パブロフの犬

 中華風だしの素で作ったたまごスープとかコンソメの素で作った野菜スープとかに「白胡椒」を振った時、ふと入ってもいない豚肉の煮える匂いがするだろ?

 あれ、錯覚だから。あくまで気のせい、というか頭の中でセットになっているんだな。

[PR]

# by livehouse-uhu | 2017-05-31 21:00 | Comments(0)  

栄枯盛衰

 いつも買い出しに行くマムからの帰り道に、寂れた、というかとっくにつぶれた模型屋さん(の空き家)がある。

 道路に面してガラスのショーケースがあり、そこから見えるのは立体的なコースの残骸。その窓には「ミニ四駆ジャパンJrサーキット」の文字。

 大ブームだったあの頃(80年代後半)、子供達の歓声でどれほど賑わったのだろうか。マグナムセイバーが、トライダガーXが、ピークスパイダーが、レイスティンガーが、ここを駆け抜けたのだ。

 モーターの焼ける匂いがするようだ。

 
 
 夏草や 兵どもが 夢の跡

                 松尾芭蕉

[PR]

# by livehouse-uhu | 2017-05-30 16:00 | Comments(0)  

知識と感性

 詩集には必ずと言っていいほど付いている「注釈」ですが・・・要らないと思いません?まあ詩に限らないんだけど、特に詩で気になるの。

 短い詩だとなおさら。ほんの数行に「注1」「注2」とか「*1」「*2」といくつも付いているとなんだか興ざめ。

 宮沢賢治の「春と修羅」には確かに難解な言葉が頻出する。中には方言や地名もあり、初めて読む人には親切かもしれない。けれど、どちらにせよ1回や2回(3回や4回や10回や100回)読んで理解出来ます?アレ。

 たとえば「小岩井農場パート三」の次の部分。

 やつぱり好摩にあたるのだ

 どうしたのだこの鳥の声は

 なんといふたくさんの鳥だ

 鳥の小学校にきたやうだ
 
 雨のやうだし湧いてるやうだ

 居る居る鳥がいつぱいにゐる

 この詩の「好摩」に(注1・岩手県盛岡市ににある地名)と注釈を入れる必要がありますかね?オラは岩手県人だから名前は知っているが、ここで好摩が岩手県にあることがそんなに重要だろうか。

 そして、今は「もし調べようと思ったら」この手の中の小さな箱でいくらでも調べられる。君がそう思うなら、だよ。

 注釈、要らないなぁ。

[PR]

# by livehouse-uhu | 2017-05-29 21:35 | Comments(0)  

せっかち

 日が長くなった。6月21日の夏至までの間、まだまだ昼は伸びて行く。暑い。

 蝉、まだか。お~、毎年毎年書いているがたぶん2006年11月に「BOSSの秘密部屋」が始まって以来最も早い「蝉、まだか」だな。

 調べたら・・・2013年5月9日に「蝉、まだかな」と書いて「そりゃまだだよな。いくらなんでも」と自分でツッコんでいた。

[PR]

# by livehouse-uhu | 2017-05-29 18:47 | Comments(0)  

まぁみなさん、きいてください(懐かしいなぁ)

 これは決して非難や批判ではなく、などと書く前にいちいち言い訳しなければいけないこと自体普段からいかに文句ばっかり書いているかという証拠なんだけど・・・オラが悪いんじゃない!オラにぼやかせる世の中が悪いんだい。お前(オラね)は人生幸朗師匠か。

 「君の微笑みが世界を変えるスマイル」なんていう歌詞が平気で書かれてヒットしているんだからなぁ。なんだよそりゃ。この歌、全体も相当陳腐だがとにかくこのフレーズにあきれてしまう。「君の棒が相手を叩くスティック」とか「君の靴は歩くためのシューズ」とか言ってるようなもの・・・違う違う、こんなことを書くつもりじゃなかったんだ。

 あのね、近所に「オラは絶対入らないだろう」と思う店名とインテリアの店があるの。だからこれは腐しているんじゃないのよ?オラは好きになれない、というだけ。「わ~、素敵な名前のお店~!」と思う方はどうぞどうぞ。あ、書き方に悪意がある?とんでもないです。

 で、そこの看板(よくある手作りっぽい、チョークでちょっと絵なんか描いてあるヤツ。ひ~)に「カワイイをあつめたディナー・・・」というメニューがあったんだ。

 うむ。オラは別に(ディナーに限らず)飯に「カワイイ」は要らないな。と思いましたとさ。カワイイ食い物が好きな方はどうぞどうぞ。食べちゃいたいほどカワイイとも言うしな。

