指標

 天皇皇后両陛下が「また」沖縄を訪問される。おそらく天皇陛下の在位中では最後になるだろう。沖縄本島の国立沖縄戦没者墓苑での慰霊はもちろん、今回は与那国島で日本最西端の碑も視察するとのこと。

 なんとまあ・・・というしかない。おそらくずっと与那国島のことを気にかけていらしたに違いない。2012年の久米島訪問では7000人もの人が提灯行列に参加した。もちろん誰からの強制も(はは、日当も)ない。みな自発的に集まった方々である。報道で見かけるような反対派などまさにごく一部の相当変わった方に過ぎないのだ。

 その時にもまだ訪れていない与那国島に思いを馳せていらしたのだろうか。

 オラは確かに年をとったが、それでも皇太子殿下と同学年だ。そのオラがちょっと仕事に疲れただけでしんどいしめんどくさくて市内の健康ランドに行くのさえ億劫だったりする。

 両陛下が沖縄って。本当は宮内庁が一番お止めしたいだろうな。出来たらお身体のことを考えてそんな遠距離へのご訪問は控えて欲しいはず。それでもたってのご希望では仕方がない。

 与那国島の人達が待っているから。御霊が少しでも慰められますように。ただ、その思いで両陛下は行く。

 どれほど多くの沖縄の人が勇気づけられ、心に刻み、感謝することだろうか。行程を管理する方々、警護の方々、お迎えする与那国島のみなさん、大変かもしれませんが、どうか良いご訪問となりますように。

 さ、自転車で海の近くの得意先まで。ほれ、元気出せ。

[PR]

by livehouse-uhu | 2018-03-06 13:53 | Comments(0)  

<< おい、松坂屋! 推理とは連想ゲーム >>