宝物は砂に埋もれた

 毎日が同じで かと思うと毎日が事件で

 何にもなかったようで 何でもあったのかな

 まわれ まわれ 僕らの世界よ

 歩道橋駈け上り 見た夕日に 未来を浮かべてた

                「秘密基地」~七瀬美菜

 だめだなぁ、もう年を取りすぎて涙腺が緩い、というより崩壊状態だ。

 国道283号線を跨いで小佐野中学校へ向かう歩道橋の上でいつまでも話をした。秘密基地は甲子川を越えて山の中にあった。海はどこまでも藍色で、自転車さえあればどこにでも行ける気がした。

 先日、夜中に高校時代のラグビー部キャプテンから着信があり「これを聞いたら電話をくれ・・・」という伝言が入っていた。嫌な予感がする、というより(もしやまた誰か、まさか監督?)と嫌な予感しかしない中、折り返し電話をすると。

 「おあ~、なにしちやオメ、早ぐこう。みんな飲んでらぞ~、ちょっと待で、今S川先生ど代わるわ」

 それから5人ほど電話を代わったのだが、全員何を言っているのか(というか誰なんだ。誰も名乗らない!)よくわからなかった。相変わらず良く飲む連中だなぁ。きっとマンボウやらクジラやら食ってるんだろうなぁ。

 あやうく「お~、今がら行ぐがらちょっと待ってろ」というところだった。思えば遠くに来たもんだ。

 秘密基地は、もう壊れた。オラは、このぼろアパートで生きて行く。友達は、愛と勇気だけじゃない。オラが作ったつまらない歌が一緒にいてくれる。

[PR]

by livehouse-uhu | 2015-01-09 21:58 | Comments(2)  

Commented by JIMMY at 2015-01-09 22:16 x
秘密基地ならUHUがあるでしょ?別に秘密じゃないけど。
ボスが私たちのために作ってくれたんでしょ。

本当にありがとうございます。
Commented by しんや at 2015-01-10 10:14 x
JIMMYちゃん、こちらこそありがとう。オレは場所を見つけただけで、UHUを素敵な秘密基地にしてくれたのはJIMMYちゃんはじめ素晴らしい音楽を持ち寄ってくれたみんなだけどね。「大事なものひとつ持って集合だ!」(秘密基地)~七瀬美奈

<< 長い道程 ペンも楽器も >>