美しい十代

 基本的に(?)、ラブソングもラブコメディも嫌いなオラにとって、ABBAの「WHEN I KISSED THE TEACHER」はみつはしちかこの「小さな恋のものがたり」なのだ。  

 あらがうことの出来ない真実が、この世にはある。

 恐ろしくも恥ずかしい発言だが、事実は事実だから仕方がない。

 逆説的に(?)、口先だけのいい加減なラブソングやラブコメディには今まで以上に厳しいからそう思え。  

 何の評論家だよ。

[PR]

by livehouse-uhu | 2016-06-12 02:31 | Comments(0)  

<< アテンション テールライトⅢ >>