<   2018年 06月 ( 28 )   > この月の画像一覧

 

それがサッカーだというのならII

 嫌味でも皮肉でもなくそれでいいのである。いろいろな意見、いろいろな考え方があって当たり前。誰が正しいも間違いもない。

 竹原ピストルさんは山口洋(年下だから呼び捨てな。だったら竹原ピストルさんも年下だろ!?)と同じようにオラのことを「とにかくめんどくさい人」と公言していて(ありがたいことに)ブログにも「話が長い」「その割にオチがない」「声がデカい」「だからなるべく相手にしないように気をつけている」と書いてもらった。うれしかったなぁ。

 ピストルさんはだいたいUHUに来ると「ボス、その話長くなります?」「先にリハやっていいですか」「今〇〇ちゃんと話しているんで・・・」と言っている。

 そのピストルさんがたった一度だけ「UHUのボスと打上げで意気投合して盛り上がった!」と書いたのが大リーグの「大差がついた試合の後半で盗塁をしない」という不文律(暗黙の了解?)についてだった。

「勝つために最善を尽くしてんだろ!」「何点差でも逆転はあり得るのに」「そうそう最後まで全力で戦って何が悪い」オッサンふたりがビール持って・・・。

 そしてオラ達はあの「甲子園松井秀喜5打席連続敬遠」も「勝つためにとった作戦だろうが!」「卑怯だというならルールを変えろ!!」と語り(喚き)合ったのだった。

 ルールの中で「勝利のため」に最善を尽くしているなら、誰にも恥じることはないとオラは思う。「勝利のため」なら。サッカー日本代表は負けていた。負けていたのに逃げた。だからオラは認めない。それだけのことだ。

「その1試合だけでなく先を見据えた立派な戦略だ」「日本サッカーがしたたかになった証」だと思う人はもちろんそれでいい。

 日本対ポーランドの試合が行われたのはロシアのボルゴグラード。サッカーワールドカップの試合が自国で、しかも自分の街で観られるなんて一生に一度あるかないか、いやそんな幸運はめったにないだろう。

 そして自国の代表でもない両チームの試合を高いチケットを買って観にきてくれたボルゴグラードの人達の中には、サッカーが大好きで大好きで、実力では下かもしれないがフェアで勇敢に戦うアジアのチームを応援しにきた父親と少年がきっといたに違いない。

 日産自動車で活躍し、何故かプロになることを拒み続けてJリーグ誕生前に身を引いた「稀代のドリブラー」金田喜稔氏は「恥ずかしくて怒りが込み上げてきた」という。

 オラはただの観客(しかもにわか)だから怒りなどはなかったが・・・少しだけ悔し涙が出た。

[PR]

by livehouse-uhu | 2018-06-30 10:45 | Comments(0)  

それがサッカーだというのなら

 他の競技場の他チームの試合状況を確認し、このまま1点差で負けても規定により予選を突破、いや突破じゃないな、なんとか通過出来る、とわかった時点で、負けているのにまったく攻めず、ボールをまわして試合時間が終わるのを待つ。それをやっているのは日本中から選び抜かれた日本サッカーの頂点に立つ日本代表選手達。

 よろしいんじゃないですか。それがサッカーなんでしょう?

 ルール上問題ないですしね。それがサッカーなんでしょう?

 渋谷で大騒ぎしていた方々、本当に心から感動し、我らが日本代表の勇気ある試合に魂が震えましたか。サッカーって、スポーツって素晴らしい!と涙が出ましたか。それはよかった。

 スクランブル交差点で交通整理していたおまわりさん、ご苦労さまでした。試合前、選手もスタッフも大きく口を開けて国歌君が代を歌っていたことに免じて許してやってください。

 サッカーとは関係ないけれど西原理恵子氏が「恨ミシュラン」の取材で渋谷に行った時、同行の記者に「NATOに頼んでここを空爆してもらえ」と言っていた。



 16歳から65年間サッカーをしてきた

 勝ったことも負けたこともある

 しかし勝っても負けても試合なんて案外忘れてしまうもの

 いつまでも忘れないのはフェアプレーで積み重ねた友情だ

              デットマール・クラマー

[PR]

by livehouse-uhu | 2018-06-29 08:37 | Comments(2)  

