人気ブログランキング |

<   2014年 02月 ( 29 )   > この月の画像一覧

 

ランタン

 昨日がストーブだから今日はランタンって安易だな。

 ところでアウトドアでストーブっつったら暖まるヤツじゃなくて調理用コンロのことだからな!知っている人は知っていると思うけど念のため書いてみた。2~3人(特に若い女の子)は「え、そうなの!?」となったことだろう。

 で、ランタンだけどオラはどうもあのコールマンのデザインが好きじゃない。格好良すぎるんだよな。あるでしょ、なんか不細工なほどそれっぽいってことが。アウトドアにまでブランドを持ち込まれると「ケッ!」ってな感じ。

 でも洋服やバッグと同じで「良いモノだからブランドたりえた」のも真実なんだろうなぁ。キャンプ程度ならともかく、山では装備品の不具合は命にかかわるし。

 昔、夜明け前の吉田港の岸壁でランタンをつけてアジ釣りをしていたら、怖いくらい大群の太刀魚が現れて鋭い歯で何度もラインを切られながら何匹か釣り上げたことがあった。今思い出しても夢みたいな光景だった。あの頃はよく釣りをしてたっけ。

 海面に集まるプランクトン、それを狙う小魚、さらにまたそれを追うフィッシュイーター。みんな光に引き寄せられてくる。

 オラの光は・・・う~ん、まぁそういうのはいいか。今夜もまた、丸山研二郎は素晴らしかった。

by livehouse-uhu | 2014-02-28 23:16 | Comments(0)  

ストーブ

 テントと、寝袋と、バイクと、イワタニプリムス250T。だいたいこれでもう他は要らない気がするんだが、バイクにもイワタニプリムス250Tにも燃料が要るんだよなぁ。

 これが今人類を悩ませている根本的問題です。

 しかしイワタニプリムス250Tってすごいな。唯一商品名。いや、オラが勝手にそう思っているだけなんだけど。タミヤのプラモと同じくらい他の追随を許さない。

by livehouse-uhu | 2014-02-27 20:54 | Comments(0)  

結果オーライ

 自治体の委託を受けた業者からアンケートが届いた。住民基本台帳から無作為に抽出して送ったそうである。こんなヤツ(オラ)に送ってしまったのも不運だが。

 匿名で地域の計画策定に係る意識アンケートなるもの。こういうのって多くの場合いかにも意味のない設問が並んでいるのだが、今回はその中でも白眉(?)だった。信じられないかもしれませんがツクリ一切なし、このまんまです。あ、句読点も原文の「ママ」ね。

 「豊かな水や農産物は、中山間部地域の農地や森林によって育まれたものです。過疎化と高齢化により集落が衰退した場合、豊かな水や農産物を失うだけでなく、災害による土砂崩れや洪水を引き起こす原因となります。中山間部地域の農地や森林の保全について、あなたは、関心がありますか。(○はひとつだけ)」

 回答は「1、大変関心がある」「2、関心がない」「3、あまり関心がない」「4、関心がない」「5、わからない」の五択なのだが、設問はずっと横書きなのに、何故か解答例は次のように1~5まで縦並びの二行で配置されている。

 1、大変関心がある  3、あまり関心がない  5、わからない

 2、関心がない    4、関心がない     

 パッと見た瞬間「1、大変関心がある」の次候補(右)が「3、あまり関心がない」そして「5、わからない」の三択に見えるのだ。

 残念ながら、これはもうアンケートではないと思う。試しに文中の「原因となります」と「中山間部地域」の間に「さて」と入れてみるとわかりやすいでしょ。

 え、アンケートをどうしたって?そりゃもうきっちり書いて返送しましたがな。さっきの設問についてはもちろん「1、大変関心がある」にチェックして。中山間部地域の農地や森林、大事に決まってるだろ。

 あ~、里山で過ごしたいな~。

 今回のタイトル、秀逸だと思うんだが誰か褒めてくれよ。ずうずうしいな。

by livehouse-uhu | 2014-02-26 10:52 | Comments(0)  

ある種の広告屋さんの思考回路

 いや、しかし勇気があるっつうか、畏れを知らないっつうか、もしかしたらただのバ・・・なのか?

 「伊勢神宮、人気維持できるか?」というタイトルだけでもう相当な違和感を覚えるが、その内容ときたらまさに頭がおかしいとしか思えん。

 昨年、式年遷宮が行われて参拝者が多かった伊勢神宮がこのまま人気(?)を保てるかという記事である。そもそも神社をなんだと思ってるのかしら。

 ちょっと抜き出してみよう。

 「2013年の参拝者数は1420万人という過去最高を記録(中略)プロ野球のセリーグの観客動員数1220万人を軽く上回りますから、その人気ぶりがうかがえます」

 マジで大丈夫ですか?何と比べてるの?

