オラだって(誰だって)いろんな人に笑われてきた

 やだな。書きたくない。じゃ書くなよ。しかしなぁ・・・。

 とんねるずの特番で30年前のネタである保毛尾田保毛男が登場した。LGBTの団体や個人から抗議があり、局の社長は謝罪、広告主の一部は降板するという。

 うむ。テレビ局が無神経なのはまったくその通りだと思うが、このなんだかはっきりしない気持ちは何だ。LGBTがなんら恥じることのないものなら、お笑い番組で茶化されても問題ないんじゃないだろうか。

 漫才師の「ラグビー部ってバカばっかりだよな~、年中頭打ってるから」というネタにラグビー協会はたぶん抗議しないだろう。最近ではハゲもチビもゆるされないが、デブはどうだ?メイプル超合金やサンドウィッチマンのネタに、肥満の人達は抗議するだろうか。

 「それとは話が違う!」という大きな声が聞こえそうだ。「傷つく人がいるんだから」「この時代に」「少数者を嘲笑している」。

 だが、オラの友達のゲイは「いやぁ久しぶりに笑った」と言っていた。受け止め方は様々だろう。「絶対に許されない!」と力まれると考えてしまうんだよ。でもまぁこれくらいでいいや。オラには振りかざす正義などないし、少しだけ息苦しいっていうだけのことなんだ。

 「タブーの多い社会ほど原始社会である」~筒井康隆                   

 

[PR]

by livehouse-uhu | 2017-09-29 22:03 | Comments(0)  

<< オラだって(誰だって)いろんな... ある一日III >>