潮の水の打ち寄せるところ

 ようやくアパートに帰ってきた。なんだそのフツーのブログのような書き出しは。

 非常に疲れたが、ここ三ヶ月で一番心が落ちついている。ひとつの仕事が終わったのだ。こんな暮らしがいつまで続けられるかわからんが、とりあえず今夜はビールを飲もう。浜名湖の湖畔に行きたいけどそこまで贅沢は言うまい。

 あ、日がかわった。真夜中の特急を待つ。乗れない電車の愛おしさ。

 来月早々、ほんの一日だけ行方をくらましていいですか?あ、許可を求める相手なんかいねぇや。そのために会社やめたんだっけ。

 唯一残った自由の行使だな。

[PR]

by livehouse-uhu | 2018-06-27 00:09 | Comments(0)  

一番悲しんでいるのは戦没者

 背後からの銃弾・・・ですらない。自爆行為?なんだろう、言葉が見つからない。

 沖縄の糸満市で開かれた沖縄全戦没者追悼式であいさつをした安倍晋三首相に汚いヤジが飛ばされた。しかも近年の追悼式では首相のあいさつをヤジで妨害するのが恒例なんだという。

 慰霊の場にプラカードや横断幕を持って押しかけ、政治的なヤジで妨害する。追悼している遺族の前で大声で叫ぶなど許されるのか。しかし普段からそういうことをしている人達らしい。

 首相の政策や発言を批判するのは構わない。おかしいと思えばしかるべき場所で指摘するがよかろう。どんな思想も自由である。日本という国のために安倍晋三という人間が害だと信じるなら、首相の座から引きずり下ろすべきだと信じるのならそれでもいい。

 だが、あなた方のやっていることはその「目的」のために明らかにマイナスなのではないか?

 首相の支持者はもちろん、あなた方と同じように大嫌いな人でさえおそらく嫌悪感を覚え「こんな連中がいるから逆に政権側につけこまれる」と思うだろう。ましてや「特に政治に興味はないが一応は普通に暮らせているしなんだかんだ言っても日本はいい国だよでもなんだかいろんなニュースを見ると権力を持った人ばかりがうまい汁を吸っているのは許せないなぁ次の選挙では自民党以外に投票しよう・・・」と思っていた結構多くの人が「安倍晋三首相も好きではないがこいつらよりはどう考えてもマシだ」と考え直すのではないか。

 誰か本気で政権を倒そうという人が「かえって迷惑だからやめてくれ!」と止めないのだろうか。

[PR]

by livehouse-uhu | 2018-06-24 19:51 | Comments(0)  

時間に追われる日々

 オサレな女子は「腕時計を持たずスマホで時間を見る男性が嫌い」だそうだが(貧乏くさいんだって。高額な腕時計をしている男性が好きってことね。何で読んだんだよ)、オラは基本的に「ひとつあれば足りるモノをふたつ持つ(機能が被る)のが嫌」なのでもう何年も腕時計をしていない。だって携帯にもタブレットにもついてんじゃん。

 もちろん趣味の良い腕時計を身につけた「男から見ても格好いい人」というのも存在するが、小太りの芸能プロデューサーさんなどが何百万円の腕時計を自慢している図などはなんとなく哀れだ。

 とかなんとかいってタブレットに将棋盤も駒も入っているのに本物の駒と布の将棋盤をズック袋に入れて持ち歩いているのは何故だ!?

 いや、それは機能が違うからです。お〜、完璧な理論武装。

 ちょっと待て。お前(オラね)さっき携帯とタブレットって・・・。



 時間の叫びが響き渡るとパパラギは嘆く

 嗚呼なんということだ また一時間が過ぎてしまった!

 ちょうどその時 次の一時間が始まっているというのに

             「パパラギ」〜初めて文明をみた南海の酋長ツイアビの演説集

[PR]

by livehouse-uhu | 2018-06-24 09:10 | Comments(0)  

灰皿の片づけが楽なのはいいんだが

 どうも電子タバコというモノに納得がいかない(いずれにせよタバコは吸わない)オラがふと思ったのだが・・・。

 もしかすると「電子タバコに変えた」のではなく「初めから(生まれて初めて吸ったタバコが)電子タバコ」という人もそろそろ現れるのだろうか?いや、すでにいるの!?