[PR]

# by livehouse-uhu | 2017-05-29 13:07 | Comments(0)  

キャッチ&リリース反対

 豚タンが好きです。

 という風に書いた後「いやまあ世の中のすべての食い物が好きなんだけど・・・」と続ける芸風なんだが、やはりそこには豚タンだから成立する理由がある訳で、そこがステーキだったりラーメンだったりしては当然成り立たないよね。

 釣ったイカを美味しく食べるために「しめる」動画に「かわいそう!」「動物虐待」などというコメントを入れるようなバ〇にはわからないだろうなぁ。

 

[PR]

# by livehouse-uhu | 2017-05-28 18:58 | Comments(0)  

居住性

 オラは防衛に関してもいわゆる自衛隊の装備に関しても「単なる街のオタク」であって、もっとはっきり言えばただの素人だ。10式戦車を紹介する動画を観、海外の反応やら専門家の意見を読んで「う~む、なんだかわからないがとにかくすごいや・・・」と唸るくらいが関の山である。

 精神的には日本の守護神自衛隊に感謝と尊敬の念をいつも持っているが、豊富な知識を基に「国土防衛はこうあるべき」とか「10式戦車の性能や戦略的価値」を語ったりは出来ない。

 しかし世の中には何の分野でもその道の達人がおり、そういう人の書いたものを読んでいろいろと考えることはある。10式に関しても「なぜこれほどまでにすごいのか」という論から「役に立たない欠陥品」という説までた~くさんあるのよ!なに急にその言葉遣い。

 「エアコンがない」「ウソだ」「装甲が薄い」「最新のモジュール装甲の秘密を公表する訳ね~だろ」とまるで「朝まで生テレビ」みたいになっている。どっちが本当なんだ。

 ことに問題なのはエアコンだな(え?)。だってさ、1200馬力のV型8気筒ディーゼルエンジンだよ?中は暑いだろ~。まさかエアコンがないなんて。ある人は「左翼評論家が流したデマだ」と言っている。そうであって欲しい。

 付いているとしたら「霧ヶ峰」だろ。三菱だから。「ただの素人」って謙遜じゃなかったのね・・・。

[PR]

# by livehouse-uhu | 2017-05-27 13:44 | Comments(0)  

歌を蹂躙するものⅡ

 勇気を持って歌うこと。ミュージシャンに出来るのはただそれだけだ。本当は、歌うことに勇気なんか要らないはずのに。歌は歌でただの歌でしかないのに。いったい誰が宗教や政治で歌を殺そうとするのか。

 けれど歌は負けない。卑怯者達よ、ケンカを売る相手を間違えたな。

 Manchester, Always on your side.

[PR]

# by livehouse-uhu | 2017-05-27 12:28 | Comments(0)  

歌を蹂躙するもの

 悲しいというより、あまりのことに心臓が苦しくなる事件が次々に起こる。これではもう世界中が局地的戦争状態ではないか。

 ある種の宗教に支配された人にとっては異教徒が集まって誰かの音楽を楽しむなんて許せないのだ。それは悪行の結果手にいれた快楽であり、そこにいる恋人達も家族連れも憎むべき敵。いつまでもテロはなくならない。

 自らのコンサートで自爆テロを起こされたミュージシャンの気持ちはいかばかりか。彼女には何ひとつ責任はないのに。心中を思うと涙が出る。

 安倍川の土手には今日も風が吹き、河川敷のグランドでは商業高校の女生徒達が体操をしている。

 女性の権利を声高に主張する進歩的な団体の方々が、女性だけが◯◯をしてはいけないなどという女性差別女性蔑視だらけの教義を持つ宗教に対してまったくダンマリを決め込む合理的な理由がオラには見つからない。

[PR]

# by livehouse-uhu | 2017-05-26 11:51 | Comments(0)  

失敗は成功のもと・・・じゃないよな

 普通だと痛くて我慢出来ないような怪我が酔っててよく分からないってこと、あるでしょ?精神的にも同じようなことって、あるよね。

 で、後で見たら「うわ〜、なんだこれ!?」なんて。

 せめてもの慰めはすべて「自分の責任」だってことだな。



[PR]

# by livehouse-uhu | 2017-05-24 23:47 | Comments(0)  

人類は進歩し、調和しない

 気が滅入る事件が多くて「身近なボケ」を書きづらい。いったいどうなっているんだこの世界は。

 今日は1日自転車で外回り。汗をかいて走っていると仕事をしている「気分」にだけはなるのだが、落ち着いて整理してみると何も進んでいなかったりする。

 あ~、縄文時代に帰りてぇ。そんなに!?

