<   2018年 05月 ( 27 )   > この月の画像一覧

 

よく考えなくてもII

「総額◯◯◯億円のストラディバリウス」がどうしたこうしたというコンサートのCMをやっていたが、よく考えてみるとバカバカしくね?

 愛と平和を歌うシンガーソングライターが「僕のギターは100万円なんです。だからいい音がするでしょう?」と言ったらみんなそいつの歌を真面目に聴くか?

 ところで温泉に行く暇や金がなかったらとりあえずお風呂でもアイディアは出るよね。故まつうらとーるさんの昔のブログを真似してみた。あのヒト「天神の湯」が好きだったなぁ。

[PR]

by livehouse-uhu | 2018-05-31 03:48 | Comments(0)  

よく考えなくても

 「人は城、人は石垣」って、人材の大切さを説くみたいな時に使われるけどよく考えるとひどくね?

 ところで、ファミマでフランクフルトとハッシュドポテトを買うと、フランクについて来るケチャップとカラシをポテトにもつけられるのでいいな。

 あ~、ほんとどうでもいいわ。故まつうらとーるさんの昔のブログを真似してみました。あのヒト、だいたひかるが好きだったな。

[PR]

by livehouse-uhu | 2018-05-30 16:35 | Comments(0)  

好みの問題

 たとえば「白菜漬けの青い葉っぱの部分と白い芯の部分のどちらが美味しいか」とか「ラーメンの麺は硬い方がいいか柔らかい方がいいか」とか「イカ刺しには生姜か山葵か」とか「グリコ17アイスはワッフルコーンかスティックタイプか」などのように、ほとんどの人の意見が一致し、誰もが納得、議論の余地なく、正解はこちらだと完全に結論が出ているものはいい。

 問題は「とうもろこしは水から茹でてふっくらジューシーなのがいいか沸騰したお湯で茹でてシャキッと歯ごたえがあるのがいいか」である。

 これはほぼ50:50だろ。

[PR]

by livehouse-uhu | 2018-05-28 15:59 | Comments(4)  

期間の定め有り

 うむ、吉野家の金の限定グッズキャンペーンが始まったか。パンも好きだが所詮たまにしか食わないオラにとってヤマザキ春のパン祭りで景品をゲットするのはハードルが高いが、吉野家なら普段通りの生活をするだけで条件クリアだろ。

 湯のみは先日超ラッキーな出来事が(しかも詳しくは書けないが二重三重に)あって、仲良しの駒形通りこいな鮨の湯のみがかすんでしまう(親方、ゴメン!)ほど素晴らしいのが手に入ったので、やはりここは吉野家オリジナル丼に照準を合わせたい。

 もらったスタンプカードを見るとたった7個。なんだ、瞬殺だな・・・え、オリジナル丼はスタンプ21個?スタンプカード3枚分!?

 いくらオラでも21連続牛丼はキツいぞ。あ、連続じゃなくていいのか。

 スタンプ14個は茶碗かぁ。そもそも丼はもう持っているしな。UHUのカウンターの後ろ(神棚みたいなとこ)にあるでしょ。

 こうして人は、易きに流れてゆく。

[PR]

by livehouse-uhu | 2018-05-24 10:32 | Comments(0)  

ただひたすら前へ、そしてフェアにⅢ

 書きたくない話題だが止むに止まれず出来るだけ短く書く。

 今回の日大アメリカンフットボール部の事件、オラのフィールドに属するものという認識でこうして何度か書いている訳だが、新聞でも一面だしテレビの報道もトップ扱いで、普段アメフト(大学スポーツ)に関心がない人も相当興味を持ったらしい。専門家と称する方々もさまざまな意見を表していて、その多くは似通ったものだ。

 別に斜に構えて変わった意見を気取るつもりはないのだが・・・どうしても腑に落ちないことがある。

 謝罪会見で日大の監督が関西学院大を「かんさいがくいんだい」と何度か間違えた。謝罪するのに名前を間違えるとは相手に対して失礼だとさらなる批判を浴びたが、これも失礼とか不注意以前にあり得ない事なんだよ。

 緊張していたとか、関西大学と混同しやすいとか、そういう問題じゃない。関西学院大学と日本大学といえば、大学日本一を決める甲子園ボウルの出場回数1位(関学)と2位(日大)で、まさに日本の頂点を競い合う両雄である。読み方を知らないはずがないのだ。間違えるはずがない。「へ~、強豪校なんだ~」という程度の一般人ではない。ライバルとしてずっと研究し、実際に戦ってきた相手だ。いったいどういうことなんだろう。