 タバコを吸うきっかけということを考えると、どうも論理矛盾のような気がするのは何故だ。

[PR]

by livehouse-uhu | 2018-06-22 12:48 | Comments(5)  

 嗚呼、いいタイトルだなぁ。自画自賛。これからこれで行こうかなぁ。とにかく一文字。

 世界には何億冊の本があるんだろう。人類がこれまでに手にした本は何兆冊なんだろうか。

 オラはその中の何万冊を読んできて、そしてこれからどれくらい読めるのか。

 とりあえずオラが読んだ本の中で、もっとも正反対のことを書いていたのは吉田兼好の「徒然草」とエーリッヒ・ショイルマンの「パバラギ」だな。

 そのどちらも面白いという面白さ。本はいいなぁ。

[PR]

by livehouse-uhu | 2018-06-22 09:46 | Comments(0)  

胸に抱いて活躍する選手達の雄々しさ

 と、日の丸の美しさに感動していると・・・なんだこりゃ?

 ラッドなんとかいうエセロックバンド(ロックなめんなよ!)が出した「HINOMARU」という楽曲(?)が話題になっている。

 そもそも流行歌(死語?死語か!?)にそんなタイトルつけるなよ。曲は聴いていない(聴く気もない)からわからん。歌詞は愚にもつかない思い付きと浅い知識を並べただけの出鱈目。そして何度も書くが(他の楽曲を聴く限り)こんなのロックバンドじゃない。

 どうなんだコレ。あまりの程度の低さに左翼筋がネトウヨのバカさ加減をあざ笑うためのヤラセ説まで出る始末。

 思うに問題はさぁ、ネットだと「相手方を装って」擁護するフリをしながら「陥れる」ことが出来る点だよね。背後からの銃弾の戦略的利用か。

 それにしても程度の低い騒ぎだ。金のために音楽を食いものにする連中。

[PR]

by livehouse-uhu | 2018-06-22 09:30 | Comments(0)  

2015年9月15日

 サッカー日本代表、本当によくやった。ただ、相手チームに意図的なファールによる退場者が出たこともあり、試合としては決してほめられた内容ではなかったと思う。

 真価が問われるのは次の試合だろう。もちろん頑張って欲しいし応援しているが、底なしのひねくれ者はこんな時にこんな動画を貼ってみた。オラは、あの日スタンドで、パブリックビューの開場で、世界中の人達の心を打った日の丸の小旗を決して忘れない。

 「ラグビーワールドカップ日本vs南アフリカ戦日本勝利の瞬間」

[PR]

by livehouse-uhu | 2018-06-21 15:51 | Comments(0)  

どんな戦場でも背後からの銃弾ほど恐ろしいモノはない

 ここでプロレスのタッグマッチを例に出すのはなおさら話をわかりにくくするな。

 獅子身中の虫とか身内の裏切りなんていうのとも違う気がする。つまりその「ご本人はためにと思ってやっているのにアホすぎて仲間の足を思い切り引っ張る」行為ってあるでしょう?

 これ、極端に右寄りの方々の中にも極端に左寄りの方々の中にもちょくちょくいるよね。
 
 偉い人のセクハラ問題、要は「モテないヤツが金持って勘違いして大恥かいた」って話だ。被害に遭った方はお気の毒で、さすがに自民党の気持ち悪いおっさんも「今時こんなことしちゃダメに決まってるぜ」とは思っているはず。

 で、財務大臣麻生太郎クンが援護しようとして前線にいる仲間の背中に弾撃っちゃう。「セクハラ罪っていう罪はない・・・」確かにそれはそうだけれども!そもそも「こんな失礼なことをして罪にならないのはおかしい」ってみんないってるんだろうが!!

 そういう旧態然としたしょうもない連中を糾弾するはずの野党では福島瑞穂ちゃんが黒い服着て「♯Me Too」なんてやってる(それもどうかとは思うけどここはグッとこらえて)ところに、なんと野郎議員の柚木道義クンが混ざって口をへの字に行進してしまう。♯Me Too~?あんたもセクハラ被害者なんかい!?

 アレ、絶対他の女性議員さんは心の中で(味方面してるケドなんなのこのヒト・・・)って呟いてたよなぁ。

「頼むからオマエは黙っててくれ!」議論の最中「自分に味方してくれている人」に対して思ったこと、ありません?

[PR]

by livehouse-uhu | 2018-06-21 10:14 | Comments(0)