一過もなにも

 結局、静岡市に関してだけ言えばまた今回も台風は「来る来る詐欺」だったのだ。また今回も?そう、いつもいつも「静岡市に出された警戒や警報は空振りする」のである。

 伊豆と御前崎が大荒れでも、間にある静岡市は平穏無事。ま、それでも一応雨は降り、安倍川花火大会中止の判断が非難されなくてよかった。「やりゃあよかったじゃん!?」とか言われたらかわいそうだもん。

 なにしろ湾曲して奥まっているからな〜。ピンポイントで高校時代の江川みたいな落ちるカーブを投げて(?)来ないと全部沖をかすめてしまう。昨夜の台風は非常に珍しいコースで関東側から戻って来たのだが、やはり外角遠くボール(!?)になった。近畿、四国の方々気をつけてくださいね。

 温暖で雪も降らず台風はみんな避けてゆく。竜巻は起こらず日照りが続くなんてこともない。そんな静岡市の心配はやはり地震か。

 祖母の関東大震災から始まって地震に魅入られた家系のオラは「宮城沖地震」も「阪神大震災」も「そこに引っ越した年」に起きた。そんなオラがもうずっと言われ続けている「東海大地震」の原因になるであろう「南海トラフのど真ん中」に住み始めてもう二十数年。

 富士山は今日も静かに「シュッ」としている。さ、手を合わせて出勤だ。いつもそんなことしてないだろ・・・。

[PR]

by livehouse-uhu | 2018-07-29 09:26 | Comments(0)  

<< 占い師、祈祷師、ハイパーメディ... デンジャーゾーン >>