんだぜ。今度探してみ。あ、割れてる!?

by livehouse-uhu | 2019-01-28 12:37 | Comments(4)  

帰らぬ者

 将来警察官になることを夢見ていた女の子が中学校柔道部の部活で大外刈りという技で投げられ命を失った。こうして文字にしただけであまりに辛く悲しく涙が出そうになる。親御さんの気持ちはいかばかりか。

 お父さんは「せめて小中学生には大外刈りを禁止すべきだ」として全柔連に3000万円の損害賠償を求め提訴したそうだ。第1回口頭弁論終了後に「これほど柔道事故が起きていることは異常だ」と語っている。

 裁判にすることの是非や勝ち負けに関してはめずらしく(?)何も言うべきことが浮かばない。様々な立場の人が討論し検証し事故を減らしてもらいたいと月並みに願うだけ。

 思い出したのは、天才柔道家小川直也と故橋本真也のプロレスリング上での戦い。

 橋本が何度も何度も何度もマットに叩きつけられたSTO(スペシャル・トルネード・オガワ)こそまさに柔道の大外刈り。大外刈りに加えて相手の首を固定し腕も掴んで足を払い体重を乗せて浴びせ倒すのだから受け身を取ることは非常に困難だ。

 倒されても倒されても立ち上がる橋本。もういいよ止めてくれと観客が思った藤波のレフェリング。いろんなことが重なりもしかしたら橋本の命を縮めた。

 格闘技は危険だ。決まってるじゃないか。安全な訳がない。

 格闘技か。ひとつはっきりしていることがある。格闘技をすべて禁止したら戦争は増える。

by livehouse-uhu | 2019-01-24 12:36 | Comments(0)  

間接照明

 子供の頃、病院の待合室は暗くて不安で居心地の悪いところだった気がする。最近は明るくて(物理的に)安心で(面倒がらずに病院に来てよかった〜)居心地がいい(なんといってもソファーが違う)。真逆じゃん!?

 むぅ、これが老人が病院に寄り集まる理由か。でも老人の仲間入りはちょっとイヤだなぁ。くつろいですっかり馴染む前に名前を呼んで欲しい。

 あれ、若い人が事故にあったりして三途の川を渡りそうになった時にも誰かが声が聞こえて呼び戻されるんじゃなかったっけ?

by livehouse-uhu | 2019-01-19 09:25 | Comments(0)  

影響

 ダイソンのサイクロン式掃除機のCMのせいで、ごく普通の紙パック式掃除機で掃除をしている時に吸い込みが悪くなると「トーシバ。吸引力の変わるただひとつじゃない掃除機」などとつぶやいてしまうのはオラだけですか。

by livehouse-uhu | 2019-01-18 16:12 | Comments(0)  

善悪の狭間

 検査の結果インフルではなく、ただの風邪。ただのってのもよくわからんが。とにかくTシャツ5〜6枚を汗でビショビショにして復活の兆し。

 山口組の組員が郵便局でアルバイトをして逮捕。反社会的勢力ではないという誓約書にサインしたことが詐欺にあたるという。同情の声もあるが、そもそも組員になったことが悪い。さまざまな事情があるにせよ、警察を批判するのはお門違いだと思う。なのに、何故涙が出るんだろう。あの赤い郵便バイクで彼は一生懸命配達をしていた。一軒一軒のポストに手紙やはがきをいれていた。逮捕かぁ。


 ねぇちょっと待ってよ郵便屋さん

 ちょっとだけ時間をちょうだい

 郵便屋さんよく見て探してみてくれない?

 その鞄の中に僕宛の手紙はない?

