まだ桜が満開

 遠野の食堂に、かっぱの忘れ物が置いてあった。「きっと取りに戻って来てくれると思うので、どうか持って行かないでください」という注意書き。

 それは、緑色でてっぺんに白いお皿が描かれた工事用ヘルメット。復興のため隣町遠野の建設業者さんが結成し、釜石で、大槌で、獅子奮迅の活躍をした「かっぱ工事隊」のヘルメット。

 かっぱ工事隊は、ここで定食をバクバクと食べ、仙人峠を越える道路を開き、震災後のクリスマスにはかっぱのサンタクロースになって子供達を笑わせたのだ。

 ありがとう、ありがとうかっぱ工事隊。オラもあなた方と同じこの店でたぶんあなた方と同じ定食を食べました。だってメニューがめちゃくちゃ少ないですもん。

 遠野かっぱ工事隊隊員のあわてんぼうのかっぱさん。いつかヘルメットを取りに来ますか。久しぶりに訪れた食堂で、「あ、オラのヘルメットだ」と思っても、何事も無かったかのように「ごっつぁん!」と言っていつものお仕事に帰って行くのですか。

 ありがとう、かっぱ工事隊。はっ!?もしかしたらあなたは、建設業者さんの姿を借りた本物の・・・。

 だからずっと取りに来られないのですか?
[PR]

by livehouse-uhu | 2015-04-20 17:06 | Comments(0)  

<< 釜石あるあるⅢ 明日の午後には >>