人気ブログランキング |

2019年 09月 30日 ( 1 )

 

ブレイブブロッサムズ、日の丸と君が代のもとにⅣ

 とにかくラグビーワールドカップ2019日本大会がヤバすぎる。うう、しまった、ヤバいという言葉をこういう風に使いたくはないのだが、興奮しているのでもうしょうがないのだ。まだ予選も終わらないうちにこんなことでは涙枯れ果てて脱水症状を起こしてしまう。

 試合内容も素晴らしいけれど、子供達が反則級だ。もちろん大人が指導しているにしても。ハカを練習してニュージーランドの選手を出迎えたり、胸に手を当ててカナダ国歌を歌いあげたり。これ、もし逆だったら感動のあまり倒れてしまいそうな光景だ。

 敵でも味方でも良いプレーには拍手と歓声で称賛する素晴らしい観客。初戦で日本に敗れ、悲願のワールドカップ初勝利を目指してサモアと対戦したロシアは、前半をリードして折り返したものの後半足が止まりサモアに逆転される。その時、沸き起こった熊谷に詰めかけた日本人の「ロシアコール」。日本とロシアだって北方領土や漁業権など決して友好的ではない問題を抱えている。そんな中、苦戦を強いられ、それでもくじけずに立ち上がったロシアチームの耳に届いた日本人が自国の名前を叫んでくれる声。ダメだ、呼吸が苦しい。

 そして極めつけは日本に敗れた後、潔く負けを認め、花道を作って勝者を送り出したアイルランドチーム。そりゃノーサイドの精神とか口で言うのは簡単だよ。しかし国の威信を背負って世界中が注目する中で格下の相手に敗れた心中を察するに、どれほど気高い行為か。

 こんなことで世界は平和になれるかも、なんて甘い夢かもしれない。でも、その甘い夢を「もしかしたら」と思わせてくれるスポーツのチカラ。あ、わざわざカタカナで書いて今風にしたな、こいつ(オラ)。

 さあ、いこう。無限の彼方へ。なんで急にバズ・ライトイヤーだよ、オッサン(オラのことだけど)。

by livehouse-uhu | 2019-09-30 13:26 | Comments(0)