ナビスコ万歳

 真夜中である。小腹が減っている。実はこの言葉はあまり好きではない。なんだよ小腹って。だがまぁそんなことはどうでもいい。

 冷蔵庫には先日田子重でさんざん迷ったあげくに買って来た「安い方」のピーナッツバターと、だいぶ前にRitomoがくれたサーモンパテ。賞味期限は・・・うむ、2019年。開けてからもしばらく経つが大丈夫だよな。

 そしてテーブルの上にはリッツが一箱。テーブルの上に缶ビールとコンドームっていう歌があったな。ネットがなければおそらく埋もれていた名曲。

 さて、少しだけ躊躇った。おそらくこのサイズのリッツは箱の中で二つに分けて包装されているだろう。ほんの数枚食べたいのだが。開けちゃったら湿気るよな。どうしよ。

 疲れていた。とにかく朝から晩まで独りで掃除したり入力したり。どんなにしんどくても若い素晴らしいミュージシャンに囲まれている間は楽しく、我慢出来る。今日は気持ちが折れそうだった。

 もういいや。缶ビール一本飲もう。リッツを開けた。箱の中は、三つに分けて包装されていた。

[PR]

by livehouse-uhu | 2018-04-09 23:46 | Comments(0)  

<< 自殺するものが霧の降るのをいや... 新婚さんいらっしゃい >>