世が世なら戦争

 PAC3が展開されている。

 今朝の新聞ではつまらない芸人のブログを炎上させた連中が
逮捕されたという記事が大きく載っている。

 おいおい、いくらなんでもそんな場合じゃないだろう。

 イージス艦も出撃した。あのねぇ、敵のミサイルを打ち落とす為に
洋上に出て行くのは「出港」って言わないの。「出撃」。マスコミよ、日本語は正しく!

 そして福島党首は「当たらなかった場合」責任を追求する構え。

 え!?誰の!?すごいなぁ、一人でミサイルを発射した国にのりこむのか!

 違うんだって。迎撃できなかったことの責任を追求するんだと。
迎撃したらしたで、ミサイルの破片が民家に落ちたらどうしてくれるとさ。

 ひぇ~、信じられん、あなたの考えでは自衛隊があってはいけないんじゃなかった?
こういうの「マッチポンプ」っていうの?違うな。「羹に懲りて膾を吹く」?ますます違う。
え~とえ~と、だめだ、とても例えが思いつかん。

 街中で突然わめき出して石を投げてくるやつがいる。
近くにいた警察官が身を挺してあなたを守ろうと石の前に立ちはだかる。
石は警察官の額に当たり、壁にぶつかってカケラがあなたの靴をかすった。

 血を流しながら「大丈夫ですか」とあなたに駆け寄る警察官に
「何してんの!靴が傷ついたじゃない!私達は税金払ってんのよ!」
と罵声を浴びせる気か。

 人間に出来ることじゃ無ぇな。 
[PR]

# by livehouse-uhu | 2009-03-28 22:05 | Comments(2)  

雨漏りしそうな空の屋根から

 とても素敵なお月さん出たよ。

 オレは今、斉藤哲夫さんと飲んでいるのだ。
特に説明しなくてもオレの音楽履歴を知る友人は感無量であろう。

 姉に貰った一枚のレコード。
擦り切れるまで聴いたその歌を、今日目の前で唄ってくれたのだ。

 高校の文化祭で唄った歌。
つらい時も一人ぼっちの時も励ましてくれた歌。

 嬉しかった。

 という訳であと10分で売り切れの酔いどれです。

 グッドタイムミュージック。ではまた明日。
[PR]

# by livehouse-uhu | 2009-03-27 23:29 | Comments(2)  

病膏肓に入る

 マイボールを10個持っていてボウリング場のロッカーに入りきらず、
家に何個も置いていた男がいたそうな。

 ある日同居している女性とケンカして、その晩熟睡中に
15ポンドのボールを約1・3m(その女性の肩位?)の高さから顔面に落とされたんですって。

 鼻骨陥没骨折。

 「刺された」とか「首絞められた」の10倍怖くないすか、この話。
[PR]

# by livehouse-uhu | 2009-03-26 17:27 | Comments(2)  

牛と馬とでお見送り

 水曜フォーク村なのだ。

 なんと噂を聞いて三島から来たというお客さん。

 わずか30分の滞在と、たった2曲を唄うために、
仕事の後車を走らせて来てくれた焼津の和食屋の若旦那。

 10年前オレの路上を聴いていた高校生が、
自分のCDを持って東京から青春18切符で。

 いつもの海野っちに中島みゆき唄いのIさん。

 あり!いつの間にか塩ちゃんがZilLとステージに上がってる。
と思う間もなく鳥井さきこが「みそスープ」を唄っている。

 そして。

 やっぱりオレは丸山研二郎の「二人生きてくラブソング」で泣いてしまった。

 まったく野球で泣き、「ほしのこえ」を観て泣き、ピンポンを読んで泣き、
まるで涙腺がバカになったように泣きっぱなしだ。

 それでも無理矢理ビールを流し込んで今日も過ぎて行く。
我侭を言えるほど罪の無い暮らしはしてきていない。
何かを貯めた「豚の貯金箱」は僕の心の中にまだあるのだろうか。

 「恋に遠慮は要らないけれど 遠慮は恋が嫌いです」

                          スーパーフォークソング~矢野顕子・糸井重里 
[PR]

# by livehouse-uhu | 2009-03-25 23:40 | Comments(3)  

WBC特別編Ⅲ・小佐野球場は永遠に

 うちかわ、よぐぞあのあだりば止めでアウトにしたな。
完全に内野手の動ぎだったのが笑うけど。
5年前のセカンド守備思い出したのが。それとも高校時代のショートの気分だったが。

