要らんことばかり考えるII

「笑いあり涙ありのラブコメディ」と聞いて「頭悪いな・・・」と思うオラがひねくれているんだろうか?
[PR]

# by livehouse-uhu | 2018-12-12 23:38 | Comments(0)  

要らんことばかり考える

ねぇねぇみんな、厚切りベーコンって申し訳ないけど違くね?薄切りでカリッと焼いたヤツより美味しいか!?
[PR]

# by livehouse-uhu | 2018-12-12 23:34 | Comments(0)  

カツカレーを何で食うかというモンダイ

 いや、「何のために食うか」「何故食うか」というような本質的「問題」ではなく「何を使って食うか」という「モンダイ」。

 浜松オートレース場カレー食堂では昔懐かしい「先割れスプーン」がついて来る。あの給食で使われて「犬食いになる」と「モンダイ」になったヤツだ。それはまさしく「問題」だが、実はオラは給食を経験したことがないので案外悪い印象を持っていない。カツカレーにとっては帰納的・・・じゃない機能的だよな。カツは突き刺し、ライスとカレーはすくえる。

 ちょっと気取った(?)カレー屋では「スプーンとフォーク」が両方ついて来る。まあ確かに便利だが持ち替えるのはめんどくさいよね。慣れるとスプーンだけでもカツ(普通切ってあるから)は食えるし、まさか両手に持つわけにはいくまい。

 そこでオラはカツカレーには「箸とスプーン」だと思うんだよ。箸でカツをちょっと食い、左手のスプーンでライスとカレーを・・・両手使ってんじゃん!?お母さんに怒られるぞ。

 え、「フォークのみ」っていう選択(お店)があるの?それはどうかな~。ははぁ、近頃では有名になった金沢のゴーゴーカレーか。なるほど日本の米は粘度が高いし、金沢カレーはどろっとしていて濃い。そしてキャベツの千切りがついているから「フォークのみ」ってのは理屈に合ってるかも。

 老舗のレストランでも「フォークのみ」というところがあるらしい。そちらの担当者によると「ヨーロッパでは、スプーンはスープに使うものとされ、肉や野菜などにはフォークを使います。コメは野菜に分類されるため、カレーライスもフォークを使うのが正式なヨーロッパ式。当店は・・・」

 うっせぇよ、くぬやろめ。

[PR]

# by livehouse-uhu | 2018-12-10 12:47 | Comments(4)  

身体が痛む月曜日

 ギシギシする。布団から起き上がってトイレに行くのに2〜3分。食欲ゼロ。大好きなナイツの漫才が見たくない。あ、ナイツ好き初告白か?何故あのネタに引っかかる(まさに釣られる)のか自分でもよくわからん。

 外は曇り空で寒い。晴れている方が寒いか曇っている方が寒いかが「暖かい地域」と「寒い地域」(例えば岩手と静岡)の違いだと思う。もっと寒い北海道とかロシアの都市なんかだと「今日は雪が降っているから暖かい」なんて言うのよ。静岡県民には考えられないだろうけど。

 まず風呂、それから無理矢理でも何か食べないと。こんなにしんどい毎日でもやってることを単に事象として書くと温泉旅館に泊まった時と一緒なんだな。平和な国は日々幸せってことか。みんなワガママなんだよ。あ、オラもね。

 幻影旅団に入るにはどうしたらいいんだろう。今夜、歌おう。

[PR]

# by livehouse-uhu | 2018-12-10 10:49 | Comments(0)  

心が痛む木曜日

 反応してしまうニュースの多い日だ。

 ダイナマイト・キッド死す。ステロイドと暴力に生きた男。金しか頭にない人間から見たらまさに破綻者であり失敗者であり敗者かもしれない。自らのDVが原因で妻と離婚し、筋肉増強のために使い続けた薬物と過激な試合の影響で晩年は孤独な車いす生活。人生として讃えるべき点はないと思う人もいるだろう。

 それでもなおオラは忘れない。史上最高、最強、そしてもっとも輝いたレスラー、ダイナマイト・キッドと、彼が残した戦いの軌跡を。キッド、キッド、お疲れさまでした。大好きだったよ。憧れだったよ。ゆっくり休んでください。合掌。

 米海兵隊岩国基地のFA18戦闘攻撃機とKC130空中給油機が墜落した。乗員7人のうち5人の行方が分かっていない。米軍や自衛隊、海上保安部が必死の捜索、救助にあたっている。

 日本を守るために訓練をしていた同盟国の軍人の事故。もちろん何らかの油断や傲りがあったのならそれは後に当然調査され糾弾されなければならない。けれども、墜落はまだ今日の出来事で、なおかつ生死のわからない乗員がいるこの状況で、何故その安否が最優先で報道されないのか。アメリカの軍人など人間じゃないとでも思っているのか。

 「米軍機は11月にも墜落事故を起こしたばかり。相次ぐ米軍機のトラブルに、基地周辺の住民や墜落現場付近で操業する漁業関係者たちには不安が広がった」「現場の海域周辺は、高級魚のキンメダイの漁場」この記事を書いた新聞社の記者に人間の心があるだろうか?

