人気ブログランキング |

風の強い日

 8年も経って、なんとか理解した(オラが)といえば、人は必ず死ぬという認識と、死んだ者は二度と帰らないこの風景だけだ。

 3・11、14:46に黙祷したからといって何がどうなる訳でもない。街はいつも通り活気に溢れ、オラはやっぱり買い出しと仕込みをし、まあ今年はBGMがクイーンになったくらい。

 黙祷に反対する左翼グループというのもあるらしい。黙祷は原発から国民の目をそらすための国家の企みだそうだ。別に怒りが湧くとかはない。そう思うならそうすればいいだけの話。

 花粉で目が痒い。潮水で洗いたいな。海の記憶。防波堤に干してある網の香り。藍より青い、故郷の海だ。



 泣きたくなるのは季節のせいです

 やさしくなるのは愛したせいです

         「風のない日」~城みちる(作詞・阿久悠、作曲・加藤和彦)

by livehouse-uhu | 2019-03-11 15:10 | Comments(0)  

<< 何をやっている 鎮魂歌II >>