 高校通算41本もホームラン打ってんのに、
県大会決勝で中津工業に完封されで準優勝に終わって甲子園さも行げねくて、
いっつもいっつもいぢばんにはなれねぇ星の下ば歩いで来たけどついにやったな。
おめでとう、オメが世界一の左翼手だぞ。

 い~わくまぁ、まつざがもオメがMVPだって言ってらっけよ。
ただブンブン投げるだげで無ぐ、丁寧にひぐめひぐめさボールあづめで、
まさに日本野球の真髄見だわ。むがし日本に来たホーナーっつう外人が
「日本の野球はベースボールじゃ無ぇ」なんてぬがしやがって、
おらだぢなんぼ悔しい思いしだごどが。
あれがら20年以上経ってオメが全部晴らしてけだ気がするべや。
んだんだ。ベースボールで無ぐて結構。世界一はオラだぢのほごる日本の野球だもんな。

 でもオメ、今回だげは何言ってもいいどはいえ
「にちれんだいしょうにんの御蔭様です」だげはやめどげよ。
それはあどがら第三文明に寄稿すればいいんだがらさ。

 むらたぁ。無念だったべ。あそごさ居だがったべ。
大丈夫だがらな。日本中のみんながオメの活躍ちゃんと知ってっから。
第1ラウンドも第2ラウンドもオメのおがげだ。
「一員だったことを誇りに思う」なんて過去形で言わねくていい。
最後の最後までオメはグラウンドさ居だよ。
オラちゃんと優勝の瞬間にオメのすがだ見だもん。
うちかわに軽々ど持ぢ上げられでトロフィーに抱きついでらっけよ。泣げだぜ。

 髪型もバカリズム大好ぎなのも許す。バッターに転向していがったな。

 リトルリーグのスーパースターで中学生なのに肩壊して辞めだ人、
3年間球拾いした高校生、日曜日の朝弁当持って河川敷で試合してる中年、
底辺ば支える全での野球小僧の汗ど希望ど挫折の上に、
オメだぢが日本野球の頂点を世界に魅せつけでけだんだな。

 ありがとう、ありがとう侍ジャパン!!
[PR]

# by livehouse-uhu | 2009-03-25 17:11 | Comments(2)  

おらどご球場さ連れでってけろ

 原、ご苦労様。大変だったべ。オメはほんとに、げんえぎのころがら
「闘志が無ぇ」だの「チャンスに弱ぇ」だのいわれだったな。
あんなにじっせぎのごしたのに、ハンサムはやっかまれっからな。
んでもオメがかんとぐでほんとにいがった。星野ではぁ、こんたによろごべねがったよ。

 イチロー。オメほどの選手でも「つらがった」なんてなぁ。
なんぼプレッシャーだったべ。オメのおがげ。全部オメさんのおがげ。最高。
これがらもやぎにぐは一枚ずづ焼いで食うべな。

 まつざがぁ。オメははぁ、なんもいうごど無ぇ。うしもピッチャーも、いぢばんはまつざがで決まり。

 だるびっしゅぅ。ヒヤヒヤさせんなよ~、オメは。
計画性無ぇっつうが、コントロールだげはイマイチっつうが、
そのおがげでえらいはやぐパパになっつまったようだけんとも。
いい、いい、今はそんただごどいいよ。カッコいいな、オメは。オラ、しんじでらったよ。

 ありゃ?何書いてんだオレ?さっき更新したの忘れてた。

 やばいやばい、ボケがすすんじゃって。

 ニッポン野球!世界一!!

 「送りバントはただの1アウトじゃない。0.5アウトなんだ。自分が死んでも仲間を生かすのさ。」

                                 「風光る」~川三番地・七三太郎 
[PR]

# by livehouse-uhu | 2009-03-24 16:18 | Comments(3)  

私を野球場に連れてって

 今日は日本中のブログで圧倒的にたくさん取り上げられているのがこのニュースであろう。

 そして「なんだボス部屋もWBCか、つまらん」とがっかりした方、
「そうか、実はその日起きたことをあんまり書かないのは想像以上に大変なんだ」
と逆に感心してくれ。

 オレは参考までにアクセスの多い芸能人のブログというのをいくつか覗いてみたが、
ほとんどが何のために書いているのか誰が何故それを読んでいるのかわからなかったよ。
その前に日本語でも文章でも無いのもあったが。