 お願いだよ郵便屋さん

 もう長いこと待ってるんだ

 最後に彼女の手紙をもらってからもうずいぶん経つんだよ

             「プリーズミスターポストマン」〜The Beatles

by livehouse-uhu | 2019-01-18 08:18 | Comments(0)  

餅が凶器になる年齢が近づいてきた

 やや体調が悪く、布団に横たわってこれを書いている。あり、確か忙しアピールと並んで体調悪い自慢も嫌われるんだっけ?しかし本当だから仕方がない。

 あれから24年。考えてみれば「あの時死んでいても不思議じゃなかった」(つまりあの時死ななかったのは不思議だ)という場面に今まで何度遭遇してきたことだろう。

 またぞろさまざまなメディアが「教訓を忘れるな」とやっている。教訓ねぇ。

 そういえばオラは24年間「あの」時間に起きたことがないような気がするな。これから先もきっとない。

 過ぎた時間の愛しさ、切なさ、やりきれなさ。ふむ、どこか静岡で力うどんを食わせてくれる店はないかしら。

by livehouse-uhu | 2019-01-17 10:43 | Comments(0)  

一日平均

 10個くらい「ブログに書いておきたい」と思うネタがあって、そのほとんどが自分でもあきれるほどくだらなく、しかしいくらか面白いヤツは歩いたり自転車に乗っている間にだいたい忘れてしまい、なぜか覚えているくだらない方はいざ書こうとした時にくだらなすぎて躊躇してしまうという。

 今年まだカツカレーを食っていない。

 実はこれ、嘘である。ここでこんな嘘を書いて何が面白いのか。なんの意味があるのか。面白くないし、意味もない。

 今年まだカツカレーを食っていない。もう1回書いた。少し面白い。相変わらず意味はない。

 今年まだカツカレーを食っていない。3回書いた。意味が生まれたような気がする。

 そりゃあくまで気のせいだぞ。

by livehouse-uhu | 2019-01-16 09:49 | Comments(0)  

暗い船底で櫂を握る

 キミタチ、ジャンク舌と貧乏舌とは断固違うからな。キミタチって誰に呼びかけているのかわからんけど。

 ま、その辺を詳しく書くとこのクソ忙しいのにえらい時間がかかってしまうので割礼・・・じゃない割愛するが、人として恥ずべきは味がわからないことなんかじゃなく「味以外の何か」に操られ(先入観を植え付けられ)て判断を下しているのにそれに気付かず分かったつもりになって講釈を垂れる行為なんだ。世のグルメと呼ばれる者(自ら名乗るあほうも含めて)が尊敬されないのはそういう理由だ。なんかオラ、今日調子いいな。え、そうでもない!?

 で、なんだっけ、そうそうだいぶ以前にアドバルーンのノダフルタが「ファミマの安いカレーが美味い」(たぶん298円のこだわりカレーだと思う)と書いていた記憶があり読んだ時に「あ、やっぱり!!」と膝を打ったことを思いだしたのだ。実際に膝を打つヤツは滅多にいない訳だが。うん、オラ今日調子いいな。そうでもないですか?

 ついさっきファミマのミニエビピラフを食った。あの(どの?)必ず電子レンジで温めないと食えないシリーズ(?)だ。ジャンク中のジャンクかな。ジャンクの定義って・・・それもやめとけ。

 298円。とにかく美味いよ。プラスチックのスプーンなんのその。スープとお新香が付いていたら食堂で500円出してもいい。ウーロン茶がぶ飲み。さ、働け奴隷。何の?ベンハーに出てきたガレー船の・・・じゃないこの社会の。ここでタイトルと繋がるんだぞ!?これを絵に例えると「一筆書き」みたいに一気に書いたんだからオラめちゃくちゃ好調だな。あ〝~、この例え!!

by livehouse-uhu | 2019-01-11 15:51 | Comments(0)  

小者

 ウーマンラッシュアワーのなんとかくんという人がよく政治的な発言や先輩を恐れず毒舌を吐くとかで話題になるが、何度か見た彼のネタは早口なだけの素人芸でまるで面白くなく、オラなどは録画していても飛ばしてしまう。

 毒舌ってさ、何か失うものがあるのに恐れないとか、もともとの芸が誰もが認める並外れたものじゃないとあまりインパクトがないよね。ある方面の方々には無闇に媚びてるし。

 たけちゃんや談志師匠が・・・と書こうとしてあまりに格が違い過ぎ、こりゃかえって認めることになりそうでやめた。小藪氏やマツコ姉さん(?)の足下にも遠く及ばない。まさにタイトルの通り「小さな者」。

 しかし誰にも媚びないってのはなかなか難しいなぁ。

by livehouse-uhu | 2019-01-10 12:08 | Comments(0)