 「過去最高だった2013年、この勢いを維持できるか」

 い、い、勢い!?い、い、維持!?相手は神様だよヲイ。

 「パリーグ超え、もしくは再びセリーグ超えなるか?」

 だから野球と比べるなって!

 「国民的人気コンテンツだけに、今年の人気の動向が気になるところです」

 ホントにバチあたるぞ・・・。言うに事欠いて「コンテンツ」って・・・。

 伊勢神宮。太陽神であり、皇室の氏神である天照坐皇大御神を祀る、社格の対象ですらない特別な神社である。なんぼ日本を貶めたかろうが、歴史を知らなかろうが、さすがに少しは敬意がないかい?

 でもまぁ、仕方がないんだろうな。「金になるかどうか」がこんな記事を書く人間の根本なら、一貫してると言えば言える。

 なんともかわいそう。

by livehouse-uhu | 2014-02-25 18:32 | Comments(0)  

空から来たひと

 みなさん、日々ウソをついていますか。

 なんだか「SEXしてますか」みたいなあけすけな質問で申し訳ないが。

 ウソつくよね。日々つくでしょ。1日あたりどれくらい?100回?200回?例として多すぎる?そうかな。

 道で知り合いに会い、「先日はどうも~」と言われて「先日っていつのなんだったか全然分からず」に「いえいえこちらこそ~」ってウソですよね。

 スーパーのレジでポイントカードを出し忘れ、お金も出して後ろに人が並んでいるのにレジのオバサンに「ポイントカードはお持ちじゃないですか?」と訊かれて「いえ、いいです・・・」ってウソですよね。

 フェイスブックでイベントのお誘いをもらい、予定があって絶対に行けない日なのにいったん「未定」ってウソですよね。

 どうしようもない部下が「これ、明日までには出来ないかもしれません」と相談に来て「何日前から頼んでるんだよ」と思っているのに「なんとか頼むよ。君なら出来るから」ってウソですよね。

 疲れ果てて「もういい加減どうでもいいや」って気分なのに「さぁ、頑張ろう!」ってウソですよね。

 オラはもちろんウソを糾弾しているんじゃありません。そもそも自分のことだし。ただ、「日々平気でウソをつきながらウソを自覚せずウソは大嫌いだと公言する人」はウソつきだなぁ、って思います。少しだけ自分のウソに敏感になれば、やっぱり少しだけど心の奥の真実に近づける気がするのです。

 だからどんな問題でも「私は一切ウソをついていない。私の意見に反対する人の言葉は全部ウソだ」という人や組織はウソつきだと思います。

 
 
 雪がはげしく ふりつづける 雪の白さを こらえながら

 欺きやすい 雪の白さ 誰もが信じる 雪の白さ

 信じられている雪は せつない

 どこに純白な心などあろう どこに汚れぬ雪などあろう

 雪がはげしく ふりつづける 雪はおのれをどうしたら

 欺かないで 生きられるだろう

 それがもはやみずからの 手に負えなくなってしまったかのように

 雪ははげしく ふりつづける

              「雪の日に~心の四季」 吉野弘

 
 山形出身の詩人、吉野弘氏は先月15日に亡くなられた。お隣の富士市にお住まいだったらしい。オラは浜田省吾氏も好きだったというこの「雪の日に」が大好きだったが、訃報を見た時に「詩人」というキーワードと名字の「吉」の字から「海辺の少年期」を書いた吉田瑞穂氏と勘違いしてしまい、調べてようやく気が付いた。吉田瑞穂氏の方は明治生まれでもうだいぶ前に亡くなられていた。それでも100歳近い長命だったようだ。そんなこともあり、なんとなく自分の中で「おふたりに対する追悼」が重なってあやふやな気持ちになってしまい何も書かなかった。これはウソだな。書けなかった。

 人は、ウソをつく。どうしてもウソをつきたくない時は何も言わないのもひとつの方法だ。

 タイトルは吉田瑞穂氏の詩のひとつです。

by livehouse-uhu | 2014-02-25 14:38 | Comments(0)  

慧眼

 以前「THE MANZAI 2013」について書いた時「ウーマンラッシュアワー」を批判しようかとよほど考えた。しかし一生懸命演じたことに敬意を表し、あえて(優勝したウーマンラッシュアワー以外の)「チーモンチョーチュウも流れ星も銀シャリもNON STYLEも素晴らしかったが一番胸を打たれたのは東京ダイナマイトだ」と書くことで小さな意思表示をしたのだ。

