人気ブログランキング |

<   2013年 09月 ( 51 )   > この月の画像一覧

 

暖かきもの

 UHUのカウンターにある「岩手行き募金箱」(通称MEGUMI♡)を定期的にチェックする。まとまった時点で持って行くか送るかするためだ。

 カウンター上の「鯨缶詰650円」「焼鳥缶詰400円」はオラが小遣いで仕入れて(この分がオラの寄付ね)、売り上げを全額「MEGUMI♡」に入れる。「おつまみ韓国のり100円」も同じ。

 1000円札をお預かりしたら、両替してそれぞれの金額を「MEGUMI♡」に入れる。オラも時々あまった小銭を入れるが、お札は入れたことがない。

 だが「MEGUMI♡」を開けるとお札が何枚も出てくる。缶詰やのりのお代とは別に入れてくれる方がたくさんいるのだ。

 静岡の人達は、あれから月日が流れても忘れずに東北を気にかけてくれている。もちろんそれも嬉しいのだが・・・。

 オラは誰かが「MEGUMI♡」にお札を押し込むのを一度も見たことがない。「寄付するよ」と声をかけられたこともほとんどない。みんな見つからないように「こっそり」「ひっそり」入れて行くんだよ。

 あがとりい。あがとりい、UHUに集まるみんな。これからもいい音楽の手伝いをするから。美味い酒と安くてまあまあの食い物を出すから。最後だけはごめんな、そっちはプロじゃないもんでよ。

 

 唇に歌を持て  軽くほがらかに

 自分のつとめ  自分のくらしに

 よしや  苦労が絶えなかろうと

 いつも  くちびるに歌を持て

                 「心に太陽を持て」~フライシュレン(山本有三・訳)

by livehouse-uhu | 2013-09-30 12:50 | Comments(2)  

一方向タイムマシン

 お風呂に入って上がると驚くほど時間が経っている。

 間違って二度寝などした日にゃ半日潰れる。

 月初だなぁと思っていたら月末だ。

 年が明けたと思うともうすぐ年末じゃないか。

 先にしか進めない時間移動装置が加速しているのか。でも不可逆性だけは変わらないんだな。

 いや、目を閉じればいつでもあの頃に帰れる。ち、感傷的な。

 まずい、こんなくだらないことを書いていたら時間が・・・。

by livehouse-uhu | 2013-09-30 09:33 | Comments(0)  

最後のピースが今日はまった

 長い長いジグソーパズルだった。

 今日は静岡県ボウリング3人チーム選手権。惨敗だった。チームメイトには申し訳ない。しかし。

 この負け試合でついにわかった。アプローチ、スイング、リリースの組み合わせ。回転して、曲がる、強くて、速くて、正確なボールを投げるために必要なこと。

 それは、力を抜くことだったり、ゆっくり歩くことだったり、万有引力を利用してスイングすることだったり、左手で壁を作ることだったり、サムをきれいに抜くことだったり、フィンガーをボールの下に潜り込ませることだったり、大きなフォロースルーだったり、踏み込む左足のレベレージだったり、安定したフィニッシュだったりした訳だが、思いがけないところに最後の答えはあった。

 というか「これだけは出来ている」と思って注意していなかった部分が実は「落とし穴」だったんだ。かくれんぼで「鬼が一度探したところに隠れると見つからない」っていうのと同じ。

 さて。

 オラは人生において望みはもう数えるほどしかない。

 オラ自身はどうでもいいが、オラが仕合せになって欲しい人に仕合せになってもらうこと。

 「僕はロコ」「海の記憶」に続く曲をあと1曲だけ書くこと。

 オラが作ったふたつの会社を、オラが死んだ後も仲間が引き継いでくれること。

 そして。
 
 本当に申し訳ない。あと1回だけ静岡県代表になって「ボウリングジャパンカップ」に出たい。出来れば、初日のアマチュア選抜大会だけではなく、2日目のプロ選抜大会を勝ち抜いて、本大会を投げたい。

 技術は整った。必要なのは鋼鉄のハートだけ。でもな、ハートが揺れるのは技術に自信がないからだよ。実力不足をメンタルのせいにしている(していた)だけだ。

 ROUND1JAPANCUP静岡県代表選手選考会は10月20日(日)午前9:40。

 オラが祈っているのは、とりあえず「これ以上新しいピースが見つかってくれるなよ」ということだな。

 だってもうパズルは完成してるんだもん!どこにはめるんだよ!?

by livehouse-uhu | 2013-09-29 20:13 | Comments(0)  

微笑みの国から

 生まれて初めて「塗装した」プラモデルは「山田長政の軍船」だった。小学校2、3年生じゃなかったかなぁ。

 それまで、戦車や飛行機をたくさん作っても、ただ組み立てるだけで「立体的な模型に色を塗る」ってのは結構高いハードルだったんだ。プラモデル用の塗料にはシンナーが入っていて子供が使うのを父親が嫌がったしね。