 同じような違和感(?)がもうひとつある。監督、コーチが反則するように指示したという証言の中の「1プレー目でQBをつぶせ」「相手のQBがケガして秋の試合に出られなければこっちの得だろうが」という部分だ。

 何故、名前でなかったのか?アメフトやラグビーに限らず、地方の高校の試合でさえいい選手は名前が知られている。たとえば「釜南の菅原をマークしろよ」「盛工の村上を止めるぞ」という風に。

 あの反則タックルで怪我をした奥野耕世選手は、小1でアメフトを始め、中学(クラブチーム)で日本一、高校で全国準優勝、関学入学後2年生で宿敵日大戦のQBに抜擢された選手だ。

 「奥野をつぶせ」ではなく「QBをつぶせ」という発言がもし本当だとしたら。それは「相手が誰だろうが怪我をさせろ」ということ。もちろんどちらも最悪には違いないが、底知れない気味の悪さを感じる。

 いったい何が起こったのだろうか。

[PR]

by livehouse-uhu | 2018-05-23 14:42 | Comments(0)  

河原乞食の矜持

 もう時効(5日前)だから書くけど先週ついに(?)倒れてしまい、某ミュージシャンの父にして日本一(たぶん)ボウリングの上手いお医者さまのところで3時間ほどベッドに横たわって点滴を受けていた。身体も心も完全に労働を拒否していたが、誰も代わってくれる人がいる訳ではなく、やるしかなかったのだ。

 その夜のイベントはなんとか終わり、帰り道に駒形神社の境内に座り込んで考えた。何を?いやまぁいろいろ。

 こりゃそろそろ潮時かな、なんてことも思ったが、野生の動物のごとく復活して明日からまた仕事だ。

 生活を改善しようなどという気はさらさらない。ハードロッカー、なめんなよ。頭の中は無茶が好きな登山家と一緒なんだよ!

 あれ、ところでオラってハードロッカーだっけか?

[PR]

by livehouse-uhu | 2018-05-22 22:53 | Comments(0)  

ただひたすら前へ、そしてフェアにⅡ

 書きたくない話題だが止むに止まれず出来るだけ短く書く。

 次々に出て来る信じられないような情報は本当なのか。そんなことが現実にあるのだろうか。

 悪質な反則をした日大の宮川選手は、監督から「相手のQBをつぶすなら試合に出してやる」と指示されたという。まさか。まさかそんな。「秋の関西学院大の試合でQBがケガをしていれば得だろう」とも。いや、マンガや映画ではない。だが宮川選手はそう証言している。

 もし本当なら。信じたくないが本当だとしたら。宮川選手自身がどれほど辛かったのか。

 もうひとつの証言。これは取材カメラマンのものだ。そのカメラマンは試合(ボール)をカメラで追っていたため宮川選手の反則(ボールと関係のないところで起きた)は見ていない。ただ、何か異様なものを感じて退場処分を受けフィールドを去りベンチ奥の負傷者用テントに入った宮川選手に近づいたという。

 「彼(反則をした宮下選手)は泣いていた。声を上げて泣いていた。同じポジションの選手が肩に手を置いて、言葉をかけていた」

 オラはそこまで読んで涙が止まらなくなってしまった。何故、何故そんなことが起きた。

 もし本当なら。信じたくないが「反則をしろと命令された」「反則をしないなら試合に出さない」と言われたというのが本当だとしたら。それはいったい・・・。

 オラは、オラ達は、釜石というラグビーの町で生まれ育ち、監督にも先輩にも「反則をするな」と言われ続けてきた。反則は結果的に自分の首を絞めるとか、反則をして勝っても気持ちよくないとか、理由を添えられたことはない。無条件に、考えることも迷うこともなく「フェアにやろう」と徹底的に教えられてきた。当たり前のことだと思っていた。

 それは普通でなければおかしい。オラ達は仕合せだったというのか。

 なにがなんだかわからない。検証を待つばかり。
[PR]

by livehouse-uhu | 2018-05-22 17:15 | Comments(0)  

