人気ブログランキング |

東京シティ ヒエラルキー

 「東京のことなんかわかりもしない田舎者が余計なことは言わない方がいいな」。
石原慎太郎都知事が怒りに任せてこう言い放ったことがあった。
まぁ、あの方いっつも怒りに任せてはいるが。
相手が地方自治体の長というこの件に関しては、全くその通りだと思う。
東京には東京の都合があり、ルールがあり、そこで生きている寄せ集めの田舎者達は、
享受する富や快楽の何倍もの何かを失っている。犠牲を払って好んで住んでいるのだ。
そしてその連中のおこぼれを期待するか否かが地方の立場の分かれ目だろう。
明らかにリーダーとしての東京、経済の中枢としての東京にすがりながら、
一方で偉そうに遠距離からの意見を気取ってはいけない。

 東京を軽蔑しようが憎もうが勝手だ。その場合は関わらなければいい。
難しくはあるが個人としてなら不可能ではない。
それなら幸いにも天安門や赤の広場よりは表現の自由がある我が国のこと、
悪口は存分に言える。どうぞデカイ声で「大嫌いだ~」と叫んで下さい。

 P社の同期に東京出身のIちゃんという女の子がいて、デスクは僕の隣だった。
やたら背が高く目鼻立ちのはっきりした美人で、
入社したての頃、彼女を街で見かけたという雑誌社のカメラマンが
後をつけて来て取材を申し込んだ。
彼女、怒り出して「20歳過ぎてアンアンだのノンノだのに出られる訳ないでしょう!」
宮城県から上京したばかりの僕は「ほほぅ、そういうもんかいな」と感心(苦笑)していた。

 「クリスマスにはパパがマキシムでノエル買って来てくれるの。あなたのとこは?」
「クリスマス?雪印のアイスクリームケーキだな」
「パパはねぇ、大晦日や新年には海外にいることが多くて国際電話でおめでとうって言うの」
「あ、それはオレんちも。とうちゃんが漁船から無線でシンネンオメデトウミンナゲンキデスカ…」
「ふ~ん、田舎っておもしろいね~」
「東京生まれのIちゃんちと岩手生まれの僕んちでは全然違うね」

 こんなたわいも無い話をしていたら、そばにいたちょっと意地悪な女性マネージャーが
「でも、Iちゃんのお父さんの実家って確か岡山だったわよね。
東京はね、文化も食べ物の味も三代続かないとわからないって言われてるのよ。
三代続いて初めて江戸っ子って呼べるの。」

 キッと振り返ったIちゃんは言ったね。
「へぇ~、それじゃ先輩の家はどうなんですか?」
「えぇ、ウチは祖父の代から今の目白の家だから。私が三代目ってことになるのかしら」
「そうですか~。じゃあ四代前はどこほっつき歩いてたかわからない訳ですね。ほほほ…」

 僕の故郷は、海流の関係で遭難したアイヌ民族やロシア人が流れ着く場所だったそうです。
時に日本人とは思えない程肌が真っ白で綺麗な女性がいたりします。
不思議な地名があちこちにあります。
女遊部(オナツッペ)、越喜来(オッキライ)、吉里吉里(キリキリ)…。
多くはアイヌ語です。花露辺(ケロベエ)もそうかと思っていたらこんな伝説がありました。

 嵐の夜、船が難破して一人の異邦人が砂浜に打ち上げられました。
名をケロリといいました。ケロリは村人の手厚い看護で一命を取りとめ、
村の娘と愛し合い、結婚し、よく働いて幸せに暮らしました。
その後、この村をケロリの部落、ケロベエと呼ぶようになったそうです。

 ケロリは何人だったのでしょう。本当はケリーとかクレールとかいう名前だったのでしょうか。
本当に死ぬまで幸せだったのでしょうか。もしかしたら国に家族はいなかったのでしょうか。
遠い故郷をいつも思っていたのでしょうか。誰にもわからない。

 同じ国、同じ民族の中でさえ諍いは起こってしまう。
この身体を流れる血の源は思っているよりもたぶんずっと不確か。
僕は自分が見た相手の姿を、自分が聞いた相手の言葉を信じたい。

 
 東京から電車が出ます 危険ですからおさがり下さい

 乗られる方は ここでさようならです

                                  東京アナウンス  安部たかのり

by livehouse-uhu | 2008-12-18 15:27 | Comments(2)  

Commented by 凸やま at 2008-12-18 19:41 x
clowlyさんだった、に1京ジンバブエドル(>_<)!

ケニアのビクトリア湖周辺でマラリアが流行し、政府は
対策として周辺地域住民にハイテクな蚊帳
(日本の・・・確か住友化学?製。水洗いしても殺虫効果が
 落ちないスグレモノ)
を無償配布したそうです。ですが、住民の皆様はその蚊帳で
魚を獲ると大漁になる事を発見、こぞって稚魚まで乱獲し、
湖の水質も悪化、漁業資源も枯渇してマラリアも絶賛蔓延中・・・
って結果になっちゃったんだって・・・・(T_T)。カナシス。

でも、どっかの国と違ってそれを『日帝の責任<丶`∀´>ニダ
謝罪と賠償を・・・!』とは言い出さないハズなので、それだけが
救いですかな・・・(^_^;)

んで、BOSSの父君は漁業関係者ぢゃ無いでしょ、と
小一時間(ry
Commented by シンヤ at 2008-12-18 21:24 x
 去年の100億ジンバブエドルが井村屋の肉まん1個位?
予告も無く切り下げられた場合、
フェアトレードを推進する人達は当然抗議するんですよね?
フェアっていうのはどちらにも公平ってことだし。

 蚊帳の件、つらい話だねぇ。美しい名前の湖なのがまた悲しい。

 え?オレのとうちゃん、漁師じゃなかったっけ?
きのこ狩り職人だっけか?

<< いつか虹を越えて さらばハンス・オフト >>