[PR]

# by livehouse-uhu | 2017-05-23 20:25 | Comments(0)  

追跡

 衛星放送でよくやっている巨大ワニの捕獲作戦やホオジロザメの生態調査なんかで「他に方法はありません」とか言ってわざわざ危険(そう)な濁り水に徒歩で入ったり鉄のケージから出たりする時ってだいたい「他にいくらでも方法がありそう」な場合な。

 まず絵面ありき。あと「人食い動物」は必ず「彼の故郷」に帰される。ヲイヲイ。スタッフが美味しくいただけよ。パリッシュを呼べば。

[PR]

# by livehouse-uhu | 2017-05-22 10:04 | Comments(0)  

先入観で味が変わる男

 近くの某百貨店地下(これじゃみんなすぐわかるだろうが!?)に期間限定でオープンした中華総菜弁当屋さんがなかなかに美味くて安い。中国人のオバサンと、あたしバイトです~とでも言いたげな若い女の子で切り盛りしている。

 中国人のオバサンはもう見るからにという感じで、たぶんこの人が調理をしているんだろう。料理上手いな~。おかずの組み合わせのセンスもいい。弁当がひとつ売れる度に心から嬉しそうだ。

 ところが・・・どうもね、オバサンは袋に弁当を入れるのが苦手らしい。もう開店してしばらく経つのに、ひとつ頼んでもふたつ頼んでもとにかくまっすぐ入らないんだよ。少し斜めになっている。袋の底が狭いとそういう場合があるが、普通に弁当に適した袋なんだぜ?

 なにしろおかずが黒豚酢豚とかエビチリとか汁物系が多いのでこれは困る。かといって「アリガトネ~」と満面の笑みで手渡された弁当をオバサンの目の前で入れ直す訳にもいかない。

 「ありがとうございま~す」と受け取り、手提げではなく底の部分を持って移動し、少し離れた生ジュース売り場の前あたりでまっすぐにする。ふぅ、今日も無事だったか。

 しかし野菜の炒め具合や豚肉のしっとりカリっと食感の素晴らしさから考えると、相当丁寧な仕事をする方だと思んだがなぁ。人には得手不得手があるもんだ。

 いや、ちょっと待て、お前(オラね)「中国人だから」という理由だけで決めつけているけど、実はバイトの若い女の子の方が作っているんだったらどうする?
 
 いやいや、ちょっとちょっと待て待て、その子がバイトかどうかもお前(オラね)の思い込みだろ!?

[PR]

# by livehouse-uhu | 2017-05-21 19:37 | Comments(0)  

花は何も知らない

 静岡駅南、海の近くでヘッドフォンをかける。

 めんどくさいことにこの男(オラね)、イヤフォンも耳に乗せるタイプのヘッドフォンもえんずくて(岩手県地方の方言でニュアンスを正確に伝えることは難しいがまあしっくりこないとか窮屈だとかいう意味)、結局耳がちゃんと入る大きさのモニターみたいなヘッドフォンじゃないと長時間使えない。

 今やイヤフォンでも自転車走行は禁止なので、押しながら店に向かう。そしてそのまま数十分、歩き続けてしまった。タテタカコさんの歌をどうしても途中で止められなかったのだ。

 オラ、真夜中にバイクで夜ノ森(よのもり。福島の地名)に行ったことがある。アレはもう何年前になるのだろう。

 福島第一原発の事故で夜ノ森は帰還困難区域となり、いまだに夜ノ森駅構内やロータリに立入ることは出来ない。そこには真っ赤なつつじの花が咲き乱れているそうだ。

 
   「ふるさと」~タテタカコ


 この歌は、嘆き悲しむ歌でも、誰かを非難する歌でもない。歌は歌で、やっぱりただの歌だと思う。ふるさと。ふるさと。いつか、夜ノ森のみなさんが帰れる日が来ますように。

[PR]

# by livehouse-uhu | 2017-05-20 15:24 | Comments(0)  

初夏もつとめて

 ね、眠い。眠いなら寝ろ。もうすぐ4時だぞ!?

 はっ、そうか寝ればいいのか。こんな簡単なことに気付かず人は思い悩んでいるんだな。ベランダの窓を開けてみる。さすがにまだ明るくなってはいないが、夏の朝の匂いだ。いや、寝ろって。

 鳥の声。

[PR]

# by livehouse-uhu | 2017-05-20 03:54 | Comments(0)