美しさと危うさと

 かくれみのにクロカワ、タツキの同世代トリオと一緒に飲むのは意外にも少ない。それぞれとはあるのに何故か全部は揃わないんだ。南アルプスでも誰かが欠けてたり。

 一昨日はそこにユウタと奥さんのケイコさんもいてなかなか珍しい感じの宴だった。二人はアパートには寄らず帰っちゃったけど。

 みんな才能きらめく若者だが、それ以上にどうしてこんなに気立てが良くてしっかりしているのか。普段はネタでああだこうだこきおろしているオラが、彼らの年頃にどんな態度だったかを思い出すと赤面するほど。

 彼らはよく失敗する。中には人並み以上に失敗が多いヤツもいる。けれども彼らが悪意を持って誰かを陥れようとしたのを、オラは一度も見たことがない。まさに一度も。奇跡のようなことだ。

 オラが知らない(気づかない)だけだって?なおさらすごいよ。悪意って相手に気づかせようとして発するものでしょう?

 きっと日本のあちこちにこういう連中がいるんだろう。オラ達は「今の若いものは・・・」という言葉を逆の意味で使う人類最初の世代になるかもしれないな。

 光栄だよ。

[PR]

by livehouse-uhu | 2018-05-21 09:48 | Comments(0)  

だからまる見えだっつってんだろ

 結局かくれみの(UHUに出没する歌うたい)は、自分のイベント「かくれみのの季節強引に春」が終わってもいつまでも帰らず、なんだかんだグズりながら気がつけば駒形通りの居酒屋O鉢K鉢で勝手にオラの焼酎を飲んでいるのだった。

 もしかして東京に帰りたくないのだろうか。

 しかし今夜は正直かくれみのがいなければ回らなかったな。う〜む、ロクにドリンクも作れないかくれみのにバイトで助けられるとは。テツの抜けた穴、恐るべし。結果的に昨夜安倍川の景色を見せてやったのは無駄じゃなかった訳だ。

 かくれみのの歌は、安倍川の土手で自らのレゾンデートルをかけて音楽を奏でる虫達に対抗出来る数少ない人類の宝物。神さま、何故こんなヤツに。

 ありがとうな、バ・・・じゃない、かくれみの。たとえば東京の朝の静かなバスターミナルでお前が何を考えているのかオラは知らない。でも、お前の歌の寂しさも切なさもオラは愛し・・・じゃない、尊・・・でもないな、そうだ、信じてる!たぶんこれだ。

 鬼、いいものをくれたな。天狗も「これいいよ」って言ったんだろ?歌え、りお。あ、しまった本名書いちった、歌え、かくれみの。ズバリはっきりきっぱり言う。お前の取り柄、歌だけだから。あ、最近ハイボールも作れるか。

 オラも歌うぞ。聴いて嫉妬すんなよ。しないか。

[PR]

by livehouse-uhu | 2018-05-21 00:41 | Comments(0)  

団地ともおの父が好き

 昨夜は、心が、というよりもっとこう、実際に身体の筋肉組織が収縮するような(医学用語ではそれを震えるっていうんじゃないか?)素晴らしいライブだった。決して有名なミュージシャンや並はずれてすごい技術を持ったミュージシャン達ではなかった(失礼)のだが。

 その中のある女性シンガーの歌を聴いていて思ったこと。まあ思ったも何も彼女はそういうことを歌っていたのだけれど、その人は結局優しくて決して誰かの悪口にはなっていなかったので、オラが思い切り書いてやる。え、要らん?余計なことすんな!?まあまあ。

 イベントや遊園地などにいる着ぐるみのキャラクターや動物に、もし自分の子供がキックしたり殴ったりしたら即座に「やめなさい!」と言えない親など親の資格はない。

 普通に考えれば(考えなくても)アルバイトか社員か知らないが誰かが中に入っている。

 「仕事だからいいだろ?」蹴られたり殴られたりする仕事ではない。みんなを喜ばせようとしてやっている。「子供は本物だと思っているから夢を壊す?」本物だと思っているならなおさら何故(動物だろうがゆるキャラだろうがアニメの登場人物だろうが)「〇〇だって叩かれたら痛いよ」と教えられない。

 もっぺん(興奮して日本語がおかしくなっている)言ってやるよ。自分の子供が着ぐるみに暴力を振るっているところを叱りもせずスマホで撮影して笑っている親など人間の資格はない。あれ、さっきは親の資格じゃなかったっけ。

 着ぐるみを殴る大人もいるだと~!?着ぐるみ、殴り返せ・・・。

[PR]

by livehouse-uhu | 2018-05-20 12:24 | Comments(0)