ハチドリの羽音II

 そうかぁ、ハミングバードで気がついたけど、考えてみたら(いや別に考えてみなくても)このブログで「欲しいギター」というのを一度も書いていないんだな。

 そもそもギターに関しては中学生になった時に「ギターが欲しい!」と切に切に切に願い、父親が「ガットギターにすること」「クラシックギター教室に通うこと」のふたつの条件を前提に買ってくれたのだが、もしかしたらあの時あまりに切に切に切に願い過ぎ、そして自分のギターを持てた喜びが大き過ぎて「ギターならなんでもいい」人間になってしまったのかもしれない。

 実際、ネックが反っていて弦高が異常に高く極端に弾きづらい楽器じゃなければなんだってかまわない。

 ハミングバードは・・・たぶんインレイと「これから音楽で生活していく」という高揚感が見せた夢だったんだ。

[PR]

by livehouse-uhu | 2018-05-13 19:41 | Comments(0)  

<< 逃避 東京は好きですかIII >>