研ぎ澄まされた

 オラにとって「かっこいいもの」とは「機能的なもの」である。

 どんなに優れたデザインでも「みてくれだけのもの」には心が動かない。

 F1マシンにしろ、MotoGPのバイクにしろ「かっこいい」と感じるのは、それが究極の機能美だからだ。多くの武器や兵器が(使い道がどんなに嫌いであれ)どうしようもなく美しいのは、それが「機能しか持っていない」からだ。

 そういう意味では野生の動物の美しさも同じだろう。ただし深海魚やジャングルの奥地の昆虫などには、時々「それどんな意味があるんだよ!?」とツッコみたくなるデザイン(?)のもいるが。

 バンドの場合、自分達の音楽を聴かせるために「ただ音を出す」以外の装飾も施す。ステージ上のパフォーマンスも重要だ。ただしそれは「ただ音を出す」ことをした上でのことだと思うんだ。

 「音ですべてを表現しろ」とは言わないが、口パクを自ら得意げに公言したり、どう見ても誰も弾いていないPVが本当に「クール」かなぁ。

 オラが古いんだろうな。

[PR]

by livehouse-uhu | 2015-01-11 17:47 | Comments(0)  

<< 拷問の一種 御指名 >>