 たけちゃんがウーマンラッシュアワーを「大して面白く無い」と揶揄しているのを読んで「ああやっぱり」と思うオラも大概権威主義だが、確かにアレ、ネタとしてはほとんど笑えない。早口の他に何の才能も感じないのだ。

 そういえば「東京ダイナマイト」はたけちゃんの弟子、きのう書いた太平シローちゃんは後年の苦しい頃にたけちゃんがずいぶんと肩入れしていた。あ、たけちゃんはたけちゃんでいいの。世界の人がたけちゃんと呼ぶべき。なんでかはやっぱりわからんけど。

 才能とは、求める人に与えられるものでもなく、また正当に評価されるものでもない。けれども厳然として存在する。では誰がそれを一番敏感に感じるか。才能がないのに祭り上げられた人だ。苦しいだろうな。オラは何の才能もないが、幸い祭り上げられたこともないので助かった。

 マーラーの「やがて私の時代が来る」という有名な言葉について「何人もの音楽家がそんなセリフを吐いただろう。その中でたまたまマーラーが当たっただけ」と書いている人がいた。

 その人にとっては「マーラーに本当に才能があったかどうか、マーラーの曲が本当に素晴らしいかどうか」などまったく関係ないのである。そういう人が「他人が作曲していたなんて騙された!いい曲だと思ったのに!金返せ!」となるんだろうなぁ。

 あ、書きたくないとかいってこの件もう何回目だ?もうやけくそ(?)というか、ついでだ。ねぇねぇあの佐村河内さんって人のサングラス、絶対レイバンじゃないよね。

by livehouse-uhu | 2014-02-24 11:33 | Comments(0)  

日々は続く

 今日はいろいろあったな。当たり前か。いつだっていろいろあるに決まってるよな。それじゃ「いろいろあったな」と思う日とはいったいどんな日なんだろう。今日がそうなんだけど。何故オラはいろいろある日々を過ごしていながら今日という特定の日に「いろいろあったな」と感じたのだろうか。

 なんだか漱石が師事したウイリアム・クレイグ先生の授業みたいになったな。いや、受けたことはないが。

 漫才師の太平シローちゃんが急死したのは、今のオラの年だった。まさに天才の名に恥じぬ人で、数々の名作を残したが、その中でもオラが一番感動した(笑ったのではなく)ネタがこれだ。

 ボケ続けるシローちゃん。ツッコむ相方の太平サブロー氏。あまりに乱暴なボケにサブロー氏の声が大きくなる。「お前いったい何を考えとんねん!?」

 絶妙な間でシローちゃん、「いろんなコト・・・」

 そうだよな、いろんなことを考えているに決まっている。

 太平シローちゃんかぁ。波乱万丈、本当に「いろんなこと」があった芸人さんだった。

 しかし、なんでオラは太平シロー氏に限って知合いみたいに「シローちゃん」と呼んじゃうのかな。きっとオラの中のいろんなイメージがそうさせるんだろうな。

 いろんなコト、あるよな。なんで平仮名の「こと」と片仮名の「コト」を使い分けたのかな・・・。

by livehouse-uhu | 2014-02-23 19:34 | Comments(0)  

慇懃無礼

 あのですね、たまに「自分の」店とか病院とか会社とかとにかくそういう施設の案内看板で、そこに書かれている地図上の「他の」施設に敬称の「さん」が付けられていることがあるでしょ?

 わかりにくい?

 たとえば「○○動物病院」の案内看板に道路や信号や目印になる建物などが書かれていて、そこに「ホームセンター○○さんの隣です」とか「青果○○さんのある交差点を左折」とか。

 この「さん」がちょっとオラはどうもなんだかなんですよ。いや、いいんですけどね。

 看板の発注者は普段から「静鉄ストア駒形店さん」とか「牛丼吉野家さん」とか言ってるんですかね。目印が学校だったら「新通小学校さん」なんて書くのかな。看板の時だけ「ご近所だから」気を遣って「さん」を付けたのかしら。

 「静岡刑務所さんの裏」とか「競輪場さんの北側」なんちゅう場合もある訳だ。刑務所や競輪場に「さん」を付けてはいけないってことはないけどさ。

 オラのぼろアパートだと「国土交通省静岡国道事務所災害時無線塔通称青えんぴつさんを目指して、安倍川土手さんの東側です」ってところか。

 あ、その前に「安倍川橋さん」を渡ってね。

by livehouse-uhu | 2014-02-21 17:36 | Comments(2)  