 日々の話題について「みなさんと同じ考えですよ~」と確認する作業なのかな。

 さて、侍ジャパンは宿敵韓国を破って優勝しました。
韓国も最終回土壇場で追いついて意地を見せ、目頭が熱くなる立派な試合。
日本の野球が世界一だ!これこそ確認作業。

 さぁ、ここからが「ボス部屋」よ。巷のブログとは一味違う、
誰も思いつかない斬新、かつ斜めでウィットに富んだキメの一言、3、2、1、ハイ!

 「イチロー!やっぱイチローは最高だわ!ありがとう原監督!」

 …あり?
[PR]

# by livehouse-uhu | 2009-03-24 15:51 | Comments(3)  

スプラッシュ!

 「いいケツ」発言の後輩や「朋友」凸はともかく、
ヨネさんの反応が嬉しかったので続けざまにボウリングである。

 こうして「ボス部屋」はあたかも「ドカベン」が柔道マンガから野球マンガになってしまったように
ボウリングブログと化し、タイトルもいつの間にか
「スカラベ君のダイナマイトボウリング~史上最年長プロテスト合格への道~
(ころがすのはフンじゃないよ)」になっているのだった。

 長ぇ~よ!!でも最高だな、このタイトル…。

 プロテスト。まぁあんまり詳しく書いてもしょうがないから、
とりあえず最初の関門、第一次実技試験の合格ラインは
「1日15ゲーム、4日間60ゲーム、アベレージ200」である。
1ゲームごとにレーン移動し、他の受験者と一緒にプレイするのでレーン変化が激しく、
その困難さは自分がいつも投げているホームセンターで
30ゲーム、アベレージ220出すのとは比較にならない。

 たかがボウリングといってもそこはプロテストだからね。

 アメリカ(PBA)では何人かのスーパースターが億単位の金を稼ぎ出す人気スポーツだ。
残念ながらチームUSAとチームジャパンでは、
将棋のプロとアマ、ゲートボールのひまわり老人倶楽部と白百合女子高、
カーリングの北大と琉球大くらいの差がある。あれ?琉球大にはカーリング部無いか。

 しかし今や(まさに今日!)野球でも大リーグを越えたっちゅうに、これほどの差は逆に驚きだな。
ここ数年ほとんど縮まっていない。PBAの情報が豊富になるにつれ広がっている気さえする。
悔しい現実。

 日本のプロ組織はJPBA。ジャパンプロボウリングアソシエィション。
韓国はKPBA。コリアン…以下略。
 
 アメリカはPBAだもんね。プロボウリングアソシエイション…こら!いい気になんなよアメリカ!
お前ら他の国なんかプロだと思ってないだろ!?

 近い将来、日本からすごいやつが行くからな。
 
 聞いてビビんなよ、それはこのオレ…じゃ無くて…オレの弟子…じゃ無いけど…。

 日本ボウリング界の希望の星、超人「山本勲」という男だ。覚えておけ。
[PR]

# by livehouse-uhu | 2009-03-23 20:40 | Comments(0)  

パーフェクトでさえ完璧ではない

  今日は一部のマニアックなボウリングジャンキーにしか理解できぬ話題ですまぬ。

 っていうか普段書いていることに汎用性があるとでも思っているのか、この男は。いつもより一段と、しかもいちいち解説しないで書き飛ばすぜ、という意味です。

 ボウリングにはいろいろな投げ方がある。

 「ファールラインを越えない」とか、いくつかの禁止事項を守れば投法自体に規制はない。PBAのロバート・スミスが曲がりすぎてストライクポケットにボールを持っていけず、隣のレーンからガーターを越えて投げて「アレ、反則じゃないのか?」と話題になったことがあった。

 最近ではツーハンド(両手投げ)のボウラーがアマ世界チャンピオンになったりして、ますます百花繚乱の様相。指を入れる穴も3個が普通だが2個だろうが4個(小指の穴付、プロで本当にいる)だろうが、もし投げられるんなら穴を開けなくたって構わない。サムレスの(親指を入れない)プロも多くなり、今後ますます多様化していくことだろう。

