2018年 03月 13日 ( 1 )

 

45号線II

 国道45号線は、仙台市と青森市を結ぶ長さ455.4kmの一般国道、オラにとって一番懐かしく、愛していると言ってもいい故郷の道路である。

 まさか以前に「山形に向かう286号線が一番好き」とか「阪神大震災の日に四駆で走った2号線が一番思い出深い」とか書いてないだろうなこの男は?いい加減だからな〜(オラのことだけど)。

 北は田野畑村までで岩手県を出たことがないが、車で、バイクで、自転車で、何度も釜石仙台を往復した。

 え、歩き!?歩いたのは・・・中学生の時に釜石の市民プール(通称大平プール)で仲間外れにされて唐丹まで歩いたのが最長かな。バス賃がなくて小佐野まで歩いて帰ろうとしたのだが、方向音痴で逆に向かってしまったのだ。釜石の人以外には地理がわからないだろうけど、これはすごく悲しい話なんだぞ。

 45号線沿で泊まったのは、高校ラグビーの新人戦で宮古に、それから大学時代好きだった石巻の女の子の家、そして自転車で仙台から帰省して途中で力尽きた唐桑半島の鹿折唐桑駅(ししおりからくわえき)くらい。なんか意外に少ないな。

 次は、というか死ぬまでに徒歩と新幹線以外の鉄道で釜石に行きたい。鉄道?そう、45号線と並んで走るJR大船渡線は電車じゃないのよ。これこそ大好きな大好きなキハ100系ディーゼルカーだ。

 明るく青く、寂しく蒼く、藍より碧い三陸の海。そこが故郷。

[PR]

by livehouse-uhu | 2018-03-13 11:02 | Comments(0)