かきまつがい

 ふと気になって確認したらやはり(?)「言いまつがい」と「いいまつがい」で似たようなことを2回書いていた。整合性(!?)を求めて「書きまつがい」の後に「かきまつがい」を・・・と思ったものの「いいまつがい」に比べてネタが難しいな。

 デスノートの「このノートに名前を書かれた者は死ね」みたいな傑作がそうそうある訳じゃないし、口が回らず音で間違うことはよくあるが、視覚的に間違うことは少ない。

 そもそも「いいまつがい」は「本人も意図せず」やっちまったところに面白さがあるのだが「書き間違い」は本人も正しいと思っているある意味「確信犯」だから笑いにつながりにくい。

 はっ!?そうかなんのことはない現代の「かきまつがい」はパソコンの誤変換じゃないか。そうなるとまた意味が違って来ちゃうな。

 や〜めた。ヲイ。

by livehouse-uhu | 2019-02-05 09:23 | Comments(0)  

<< 「〇〇まつがい」の範疇に入る? 書きまつがい >>