 さてオレが一番初めにマネしたのは、女子日本代表にして日本TV「Pリーグ」の「炎のキャプテン」こと片井文乃選手である。オーソドックスな5歩助走からの、リリースよりもスイングを重視した投法で、メカテクター(手首に付ける補助器具)装備ではあったがさすがにアマ日本チャンピオン、強烈なフックボールを放っていた。しかも流れるような美しいフォーム。とりあえず「基礎から身につけるならコレダ!」という訳で一生懸命観察し、実践した(つもりだった)。

 調子のいい時には静活プラザボウルのコーチに「5歩で投げていることと、右投げという点で文乃ちゃんに似ている」と言われた程だ。本人に「いつの日にかアベレージが200を越えたら文乃ちゃんに挑戦して勝つ!」と宣言したら「今のシンヤさん相手なら左投げ(文乃ちゃんは右利き)で試合してもいい」との優しい言葉も頂いた。

 その後ロボリストやリスタイ(どちらも補助器具)、テーピングぐるぐる巻き怪我でもしてんのか!?時代を経て、やはり「ボウリングは素手だ!」ということになり、次にマネたのが中沢奨プロである。

 手首を柔らかく使うプロボウラーでビデオを何回観たかわからん。ビートルズのアビーロードを聴いた回数と同じ位。困ったことにレフティだったので、手と足のタイミングがマネしづらかった。

 それからの道のりも長い苦難の連続だった。山本勲プロの7歩助走と咆哮をマネ、PBAトミー・ジョーンズのローダウン(フリスビーとも言われる高回転投法)はマネする気が起きず、ブライアン・ボスのフォロースルーをマネ、ピート・ウェーバーのガッツポーズをマネた。クリス・バーンズのアプローチでの人差し指だけをマネ、ダニー・ワイズマンのユニフォームをマネようとしたが売ってなかった。

 そしてオレはパーフェクトを経験し、アベレージは212、文乃ちゃんが練習モードでその上に「オレが勝ったらイヤがらず昼飯を奢られる」という屈辱的な賭けをすると(文乃ちゃんが右で投げても)5回に1回はまぐれ勝ちするようになった。

 モーリッチ・ウェポン・オブ・マスバイアスⅢ(ボールの名前)をカップリスト(手首を内側に折ってボールを抱えること。もちろん補助器具を使わずに)のままスイングし、5番スパット(真ん中より左寄り)からガーターギリギリまで出してブルックリン(裏のストライクポケット)まで曲がる、念能力を駆使したかのようなカーブボールを投げるようになった。

 そして。

 それでもやっぱり10番ピン(右端のピン)をミスるんだよ~!

 何故だ!?

 水晶玉の中に熊が住んでるカバーボール(スペアのために曲がらないようになっている)を使ってるのに!大事なところで落とす。レーン上にたった1本しか残ってない10番ピンを!

 原発、オレは別に反対じゃないです。人一倍無駄遣いするタイプだし。文句言えた義理じゃない、ってのが本音。でもね、絶対安全なんてあり得ない。人間が作って人間が動かしてるんだから。

 悲しい時~。

 生まれて初めてターキーを出して渾身のガッツポーズで振り返ったら連れがトイレに行っててひとりぼっちだった。
[PR]

# by livehouse-uhu | 2009-03-22 21:13 | Comments(7)  

イヌワシには興味ないが

 やっぱ無駄だろ、静岡空港。
とにかくなんでも反対の住民運動や、関係ない町から突然湧き出てくる
支援団体なんてものが嫌いなオレが言うんだから間違いないよ。

 空港近くに航空法上の高さ制限を越える「立ち木」があることが発覚した時も、
普通なら「立ち木」の所有者の悪意を疑う(事実、知事に辞職要求してた)のだが、
今回に限りどっちもどっちとしか思えん。

 無駄な公共事業100選にもキッチリ登録されちゃったなぁ。
軽々100以上あるってのもすごいが。

 新幹線がこれほど便利なのに誰が使うのかね?
TVのインタビューで「是非利用したいです」って答えてたばあちゃんは、
ものすげぇ棒読みだったぞ。

 挙句の果てに日航だけに「搭乗率保証」を約束してたのがバレて全日空に捻じ込まれてやんの。
担当の小役人、日航に脅されたか裏取引かまされたんだろうな。哀れなヤツだ。

 まぁ僕は「鉄男」だからどうしてもJRに肩入れしちゃうんだけど、
「あんなところに駅を作らない」ってのはライバル意識なんかじゃなく
普通の企業の普通の経営判断だよね。