 キンメダイ?ああ、高級魚だ。煮付けが美味い。日本の海の宝物だ。けれどもオラは、同盟国を守るために大切な若い息子を極東の島国に送り出したアメリカのお母さんに、こんな新聞を絶対に読ませたくはない。

 泣けてくる。

[PR]

# by livehouse-uhu | 2018-12-06 14:48 | Comments(0)  

力尽きたか

 思えば突然「ほぼ日刊ボスの秘密部屋」宣言をしたのが2009年の正月。それまで月1かまあ2〜3投稿していたのを「中身はともかく一応毎日」書くことにして、たまに抜けても月30ペース、多い月は100以上書いてきた。

 それが難しくなったのはやはりてっちゃんがいなくなったからだ。ここ何ヶ月かは隔日ペースで、どうもさらに落ちる事はあっても復活する可能性は低い。金さえあればいつでも仕事を引退して毎日他人の悪口を書くのだがそうもいかない。

 想像もつかない額の金をごまかして捕まっている人はいったい何がしたかったのだろう。何かよほど欲しいものかやりたいことがなければ辻褄が合わないではないか。それとも初めから辻褄もクソもなく金自体が目的だったのか。

 え〜、よく知っている可愛い女の子がAV女優になりました。業界期待の超新星だそうです。ありそうで今までなかった経験です。ありそうかな。

 先日、某ピアノ弾きかくれみのが、酔って白いブラウスの胸のあたりをロコモコ丼のデミグラスソースまみれにして仰向けにひっくり返っていて、思わず「洋風女体盛り・・・」というフレーズが浮かびました。内容はともかく組み合わせとしてとてもインパクトとヒューモア(?)のある言葉だと思いました。

 以上です。

[PR]

# by livehouse-uhu | 2018-12-04 10:01 | Comments(0)  

サヨナラ「ホモのかっちゃん」

 かっちゃんこと勝谷誠彦さんが死んじまった。オラよりひとつ年下。

 尼崎の立花駅前にある勝谷医院の息子さんだそうだが、オラが南武庫之荘に住んでいた頃、その近くに大きな釣具屋があってよく見ていた。

 なんでも決めつける物言いをするから賛否はあったが、オラはとにかく「どちらにも偏らない」姿勢が立派だと思っていた。右翼だろうが左翼だろうがおかしなものはおかしいのであって、今の日本の政治活動、あるいは思想行動のダメなところはイデオロギーに凝り固まって「〇〇がやっているから全部ダメ」となるところだと思う。

 どんなに左寄りの立場から見ても安倍首相の政策が「全部」間違っているはずはない。なのに「全部ハンタイ」。どんな保守的な人間から見たって小池共産党書記局長の発言が「全部」狂っているはずがない。なのに「全部論外」。こういうところがすでに自家撞着なのである。

 かっちゃんは自民党だろうが民主党だろうがアベちゃんだろうがツジモトさんだろうが関係なかった。産経新聞でも朝日新聞でも「おかしなものはおかしい」。

 月刊誌に連載していた築地をどり、笑いましたよ。「朝日にもいいところはあったりする」。名言でしたね。若すぎる。無念、残念。ずいぶん苦しんだらしい。胸が痛む。合掌。

[PR]

# by livehouse-uhu | 2018-11-28 13:03 | Comments(0)  

普遍

 ストフェス初日あたりからなので、ここ四日間ばかり鼻血が止まらない。まあ谷岡ヤスジさんの漫画(誰も知らないか?)みたいに「ブーッ!」と吹いたりする訳ではないのだが、身体の奥が生臭いような気がしてティッシュで鼻をかむと真っ赤になっている。飯を食いながら読んでいる人がいたらすまぬすまぬ。そういう諸注意は最初に書けよ。

 頭の中をずっと同じ曲が流れていた。「なんだっけ、誰の曲だっけ」とイライラしていた。思い出す手掛かりとして曲の雰囲気からおよそのあたりを付けるのだが、どう考えても身近なミュージシャンの曲とは思えず、クラシックかあるいは幼い頃に聴いた海外の名曲みたいな気がするのに曲名が出てこない。

 突然「僕らの未来は」という歌詞が蘇り、愕然とした。かくれみのの歌だった。

「今回だけは勘弁してやる・・・」などと力なくつぶやいて今夜は寝る。その前にミカンと梅干を食おう。冬はすぐそこだ。

[PR]

