人気ブログランキング |

<   2014年 11月 ( 27 )   > この月の画像一覧

 

それゆけ釜石!

 やった!やった・・・!?本当かこれ?信じていいのか!?

 ラグビートップイーストDiv.1第8節、釜石シーウェイブスが横川武蔵野アトラスターズを倒した!?シーウェイブスのHPには「14:42ノーサイド」って書いてあるけど、シーウェイブスのHP以外、関東ラグビー協会のHPにもまだupされていないぞ。

 29対24。前半10対17からの逆転勝ちらしい。毎年毎年ここ一番で悔しい思いをしてきた釜石シーウェイブス。今年も第5節地元北上総合運動公園の栗田工業ウォーターガッシュ戦で不覚(26対27、1点差!)を取り、もうダメかもと弱気になった。

 ちょ、これ間違いないんだろうな。正確な情報がないってのは焦るもんだなぁ。

 早く本気で喜びたい。

 やってくれたな、長田コーチ!!

by livehouse-uhu | 2014-11-30 15:23 | Comments(0)  

才能の無駄遣い

 昨夜は、スタッフ一人、出演者二人、お客さん一人の「BOSSの開けっ放し部屋」であった。

 そしてオラは思ったのだよ。いやぁ、JIMMYちゃんとオラのMCは面白いわ。

 しかし聴いてくれているたった一人のお客さんが素晴らしいからそれでいいのだ。

 言わせてもらうぜ。

 「武士は己を知る者のために死す」

by livehouse-uhu | 2014-11-28 21:59 | Comments(0)  

高貴なお仕事

 パリだか何処だか(忘れた。書いた人も忘れた)のホテルでは、朝早くにゴミ収集人がゴミを回収した後で道路に投げ捨てるバケツの音で目が覚める、という随筆を読んだことがある。

 日本では(一般的なサラリーマンよりやや遅く起きる仕事の人や平日休みの人は)時にあの優しいゴミ収集車の音楽で目覚めたりする訳だが、アレってたぶん地方(自治体)によって違うんだよね?すごいセンスが問われる選択だなぁ。

 それにしてもゴミ収集の人達ってみんなテキパキしていて格好いい。

 ダニエルはカリフォルニアに住む5歳の少年。彼は自閉症で、はじめはゴミ収集車を怖がっていたけれど、ある時大好きになり、それ以来月曜日には欠かさず外へ出て家のゴミ出しを手伝いながらゴミ収集の様子をじっと見ていた。

 ある日、地区の収集を担当しているサンチェスさんが突然運転席から降りてきてダニエルに何かを差し出した。怖がって後ずさりするダニエル。恐る恐る受け取った袋に入っていたのは、おもちゃのゴミ収集トラックだったんだよ。

 そっと息子を撮影していた母親は、感動してその動画を自閉症児の支援団体に贈った。(もちろん許可を得て)ネットにupされた動画は世界中に広まることになった。

 思わぬ注目を浴びてすっかり照れてしまったサンチェスさんはこう言ったそうだ。

 「こんなことになるならプレゼントする前にちゃんと包装してあげればよかったなぁ」

 なんでゴミ収集の人達ってこう格好いいんだろう。

by livehouse-uhu | 2014-11-27 10:41 | Comments(0)  

類は友を呼ぶ

 小学4年生を装って自分の政治的な意見をネットに発表していた卑怯な人間が、あっという間にウソを暴かれて、謝ったりなんだかよくわからない団体の代表を辞任したりしている。

 まあ以前にも書いたように「あまりに程度の低いもの」については関わりたくないし、こうして書きたくもない。

 と思っていたら、今度はこれまたよくわからない宗教とも科学ともつかないインチキで金を稼ぎ、挙句の果てに脱税を摘発された人間が、その卑劣な人間を擁護し始めた。なんと「若者はもともとそういうもの」で「日本にはそういう若者が必要」だそうだ。

 う~む。

 思想信条は自由である。誰が正しいのかなんてずっと後の歴史が証明するか、あるいは永遠に証明などされないであろう。しかし「自分の考えを正当化するためならどんな手段を使ってもいい」と考える人はそう多くないのではないか?世の中は広いわ。

 というか、卑怯な人間って卑怯な人間を認めたり卑怯な人間とつるんだりするよね。それは「あるある」以前のみんなが知っていることなんだが、それでテレビに出て金を稼いだりしているとご本人は勘違いするんだろうなぁ。

 ネットのような匿名の闇の中で、子供のフリをして自分が気に食わない何かを批判するなんて、卑劣さのレベルとしては「オレオレ詐欺」とか「薬害エイズ」とほとんど同じだと思うがどうか。

by livehouse-uhu | 2014-11-25 21:48 | Comments(2)  

すべては節度と常識の問題

 オラの大好きな女の子は写真が上手で、お寿司屋さんでお寿司の写真を撮ることがある。

 出て来たお寿司を見て満面の笑み、職人さんに「写真を撮ってもかまいませんか?」と一声掛け、一瞬で撮り終わって即座に食べる。ちょっとのんびりした人と比べたら、写真など撮らず出て来た瞬間に口に入れるより早いほどだ。

 そのことで、今までどんな店でも職人さんに嫌な顔をされたことは無い。少なくともオラはそう信じている。その証拠に次に行った時に職人さんは必ず彼女を満面の笑みと大サービスで迎えてくれるしね。

