君はことわざみたいに暖簾を腕で押したことがあるかい?

 疑問形のタイトルは案外少ない。

 糠に釘を打ったことがあるやつはまずいないだろうけど、暖簾は結構腕で押すでしょ?いや、押さないか、普通こう、たくし上げるようにするよね。あるいはそのまま通過とか。

 オラは何故NolenNiu-de-Ossiが好きなんだろう、と考えていた。何故って言われても。好きなミュージシャンはたくさんいる。プライベートでも仲が良く、一緒に何度もライブをし、山小屋に泊まり、飲んで記憶ぶっ飛ばし、駒形神社で寝て・・・。

 そんな付き合いをした訳じゃない。なのに「もしこの二人と友人でなくなったらどんなに寂しいだろう」と思う気持ちはただ純粋に歌から来るんだな。

 どこにもなく、誰にも似ていないのに、懐かしい歌。海のない街から、海に続く歌。

 連休の中の一日だけ、しかもShotgunBluesBandが前座をやらせてもらった日のことを取り上げるのは気が引けたがまあいいさ。

 クミ姉はあこがれの山田晃士さんの前で歌えて舞い上がってた。夢みたいな日でしたね。ライフ、ゴーズ、オン。

 

 ここに来ればいいのに この廻る輪の中にそっと

 誰も拒んだりはしないよ ここへおいで

 飛火野でいつの日か 月明かりに照らされていた
 
 君の影を追い続けてる 輪廻の郷で

       「輪廻の郷」~NolenNiu-de-Ossi 

[PR]

by livehouse-uhu | 2018-05-07 19:42 | Comments(2)  

Commented by しばくみ at 2018-05-07 20:31 x
憧れの人はずっーと向こう側にいて、私はフロアの隅っこから観ていたんだもの。
夢のような一夜をありがとうございました💕
Commented by livehouse-uhu at 2018-05-08 01:44
生きていれば、いいことがある(^_^;)。

こちらこそありがとうございます。またゆっくり余韻を語り合いましょ。

<< ハチドリの羽音 耳鳴りと声の記憶 >>