星の声が届く

 今日は(まだギリギリ今日だよな?)昼からアイドルイベントで、若くて可愛いらしい子ばかり見ていたのはいいのだが、やはりなんとなく気疲れしてしまい、夕飯もろくに食わずとっとと寝てしまった。

 ところが日もかわらぬついさっき突然目が覚めて、星も月もない安倍川でわざわざ霧雨に濡れて立っていたら、いつもの23:23静岡停まりの最終新幹線こだま号がやって来た。

 つくづくお前とは縁があるんだな。なんだよ、慰めてくれているつもりかい?ありがとう。

 想いはいつだってすれ違い、誰のせいでもなく遥か宇宙に消えてゆく。

 メールも電話も本当の気持ちなど伝えはしない。みんなわかっているのに怖くて気付かないふりをしているんだろ?

 もちろん抱き合ったって同じことなんだけれど。

 長距離トラックのテールライトを眺めながらもう少しここにいよう。どこか時空の彼方からメールがあるかもしれないからね。

[PR]

by livehouse-uhu | 2016-05-29 23:50 | Comments(0)  

<< 星の声は届かない 勝った >>