 料理が出て来る度になかなか手を付けずに何枚も何枚も写真を撮り、周りの客や板前さんを辟易とさせる客のことが話題になっていた。自分の作った料理を褒めたり紹介してもらって嬉しくない調理人などいるはずがない。

 結局、そこに感謝があり、喜びがあって、その場所を楽しんでいるかどうかなんだよな。

 あ~、寿司食いてぇ。

by livehouse-uhu | 2014-11-24 15:33 | Comments(0)  

虻蜂取らず(明らかに間違って使っているな)

 ここしばらく、駒形通りの鶏屋ではなく、だいぶ北にある大型スーパーのジャンボチキンカツを食っている。

 まあ本当なら(?)トンカツ専門店Kがね屋のチキンカツ(何度書いても論理矛盾を感じる)を毎日食いたいところだが、ここまで金がないとそうもいかん。

 とはいえそのジャンボチキンカツも、1枚90円の駒形と比べればずいぶん贅沢な値段なのだが、なんといってもデカい。名前に恥じないボリューム。さすがのオラも自転車を押しながらかぶりつき食いは出来ない程。

 さてそのジャンボチキンカツ、やむなく(?)店に戻ってから切って、ハインツのトマトケチャップをぶっかけて食う。

 で、ついさっき。

 最初のひときれを手で食ったんだよ。なんか箸を使うのも食った後で洗うのもめんどくさくて。いろいろやることもあるし。ちゃっちゃと食ってしまえと。そしたら電話がかかって来たんだ。ティッシュで手を拭いて電話をとったが、やはりぬぐいきれず、案の定電話が油っぽくなってしまった。

 電話を切り「むぅ~」と唸りながら、改めて残りを食った。箸で。何でそこで箸!いまさら!?

 結局だな、受話器は汚れ、犠牲(?)を払った上に箸も使い、ついでに衣の粉も少しこぼして調理台も清掃する羽目になった。

 はじめから箸で食っていれば。しかし、国際政治の舞台ではこういうことはままある・・・あ〝~もういいからそういうのは!!

by livehouse-uhu | 2014-11-21 13:04 | Comments(2)  

路地裏のギター弾き

 朝露に濡れて手紙が届く 名前も知らない心優しい人

 あなたの唄はあなた一人のものじゃない 唄はやめないで

 生き方を決めるのに きっかけが必要なら

 ひとつの言葉で 思い切るのもいいさ

                     「霧の晴れ間に」~あんべ光俊

 

 オラの高校の先輩である。NSPとはまた少し違った意味で憧れの人だった。あの大地震津波の後、釜石を応援する東京のOB会でお会いした。ちょっと太めになっていらっしゃった。そんなことはどうでもいいか。

 この素晴らしい歌(唄)は、たぶんあんべさんがデビューして間もない頃の作品だったとおもう。チューリップの「アンクルスパゲティ~三文歌手」と同じ匂いがして、大好きだった。何度もこの歌に励まされた。

 ちっ、今日は結局もうひとつ歌詞を紹介して終わりかぁ。手を抜いている訳ではない。もっとみんなに知ってもらいたい歌(唄)がたくさんあるんだよ。

 

 歌うことやめたことがあるかい 思いもよらなかったことだけど

 この頃ふと思うことがある きっと破れた風船みたく道ばたに捨てられるだろう

 歌うことをやめたことがあるかい くる日もくる日もただ働いて

 愉快なくせにしかめ面 きっとちぎれた凧のように遠い世界へ消えてゆくだろう

 うまく歌えはしないけど スポットライトはないけれど

 歌ってあげようきみだけに なるべく音をはずさないように

                     「アンクルスパゲティ~三文歌手」~チューリップ

by livehouse-uhu | 2014-11-20 10:06 | Comments(0)  

基準

 ボウリングで「今日は何とか上手く投げたな」と思うのは4ゲーム1000点(平均250点)以上からだ。

 それでもまだ「あそこは失敗した」というのが10回近くある。

 割烹P吉のみんなと初めて大会を開いた頃、ホントに楽しくて仕方がなかった。最後のゲームで170点を出して優勝した日の喜びは二度と帰って来ない。300点(パーフェクト)を出しても納得できない時は出来ないのだから。

 オラは所詮プロではないし、苦しいって言ったってたかが知れている。「本当のプロ」、「本物の職人」と呼ばれる人達の、日々の辛さたるやいかばかりか。

 競輪選手、プロ棋士、寿司職人、そういう人達の凄さが想像できない人間はつまらない人間だと思う。
 

by livehouse-uhu | 2014-11-19 22:06 | Comments(0)  

溢れだす

 言っておくが、最近あまり更新出来ないのは才能が枯れ果てたからではない。

 そもそもこんな愚にもつかないことを書くのに才能がいるものか。

 もちろん忙しいことは忙しいのだが、それ以上に思うこと考えることが多すぎて筆が(キーボードだけど)ついていかないのだ。

 あ~、才能ねぇヤツがよくそういう言い訳をするね。

by livehouse-uhu | 2014-11-19 10:17 | Comments(0)  

脱力

 自分の関節の可動域以上にバックスイングを上げない。

 ボウリングにおいて最も大事なことである。

 つまり、力で無理にボールを引き上げるな、ってことね。それはパワーを伝えないどころかほとんどの場合逆にスポイルする。

 ボーカルも同じで・・・あ〝~もうそういうのはいいから!!

by livehouse-uhu | 2014-11-17 21:03 | Comments(0)