 そして、誰に何を言われようが聞く耳持たず突っ走った石川県知事は、おっしゃいましたとさ。

 「頭の堅いJRが…」

 わはははは、お・ま・え・が・言うな~!! 
[PR]

# by livehouse-uhu | 2009-03-21 22:08 | Comments(4)  

なんか可愛いぞ

 バーミヤンの前で二人組のでっかい外人(白人男性)が、
店外に張られたこちらもでかい横断幕(?)を見ながら話し合っていた。

 ガラス越しに見える店内の様子から飲食店だという事はわかったようで、
辞書を片手に横断幕を解読してどんな店なのか判断しようとしているらしい。

 「あ、るばい、と。ぱ~、と。Oh、Muu~?」「ぼ、ぼ、Oh、nn~?」
カタカナは何とか読めて漢字で苦戦か。

 次に書かれているのは「募集中」。

 99%なんか食い物の名前だと思ってるな。まぁ、日本を楽しんでいってくれ~い。
[PR]

# by livehouse-uhu | 2009-03-20 18:52 | Comments(2)  

「偶然」をなめてはいけない

 ある人の調査によると「遠く離れて暮らしている母親が亡くなった時、
それを知る前に母親が別れを告げに来る夢を見る」確率は全米で5日に2人だそうだ。
母親の死を予知したのでも母親の魂が訪ねてきた訳でもなく、「偶然」である。

 曖昧な記憶を頼りに数字は今適当に作った。「へぇ~」と思った人、すまぬすまぬ。

 奇跡と呼ばれる出来事の多くは偶然。人為的な必然を奇跡と呼ぶ人もたまにいるが。

 「こんなこと偶然に起こるわけないよ!絶対奇跡だよね!」と仰る方は
「偶然」がどれほどすごいか知らないのだろう。
「ありえない出来事」のほとんどは、地球の何処かでしょっちゅう起こっていると思った方がいい。

 「テツ」「ホートン」「シンヤ」のショットガンブルースバンドが
青葉公園通りでストリートライブを演ってた時。
休憩してコロナビールを飲んでいたら、ムクドリのフンがビンに入ったことがある。
あの細い!コロナビールの口に!手にも瓶の縁にも当たらず、
数メートル上の空中からものの見事に「スパッ」っと!「偶然」だよ。

 あるインチキ宗教団体は日本中を旅しながら各地域で
「一ヶ月以内に地震が来ます。霊能力者の教祖様が皆様にお知らせしたくて参りました」
というビラを撒くんだそうだ。地域や季節に合わせて「台風」だの「噴火」だのアレンジして。
当たらなければまた次の地域へ行き、
「偶然」当たったら、驚いて連絡してくる人を勧誘して信者に引っ張り込むという訳だ。

 人は奇跡を求めている。ゆえに「ありえない話」に引っ掛かってしまう。

 落ち着いて考えましょう。偶然も含めてあえて奇跡というなら、
我が身の存在も愛する人との出会いも、
今まで生きてきたこの地球の出来事は全て奇跡だと思いませんか。

 「霊能力で詐欺、陰陽師逮捕、やはりインチキ」というニュースの見出しを見て、
「うわ!すげぇ!500人以上一斉検挙されたのか!?TV局も大パニック!」と思ったら。
何のことは無い、どっかの田舎の一人だった。

 どうかしてんじゃね、オーラ出してる方々。 
[PR]

# by livehouse-uhu | 2009-03-19 16:24 | Comments(2)  

紺の海原に

 釜石に当時の最新鋭護衛艦「あさぐも」が寄港したのは小学生の時だった。
父親に手を引かれて見学した艦内で、上陸許可の下りない若い自衛官から
故郷に出す手紙の投函を頼まれてとても誇らしかった。
狭い通路、オイルの匂い。子供心にもその任務の厳しさを感じて緊張したのを覚えている。

 海自の新型護衛艦「ひゅうが」の引き渡し式が行われた。
航空甲板を持つ戦後最大の自衛艦である。
旧海軍の航空戦艦「日向」の名を継いでいるのが頼もしい。
しかしまたぞろ「空母は侵略兵器だ」とかなんとか言う人々が現れそうだなぁ。