# by livehouse-uhu | 2018-11-28 01:20 | Comments(2)  

青い空の真下で

 UHUのライブハウスステージは地下だけどね。

「ストリートフェスティバル」最終回。

 朝8時入り、豚汁とカレーを仕込んで準備、休憩なしひたすらライブと転換とカウンター業務と調理、最後に掃除と片付けが終わるのが22時。2日連続。

 ボランティア、と言えば聞こえはいいがそんなもんじゃない無報酬お手伝い軍団もご苦労さま。助かったよ。このお礼はいつかしないから。

 さまざまなバンド、ユニット、弾き語り、めちゃ上手いのも格好いいのも思わず笑っちゃうような初心者も鳥肌が立つようなすごいのもみんな楽しかった。とにかく音楽が好きで楽しくやっていれば誰でも公平に同じステージに立てるイベント。

 ま、中にはいきなり「録音はともかく静止画も動画もお断りです。顔出しNGなんで〜」という方もいらっしゃったけどね。はじめはネタだと思ったら大マジであった。それなら「ストリート」フェスには向いていないんじゃ・・・。

 19年続いたイベントも今年で終わり。主催者さん、スタッフさんもお疲れ様でした。終了後、ゴミがまったく落ちていない青葉公園があなた方に感謝しています。

 さ、残念ながら売れ残ったイクラほっき節醤油漬けでメシでも食おう。え、お前(オラ)「ストリート」フェスでそのメニューが売れると思ったのかよ・・・?

[PR]

# by livehouse-uhu | 2018-11-25 10:33 | Comments(2)  

哀れ貧しき者よII

 100億円あって50億円ごまかそうとする人間は乞食だと思う。

 ゴーン氏について次から次へと出て来るさもしい話にはウンザリするが、それにくっついて散々いい目をみたはずの連中が正義の味方面をするのも情けない。かつて空港やらなんやらでサインをねだっていたサラリーマンが、今頃同僚に「ずっと前から胡散臭いヤツだと思ってたよ」なんて言っているのだろう。

 かくいうオラだって今になって「あの顔はロクなもんじゃねぇ」などと書こうとしてやめている。先月書いとけば良かったけどね。あ、これは書いたことか?

 要するに「知らん人」のことなのだ。冒頭の一行も無関係な部外者の単なる感想に過ぎない。

 悲しい報道があった。ゴーン氏が家族で行っていたという庶民的な焼き鳥屋さんがTVに映され、店主が壁の写真などを指して「立派な人だと思っていたのに」とインタビューに答えているのだ。

 焼き鳥屋さん。ゴーン氏はお客さんとしてあなたの店に来てくれてたんだよね。家族や仲間を連れて。しょっちゅうだったみたいだから味や雰囲気が好きだったんだろう。もちろんお金を払ったはずだ。

 たとえその後に何があろうとも、いや、そもそも何があったかまだ明らかになっていないのだが、偉いも偉くないも金持ちも貧乏人も関係なく、あなたの店を愛してくれたひとりのお客さんについて突然ドヤドヤと現れ「どんな人でしたか」「何を注文しましたか」とマイクを向ける連中から守ってあげられませんでしたか。

「ニュースは知っているけどウチの大事なお客さんです」と取材を断れませんでしたか。

 なんだか悲しくなる。

[PR]

# by livehouse-uhu | 2018-11-22 10:03 | Comments(2)  

調和と混沌

 新静岡から御門台まで静鉄電車で230円およそ15分。電車はちびまる子ちゃんの特別仕様で車内放送はまるちゃんだった。ラッキー。

 懐かしい古庄から県総合運動場までの車窓は晴れた秋空に真っ白な雲とそびえ立つ富士山がくっきり。超ラッキー。

 電車を降りて少し歩くと住宅街の中にあるカレー屋ロストコーナー。一見、普通の家。入る前にあの味を思い出して少しため息が出る。今日の限定カレーは辛口カシミールだが、たまにしか来られないのでここはポークビンダルーだよな、うん。

 何かイベントか用事があったらしく店主は留守で、弟さん(?)がやっていた。逢えずに残念だったが仕方がない。

 とにかくこの味である。ホヤとかイクラ、ウニ、松茸や栗と違って、自然の中にはないこの味を人間が作ったのだ。いろんなスパイスを混ぜ合わせて。信じられない気持ちとともになんだか泣きたくなる。

 例えばオラはロザリンドの音楽を聴くと同じように楽しいんだか嬉しいんだか悔しいんだかわからなくてやっぱり泣きたくなる。オラにはどんなに頑張っても一生無理だ。とても手の届かない別の世界の才能を持った人達。

 でもオラは(オラ達も)それを味わえる。そういう人達のおかげで。まぁそれだけでいいや。

 また230円15分で静岡に戻って来た。さ、セリを洗っておひたしでも仕込むか。今夜はセッションディだ。

[PR]

