オラは知ってたね

 ブログに書いたこと(それが必ずしも予想じゃなくても)が(たまたま)当ったり実現したりして「ほ〜らね」と慧眼を自慢するというのはあまり格好いいものじゃないが、オラが(大躍進した立憲民主党の)枝野幸男氏を「間違いのない日本語を話す」「この非常時で突然の会見や発表も多い訳だから尚更立派」と評価したのは、あの東日本大地震津波の直後、官房長官を務める旧民主党が日本中からボロクソに言われていた2011年3月31日である。

 誰も彼もが「なんなんだよこいつら(菅さんを筆頭に)言い訳ばっかりしやがって」と責めていた時だ。

 ほ〜らね。・・・ちょっと格好悪いぞ。

[PR]

by livehouse-uhu | 2017-10-24 08:43 | Comments(0)  

<< 台風一過、当落悲喜交々II 面倒だというただその一点 >>