2018年 05月 17日 ( 2 )

 

帰り道はすこし遠いII

 真夜中のベランダから見える交通路は、東海道本線、東海道新幹線、国道1号線、県道208号線(旧東海道)、安倍川土手道路、そして西の空。

 311系、こだま、バスやトラック、オートバイ、自転車、それぞれにいろんな想いを抱えたいろんな人が乗って東へ西へ(安倍川土手道路だけは南へ北へ)向かう。

 ひとりひとりに「こんな夜更けに何処へゆくの?」「誰に逢いにゆくの?」と訊いてみたくなる。

 目視ではわからないのは空をゆく者達。赤いアンチコリジョンライトを光らせてやっぱり東へ西へ。空は自由だと思うんだけど、決められた航路があるんだろう。

プレーンファインダーフライトレーダー(それぞれに一長一短がある)で機体を確認する。そうか、今あそこを飛んでいるのはこんな飛行機。行き先は懐かしい鹿児島か。どんな人が乗って、誰に逢いにゆくのかはわからない。

 当然だけど、軍事機密が含まれる自衛隊機は映らない。ただ音だけを残して孤独に飛んでゆく。

 嗚呼、大好きなM250系貨物列車(スーパーレールカーゴ)だ(この動画は素晴らしいので是非見るように!特に2:24頃からの朝焼けの中を駆け抜ける姿は涙が出ます。え、そんなのはオラだけ!?)。名前だけで胸が踊る。スーパーレールカーゴだよ?こんなタイトルの歌詞を書きたい(意味不明)。

 交通路をひとつ忘れていた。それは安倍川そのもの。昭和の初めまで安倍川には舟運があったんだ。梅ケ島から帆掛け舟が人や荷物を乗せてくだってきた。

 どんな人が、誰に逢いに。

「水の旅人」墨江少名彦もお椀の舟で海に向かっただろうか。誰に逢いに?それはわかる。失くなってしまいそうな美しい水だ。

 あの映画のロケ地はたしか佐賀だったけれどね。

[PR]

by livehouse-uhu | 2018-05-17 10:18 | Comments(0)  

帰り道はすこし遠い

 いやいや親方、気持ちはめちゃくちゃ嬉しいけれども!ホントに美味しかったけれども!あとでサービスだとわかってビックリしたけれども!

 オラが連れて行ったのは初めての女の子だったじゃないですか?年も離れているしふたりとも明らかにまだぎこちなかったじゃないですか?

 オラは故ナンシー関の「初めてのデートで焼肉はね〜だろ」(まったくもってその通り。デリカシーってモンが)という言葉にしたがってあなたのお店に行ったのに出してくれたのが「焼いたマグロのカマ」はないよね!?

「焼いたマグロのカマ」はとにかく箸でつついて、バラして、時には骨にしゃぶりついて食わなきゃいけない。どうすんだよコレ。

 と、心配する間もなく、半分手を使い、指をなめ、おしぼりを焦げた皮の茶色に染めながらふたりはきっちり完食しましたとさ。

 と、ひとりで意味不明の妄想をしながら「オラって気取らない女の子が好きなんだなぁ」と再確認した初夏の(ような)夜でした。

 駒形通りには風とライオンの匂い。どんな匂いだ。

[PR]

by livehouse-uhu | 2018-05-17 00:48 | Comments(2)