 静岡に来て、浅間通り商店街で「山田長政が静岡の紺屋町で育ったという説」を知った時は驚いた。 いや、別に誰でもどこかで生まれ育つんだから、そんなに不思議なことではないんだけど。

 なんと来月は「第28回・日タイ友好長政まつり」である。ぎゃははは、28回!?ずいぶん続いてるんだな!ムエタイのパフォーマンスやタイ料理の屋台などがあってなかなか面白そうだ。

 タイと日本はとても関係が深い。特に第二次世界大戦~現代にいたるまではいろいろな意味で「ともに戦ったアジアの同胞」と言っていいと思う。

 フランス領インドシナと戦い、劣勢だったタイを調停で助けたのが日本だ。

 1941年には、ワンワイタヤーコーン親王殿下が靖国神社に参拝されている。

 第二次世界大戦。

 まるで日本がタイを侵略したかのように記述する本もあるが、日本国軍隊は「協定」によってタイがイギリス・フランスに割譲した領土を取り戻したのだ。もちろんタイ政府は日本に協力的である。

 その戦争に日本は敗れた。

 タイは、タイの宣戦布告は日本に強制されたものだと宣言して認められ、敗戦国とはならなかった。だが、誰がそれを責められるだろう。裏切りなどではなく、アジアの小国が自分を守るためのやむを得ぬ最後の手段だったのだ。

 戦後、タイはその罪滅ぼしではないが、日本の国際社会復帰を必死に後押ししてくれた。

 中でも日本に心から敬意を表し、力を貸してくれたのがククリフト・プラモード元首相である。

 「日本のおかげでアジア諸国はすべて独立した。日本というお母さんは難産して母体をそこなったが、生まれた子供はすくすくと育っている。今日、東南アジアの諸国民が米英と対等に話ができるのは一体誰のおかげであるか。それは身を殺して仁を為した日本というお母さんがあった為である。12月8日は我々にこの重大な思想を示してくれたお母さんが一身を賭して重大決心をされた日である。更に8月15日は我々の大切なお母さんが病の床に伏した日である。我々はこの2つの日を忘れてはならない」

 元首相の言葉だ。

 オラが4歳の夏。プミポン国王の命を受けたタイ政府関係者が靖国神社を参拝してくれた。そしてタイ海軍練習艦隊の乗組員達も。遠くタイからいつも九段を思っていてくれたんだよ。

 アジアの国と言った時、特定の二つの国だけを指すのは、他の国に失礼なんじゃないでしょうか。

by livehouse-uhu | 2013-09-28 21:14 | Comments(0)  

なりすまし

 土手の草花君達にたくさんのお客様が来ていました。

 アサギマダラやオオスカシバ、名前のわからないアブの仲間。

 歌うように彼らは蜜を吸っています。僕のギターの音は彼らにはどう聴こえているのかな、なんて考えてしまいました。

 どうも丸山信二郎です。

 今日の1曲。

 

 チョイトいっぱいのつもりで飲んで  いつの間にやらはしご酒

 気がつきゃ駒形神社でごろ寝  これじゃ体にいいわきゃないよ

                            「スーダラ節」 ~植木等                

 

by livehouse-uhu | 2013-09-27 20:22 | Comments(0)  

やはり野におけ蓮華草Ⅲ

 彼岸花、いよいよ全開間近だ。

 別名曼珠沙華。また別名を死人花。あるいは別名地獄花。とまぁ、こういう感じで「持ちネタ」ってのは出来ていくのだろうか。

 夕化粧。蚊帳釣草。釣鐘人参。蔓竜胆(ツルリンドウ)。雀の帷子(カタビラ)。

 いいなぁ川原の草花。一応読みづらそうなところだけフリガナをふってみた。他は字の通り。
 
 それにしても、この自然に中に咲く「雑草」と呼ばれる草花達には見向きもせず「いけられた」「アレンジされた」花に限り大好き、という感性は理解出来ないや。いや、批判してるんじゃありません。人はそれぞれだからね。

 こんなあかるい穹窿と草を  はんにちゆつくりあるくことは

 いつたいなんといふおんけいだらう  わたくしはそれをはりつけとでもとりかへる

 こひびととひとめみることでさへさうでないか

 (おい  やまのたばこの木  あんまりへんなおどりをやると  未来派だつていはれるぜ)

 わたくしは森やのはらのこひびと  芦のあひだをがさがさ行けば

 つつましく折られたみどりいろの通信は  いつかぽけつとにはいつてゐるし

 はやしのくらいとこをあるいてゐると  三日月がたのくちびるのあとで

 肱やすぼんがいつぱいになる

                        「一本木野」 ~宮沢賢治

 こういうことのために、山を歩く時は山を歩く服装をしないといけないのです。

by livehouse-uhu | 2013-09-26 13:27 | Comments(0)  

あまちゃんかぁ

 え、何を書くんだって!?

