港が見える丘

 浜松から来た二人組が、昭和歌謡を歌っている。

 なんて、なんて、素晴らしいんだ。心のこもった本当の歌。

 泣けてくる。みんな、頑張ろう。いい歌はいっぱいある。諦めなくていい。必ず、時代は変わる。音楽とは無縁のイカサマは、いつかきっとなくなる。信じよう。歌の力を。魂を。



 たくさんの人を魅了し 演奏するギターマン 

 ショウをひとり占めする ギターマン

 君を泣かせ しんみりさせ それから元気づける

 ギターマンは駆り立てられ 演奏する場所を探し 長い旅をする

 毎晩君のために ギターを弾く ラジオから流れる音に 君は耳を傾ける

 ギターマンが街にやって来た 君は思う 彼のバンドに入りたい

 そして一緒に歌いたくなる どんな歌なのか 全部知りたくなる

 彼のメッセージが いつか自分のものになり 君は一緒に過ごす

 彼が何故駆り立てられ じっとしていられないのか それは誰にもわからない

 やがてライトが明滅し 音がかすかになってゆく 声が震え 人ごみはまばらになる

 ギターマンはまだ気付いていない また別の場所を見つけなければ

 そう 弾き続けなければ またどこか別の場所で

 ギターマン 弾き続けなければ ギターマン 弾き続けるんだ ギターマン

                         「ギターマン」~ブレッド

[PR]

by livehouse-uhu | 2015-03-05 20:36 | Comments(0)  

<< 匿名の投書 ラグビーへの招待 >>