心が痛む木曜日

 反応してしまうニュースの多い日だ。

 ダイナマイト・キッド死す。ステロイドと暴力に生きた男。金しか頭にない人間から見たらまさに破綻者であり失敗者であり敗者かもしれない。自らのDVが原因で妻と離婚し、筋肉増強のために使い続けた薬物と過激な試合の影響で晩年は孤独な車いす生活。人生として讃えるべき点はないと思う人もいるだろう。

 それでもなおオラは忘れない。史上最高、最強、そしてもっとも輝いたレスラー、ダイナマイト・キッドと、彼が残した戦いの軌跡を。キッド、キッド、お疲れさまでした。大好きだったよ。憧れだったよ。ゆっくり休んでください。合掌。

 米海兵隊岩国基地のFA18戦闘攻撃機とKC130空中給油機が墜落した。乗員7人のうち5人の行方が分かっていない。米軍や自衛隊、海上保安部が必死の捜索、救助にあたっている。

 日本を守るために訓練をしていた同盟国の軍人の事故。もちろん何らかの油断や傲りがあったのならそれは後に当然調査され糾弾されなければならない。けれども、墜落はまだ今日の出来事で、なおかつ生死のわからない乗員がいるこの状況で、何故その安否が最優先で報道されないのか。アメリカの軍人など人間じゃないとでも思っているのか。

 「米軍機は11月にも墜落事故を起こしたばかり。相次ぐ米軍機のトラブルに、基地周辺の住民や墜落現場付近で操業する漁業関係者たちには不安が広がった」「現場の海域周辺は、高級魚のキンメダイの漁場」この記事を書いた新聞社の記者に人間の心があるだろうか?

 キンメダイ?ああ、高級魚だ。煮付けが美味い。日本の海の宝物だ。けれどもオラは、同盟国を守るために大切な若い息子を極東の島国に送り出したアメリカのお母さんに、こんな新聞を絶対に読ませたくはない。

 泣けてくる。

[PR]

by livehouse-uhu | 2018-12-06 14:48 | Comments(0)  

<< 身体が痛む月曜日 力尽きたか >>