 いや、別に書いたっていいだろ。何だよ、オラがNHK の連ドラについて書いちゃダメなのかよ。

 ダメ・・・かな、やっぱり?

 え~と、釜石ではじぇじぇじゃなくじゃじゃと言います。北に行くにしたがってじゃがじぇになるんだよね。東京から離れるほど「JJ」にあこがれる、とかそういうことではありません。たぶん違うんじゃないかな。

 三鉄を走るのは、36形というディーゼルカー。小さな小さな列車は、「あの日」エンジンをかけ暖房をつけて避難して来た人達を寒さから守りました。自衛隊が到着するまで、住民を励ました町の駐在さんのように。立派だったな、36形。釜石まで再び開通するのは来年です。

 全然連ドラについて書いてないな。

 海女ってさ、昔はもっと色っぽい職業だったんだよね。そして、これから海に入るんだから当然濡れてしまうのに雨の降る日は浜まで簑を着てゆく誇り高い職業だった。

 アイドルにもそうあって欲しい今日この頃です。

 どんなまとめだ。まとまってないか。

by livehouse-uhu | 2013-09-26 09:45 | Comments(0)  

特命係長只野仁

 え、何を書くんだって!?

 まあ、確かに。驚いている読者もいるだろう。脚本は滅茶苦茶、リアリティはなく、役者は全部下手、濡れ場はしょぼい。普段オラが散々バカにしているいい加減な作品そのものだ。

 けれど。

 心がこもっている。こもっているんだよ。ウケたいだけじゃなく、想いがこもっているの。

 ただそれだけだが、それ以外に何があるというのか。柳沢きみおセンセ、立派なお仕事しましたね。

by livehouse-uhu | 2013-09-25 23:00 | Comments(0)  

やはり野におけ蓮華草Ⅱ

 流れでもう一本書く。

 阪神大震災の後。P社の社員だったオラは、震災の復興に力を入れている社の命を受けて神戸に入り浸っていた。新しく出来る小売店のチラシをポスティングしたり、商品の陳列を手伝ったり。

 オラはそうでもなかったが、若手社員の間には何日も家に帰らず、徹夜を繰り返して働いているやつもいた。

 そんな1995年の12月に開催されたのが「神戸ルミナリエ」。昨年(2012年)で18回目を迎えたそうだ。続いているんだ・・・。

 申し訳ない。

 オラは最初から胡散臭くて嫌いだった。何で今こんなことをやるんだ、としか思えなかった。オラはあの地震の後、派遣会社であるP社へのある新聞社の依頼で、仮設住宅のお年寄りの聞き取り調査をしていた。派遣社員が足りない時は自分で仮設住宅を回った。何度も家族を亡くした孤独なお年寄りの涙に出会い、一緒に泣いた。復興と言っても、本当に困っている人への手当はまだまだだったんだよ。

 「神戸ルミナリエ」。

 あの人工的な光の羅列がなんだと言うのか。神戸の埠頭から見た海の朝焼けよりも綺麗だとでも言うのか。予算不足で募金を募ってまで開催し、本当にアレで儲けた人(会社)はいないのか。

 スポンサー名には施工を請け負う会社もたくさん入っていた。広告代理店は、企画して丸投げし原価に手数料をかけて予算を組んだ。それは当事者に聞いたから間違いない。絶対に損をしない方式だったじゃないか。

 震災の鎮魂?なら何故年末じゃなく1月17日にやらないのか。

 みんな、オラはやっぱりひねくれていますか?多くの人が「素敵ね~」って感動するんだからそれでいいですか?

 それじゃたったひとつだけ答えて欲しい。同じことを何度でも書く。

 たくさんの電飾で彩られた街路樹や街並みは、本当に「神戸の埠頭から見た海の朝焼け」よりも綺麗でしたか。

by livehouse-uhu | 2013-09-25 19:31 | Comments(0)  

やはり野におけ蓮華草

 お茶とお花は、かつて花嫁修業(そもそもそんな言葉がもう意味を持っていないだろ)のツートップだった気がするが、はっきり言わせてもらうと、多くの男にとって最もどうでもいい教養だろうな。

 もちろんそうでない男もいるが、そんなヤツぁたいしたヤツじゃねぇ。

 雑草と呼ばれる花の名前を知っている。魚を捌ける。いい音楽を聴く耳を持っている。そういうことに比べたら・・・というより「どちらが大切かを考える感性」に比べたら、ということ。

 これはいつもと違って、ただの教養のない男の僻みではない。僻みには違いないが「ただの」じゃないの。

 「家元制度」なんてさ、「わびさび」や「自然の尊さ」から一番遠くにあるものなんじゃね?マルチの元祖で新興宗教の親戚だろ。

 嗚呼綺麗だな、土手の彼岸花。別名曼珠沙華。また別名を死人花。あるいは別名地獄花。いい加減にしろよ、オッサン(オラのことね)。

 どうか花器にいけるために切って持って行かないで下さい。

by livehouse-uhu | 2013-09-25 19:01 | Comments(2)