朝昼晩吉野家か・・・

 21ポイント(丼か定食1人前でスタンプ1個)で貰える吉野家の特製丼(店と違うのは金色で「吉野家」と入っている)をようやくゲット。これでUHUには吉野家丼がふたつになった。

 今回は静岡地区で限定60個だったため、ポスターに「残りわずか」と書き込まれてからは少し焦った。なんと最初にゲットしたヤツはキャンペーン開始から7日目だったらしい。7日で牛丼(豚丼やカレーや定食であるはずがない。そんなヤツがそこまでしてあの丼を欲しがるかい!)21食・・・負けた。でもさわやかだ。お前(オラね)は何を言っているのか。

 その壁のポスター(店員さんの手作り)には「21ポイントで特製丼ぶり!」と書いてあるのだった。どんぶりぶり。送り仮名の「ぶり」はなくてもいいのでは、「丼」だけで「どんぶり」と読むのでは、と毎回思うが、優しい店員さんに余計なことは言わないオラであった。

 大人になったと言うべきか。

 余談だが、チェーン店の「なか卯」は「丼ぶりと京風うどんのなか卯」である。以前は「牛丼とうどんのなか卯」でキャッチフレーズの「牛丼」を「丼」に変えた時「丼ぶりとうどんのなか卯」になり現在に至る。

 これについて各方面(どこだよ!?)から指摘を受けた「株式会社なか卯」の広報は「多くの人が『丼』を『どん』と読んでいる」「趣を持たせるためにあえて(わざと)」と答えている。

 ウソだね。趣だぁ?どんぶりぶりに趣があるかよ。「丼」を「どん」と読んでいたが故に「丼ぶり」と表記してしまったのは「多くの人」なんかじゃなく「丼ぶりとうどんのなか卯」というキャッチフレーズを主導した人物だよね?そしてその人物はおそらく「株式会社なか卯」においてある程度の権力を持つ上層部だった。もしかしたら社長?という説(?)もあるが。

 全国の看板やパンフレット、名刺なども「誰も指摘しないまま」発注されてしまったのかもしれない。すべて作り直したら〇千万円か〇億円か・・・。

 「誰も責任を取らないまま」(取れない)(取らせることが出来ない)、外部から指摘されると「趣を・・・」と苦しい言い訳をするようになった。この辺が真実では、とオラは思っている。

 あ、あくまでオラのバカバカしい想像です。ホントに「考え抜いた末」に「丼より丼ぶりのほうが趣があっていいなぁ」と思ったのならゴメンナサイ。

[PR]

by livehouse-uhu | 2018-07-02 14:00 | Comments(2)  

Commented by TT at 2018-07-02 21:26 x
どんぶりめし(丼飯)という言葉は死語になったのかしら。まさか“どんめし”? 丼勘定は…。
Commented by livehouse-uhu at 2018-07-03 16:23
この件に関しては「丼ぶりと書くのは低学歴の・・・」と決めつけている人もいてなかなかヤバいです(^_^;)。

それはともかくオラなんかは見た瞬間違和感があるんですけどね。

<< それがサッカーだというのならIII そんな事件あったなぁ >>