いやしい春Ⅱ

 最初に書いた時は「マヌケなタイトルだが忙しいからなんでもいいや」と思ったのだが、改めて読むとなかなか味わい深い良いタイトルだな。「いやしい夏」「いやしい秋」と展開して行けるし。自画自賛してどうする。

 山菜が食いたい。たらのめ。うど。しどけ。こごみ。ああ、ああ、なんかもだえてしまいそう。わかりやすくたらのめと書いたが、釜石ではたらっぽと呼ぶのよ。カワイイでしょ?

 ミニの女王「ツイッギー」が羽田空港に降り立ったのは1967年。小枝のような身体にひざ上10cmのスカートでたらっぽを・・・それはタラップ!

 え~、すべての山菜はてんぷらよりおひたしの方が好きです。これもずいぶん大人になってからだったなぁ。



 一般的に「スピーチとスカートは短い方がいい」と言いますが、私はそうは思いません

 いっそのことない方がいいかと・・・

                                     寺山修司

[PR]

by livehouse-uhu | 2018-02-22 15:32 | Comments(2)  

Commented by 凸ヤマ at 2018-02-23 00:24 x
今となっては慙愧の念に駆られるが、
不覚にもタラップで吹いたw
Commented by livehouse-uhu at 2018-02-23 15:23
この手の「釜石でしか通じないダジャレ」は割と成功率高いよな。

でも本当は前振りにツィッギーを出したところがだな・・・。

<< 吐きそう いやしい春 >>