海の厳しさ、山の厳しさⅢ

 いまだ何世帯かが孤立しているようだが、早川町の危機はだいぶ緩和されたらしい。もともと雪以外でも土砂崩れなどで孤立することがあったので、各家庭が備蓄食料を蓄えていたことも幸いだった。このまま人的被害がなく復旧してくれるといいが。

 ニュースによれば、全域が孤立した後、早川町役場が自衛隊に救助要請したのは大雪から2日後だったそうだ。「担当者は『孤立は予想できたが除雪が進まず、満足な情報もつかめないまま後手の対応に回らざるを得なかった』と話す」と書かれ、やや批判的に取り上げられている。

 違うんだ。「対応が遅れた」とか「判断を間違った」とかじゃないの。そういう人達の住む町なんだよ。山間の静かな集落で、周りに迷惑をかけないということを第一義に暮している人達なの。いろんな不便や災害があっても、自衛隊を含め誰かに頼るという選択は最後の最後なんだ。

 そしてあくせくせず、優しくて気立てはのんびり。

 オラ達が何十回も行っている中で、一番大人数で押しかけた数年前のこと。お昼に奈良田の集落の最奥にある温泉に入り、手打ち蕎麦やヤマメ、こんにゃく、地元のソーセージなどを食い倒した。通常は食券を買うのだが、奈良田ではめずらしい団体だったので、注文を紙に書いて後払いにしてもらった。旅行の会計を預かっていたオラは、途中で追加した飲み物などを支払ったために「全部払った」と勘違いしてしまったんだ。

 もちろんみんなはオラに任せている。そして全員が「ごちそうさまでした!」「お湯も最高~」「ありがとうございました~!!」と駐車場に向かったら・・・なんとお店の人も誰ひとり支払いを請求せず、「ありがとう」「また来てね」とオラ達を送り出してしまったのである!

 なにしろ大人数だからさすがに後で気付き、だいぶ下に降りた宿泊場所の中学校で「どうしたらいいか」と相談したら「じゃあここでいただいて明日私が届けておきますよ」

 そういう人達なの。

 まだすっかり安心ではないようだけれど、我らが自衛隊は日本をわけへだてなく護ります。みんな気を付けて頑張って。残った孤立世帯が一刻も早く復旧しますように。ドカドカうるさいバカどもがまた行きますよ。

by livehouse-uhu | 2014-02-21 11:07 | Comments(0)  

雑感Ⅱ

 しかしまぁ世の中にはいろんな人がいるもんだのぅ。

 ねぇねぇ、書かないとか言っといて結局書いちゃうんだけどさぁ、あの佐村河内さんって、曲は他人が書いてて、耳の障害も嘘、昔の経歴もインチキだらけらしいんでしょ?ホントに適当な憶測で申し訳ないけどさぁ、「佐村河内」ってもしかしたら偽名なんじゃね?

 「みっともないから金メダルを噛むな」とJOCが指示したとかで、どちらかというと賛成の人が多いみたい。もちろん賛否両論あり、昔スケートよりゴシップで話題だった方が「メダルは国のものではなく個人のものだから何をしたっていいでしょ」と仰っておられた。そうか~、偉い人がいるもんだ、彼女は現役時代補助金など一切受けず、旅費も自腹で世界選手権やオリンピックに行っていたんだなぁ。見直したよ。

 飯館村の仮設住宅に暮らすばあちゃん達が、雪で国道4号線に立ち往生したトラックや乗用車に炊き立てのおにぎりを配って歩いたそうだ。雪っつったって1mの積雪の中だぜ?思わず目頭が熱くなってしまうが、オラがこの記事で一番泣いてしまったのは、その中のあるばあちゃんのこの言葉。「腹減ってっぺど思って軽い気持ちだったのに感謝されで・・・」ちきしょう、ババァ、格好いいぞ!

 渾身の「てんこ盛りピザトースト」がちっとも売れないので、自分で2枚も食ってしまった。中学生の時、自作のサンドイッチを一斤食ったことがある。何の自慢だ。中学生でサンドイッチを一斤作ったということについての。

 子供の詩ってたまにすごい面白いのがあるけれど、オラが今までで一番笑ったのはこれだな。作者は小学校低学年。「ぼくは大きくなったらちょうりにんになりたいです。おかあさんがるすの時、自分でぎゅうにゅうをあたためてのんだらとてもおいしかったので、はらをくくりました」

 うむ、脈絡なくとめどなく書くと楽。タイトルを毎回「雑感」にしようかな。
 

by livehouse-uhu | 2014-02-20 21:57 | Comments(4)