# by livehouse-uhu | 2018-11-20 12:28 | Comments(8)  

哀れ貧しき者よ

 7億円の報酬を貰って自分が会長を務める会社の金を私的に流用する人間は貧乏人だよね?
[PR]

# by livehouse-uhu | 2018-11-19 20:35 | Comments(0)  

スパイスと妄想

 ダムカレーですか。

 うん、お気付き(?)のようにこの男(オラね)は順調に(?)文句を言おうとしているの。

 まあそれでももちろん「こんなことすんなよ!」とまなじりつり上げ両手を振り回して抗議するほどのことじゃないのはわかっています。ただ「自分ならやりたくないしあまり食べたくもない」ってとこかな~。食べ物を美味しく見せるための「盛付け」というのとはちょっと違う気がするんだよね。小さい頃から食べ物で遊ぶとこっぴどく怒られたし。

 黒部ダム(行ったことがない!行ってみたい!!)のレストハウスで人気、位だとなんとも思わないが「全国で続々建造」とか言われると何故か「ケッ」となってしまうめんどくさい性格(オラね)。

 あ~、妄想で作っている「ジャイアン」のカツカレーが食いたい。なんとあの(!?)超絶品超弩級カレー屋御門台「ロストコーナー」のオーナーさんとも親交があるらしい。美味いモノは美味いモノを呼ぶ。職人は職人を知る。

 やっぱりどうも「見た目」や「量」(とんでもない大盛とか)だけで話題になる食べ物は好きになれない。

[PR]

# by livehouse-uhu | 2018-11-16 16:11 | Comments(2)  

吊り橋渡れ

 下山した。

 年寄りや若いのや頭のいいのや大バカなど雑多な19人はとにかくすべてを忘れ、しかしゴミの分別と処理だけは人間として決して疎かにせず無事文明の中に戻って来たのだった。

 最高の盛り上がりは居酒屋大将ゆうちゃんのTHE BLUE HEARTS「ガンバレって言ってやる聞こえるかいガンバレ〜!」、一番のアホは東農大OBしょうニャンの「雑におっぱい見せてって頼んですいませんでした」、なによりの驚きは元きこりのダンサーはやくんの「倒木は全部炎にします」、締めの一言は南アルプスにピアノをかついで登ったかくれみのの「(朝霧高原のレストランで肉丼を食べながら)食べてる途中で昨夜から今朝まで肉を焼いていたことを思い出したんです」であった。

 みんなまた日常と仕事に帰っているのだ。

 真夜中、焚き火から遠く離れた斜面に◯◯⚪︎◯をしに行ったら和服の女性がオラの横を通って「楽しそうですね・・・」と声をかけた。こんな草叢の中じゃ歩きづらいだろうと思っているうちにもう見えなくなり、その先は山の中腹に暗く小さく開けられた防空壕のようなトンネルで、入り口は鉄格子で塞がれ南京錠がかかっているのだった。

 大東亜戦争の頃、この山間の小さな部落はどんな暮らしをしていたのだろう。

 星も富士山もまったく見えなかったが、戦時を生き抜いた方々に心からの感謝を。平和を守る強い意志と誓いを。

[PR]

# by livehouse-uhu | 2018-11-15 10:19 | Comments(0)  

願望?

 時事ネタと夢ネタを封印していた時期があった。まあ大した理由ではないんだけどそれはそれでひとつの自分ルールだったのだ。

 読んでいる人もそれほどいないんだしどうでもいいや、と開き直ってからも割合は少ない。特に夢ネタの方は「どんなにファンタスティックでスペクタクルな夢でも他人の夢の話はつまらない」という鉄則を正しいと思っているからだ。

 稀有壮大な夢を見るからといって稀有壮大な人間だなんてこともまるでないしな。それを人に聞かせて自分はこんなにスケールの大きい想像力の持ち主です、とアピールしようとする行為はまったくもってスケールが小さい。

 さて、逆に異様にせこいというかちっぽけな夢を見てこれを書いている。あまりのつまらなさに驚いた。

 UHUのカウンターには袋菓子が置いてある。おつまみになるチーズクラッカーとかさきいかとかポテチなど、売上はトーホグや他の被災地への寄付になる。その中で人気があるのが味付けうずら玉子だ。しょうゆ味のうずら玉子が細長い袋に4〜5個入っていて、なかなか美味しくビールによく合う。

 今朝方、夢にその味付けうずら玉子が出てきてさ、それが何故かみそ味だったんだよ・・・。パッケージにはご丁寧に「新発売!」とか書いてやがんの。いや〜、あきれるほど無意味でスケールの小さい夢だな。

[PR]

# by livehouse-uhu | 2018-11-08 09:21 | Comments(0)