 対潜ヘリ空母は専守防衛艦であり、侵攻能力など無い。
ジェット戦闘機を離発着させられる「カールビンソン」などの
米空母は80,000トン超、「日向」は13,000トンだ。

 そもそも「ひゅうが」が必要なのは、国籍も明らかにせず
日本近海、下手をすれば領海内に進入してくる潜水艦があるからだ。
まぁ頭隠しても尻がはみ出てるような連中だが。

 さて「日向」、じゃない「ひゅうが」には女性自衛官17人が乗り組む。
みんな、こっちを大きく取り上げようよ!
田嶋先生、先生の大好きな「女性の社会進出」の究極形です!
これ以上はなかなか無いっすよ。

 海神もきっと歓迎してくれる。
悪しき風習なんかに惑わされないで。美しき新時代の大和撫子達に幸あれ。

 
 海ゆかば 水漬く 屍 山行かば 草生す屍 

 大君の 辺にこそ死なめ かへりみはせじ          「海ゆかば」     大伴家持
 

 海を行くなら 水に沈む屍となるまで 

 山を進むなら 我が屍に草が生えるまで

 大君の為にこそ この命を投げ出して 

 悔いは無い 振り返らず ただ 行こう             (現代語訳)     中村信哉
[PR]

# by livehouse-uhu | 2009-03-18 20:56 | Comments(2)  

孤独な戦い

 今日はUHUのメンテナンスである。
まぁぶっちゃけ、休みなんだが。

 オレはやることが山ほどあるんだ。
2分間ドラムの練習したり、5分間ギターの練習したり、ムーンクレスタの音楽CD聴いたりな。

 UHUにはドラゴンクエストのアナログレコード(オーケストラ版)があるのだが、
全く趣味の違うミュージシャンが30人位いてもそれをかけたとたん
全員が「お!?」と振り返る。恐るべしドラクエ。
どんなに有名な曲でも、他にそんな音楽はあるまい。

 オートレース場の「試走タイム発表」もすごいが。
勝手気ままなオヤヂ達を一瞬で黙らすアナウンス。
崩壊寸前の中学校などで応用出来ないものだろうか。

 ちなみにゲーム音楽で僕が一番好きなのはグラディウスです。
最近の複合音源より、無機質な電子音時代の方が懐かしいのは単なる郷愁かしら。
[PR]

# by livehouse-uhu | 2009-03-17 15:54 | Comments(2)  

突き抜けろ!

 納豆を食うときにだね、オマケ(?)についてくるカラシを入れると、
逆に納豆の風味が悪くなるような気がしてタレだけで食ってたんだ。

 そうするとカラシの小袋がいくつもたまっていくんだな、当然。

 で、ある日。

 まず「課長バカ一代」を見てたら「空手バカ一代」を思い出した。

 梶原一騎の人生などを考えながら昼飯を作りに台所へ行った。

 流し台の横に5個ほど置いてあったカラシの小袋が目に入った。

 「極真空手」最強を信じて「大山倍達」の最初の弟子になった「有明省吾」が、
倍達が熊(牛の時だっけ?)と戦う前日に行商の納豆屋さんに
「おじさん、サービスのカラシをたっぷり付けてくれ!
なにしろ先生は辛い物に目が無いんだからな。明日、先生は、先生は…」
と泣きながら話すシーンを連想した。

 今日はもうこの心象風景の解説で終わってもいいな。くだらな過ぎる。

 そして私は。

 ふと、そこにあったカラシの小袋を全部納豆に入れてみたのだ。何が「ふと」だよ。

 そしたらしゃぁ!じゃない、そしたらさぁ!!美味いの!!

 いやぁ、あたたかご飯が黄色くなるほどの美味さ。実際黄色くなってるが。
すごいシンプルな納豆カレーとでも呼ぶべきか?納豆カレーの段階でまったくシンプルじゃないが。

 そして呟いたバカにするのもバカバカしい独り言。 

 「過ぎたるは及ばざるが如しの遥か向こうの地平の彼方に新しい感動があるんだなぁ。」

 この後、この話をミュージシャンとしての生き方につなげようと思ったがやめた。
仕事が山積で忙しいからではない。
[PR]

# by livehouse-uhu | 2009-03-16 15:55 | Comments(2)