真夏の夜の夢

 風太の「ボクんちへおいでよ」

オレは、丸山研二郎という男に出会い、二人生きてくラブソングを聴き、
青田ケンイチという男に出会い、虹色サイダーを聴き、
風太と出会い、赤い花を聴き、
そして、くじけそうな時もあきらめてしまいそうな時もこの店をやってきたんだ。

 もう、何を失っても怖くないんだ。お前達に会えて良かった。飲もう。

 よくわかった。オレ達(シンヤ、テツ、ユウキ)は、
ミュージシャンに支えられてかろうじてここに咲いてるんだ。

 オレ、これからいいと思ったら遠慮なくライブレポートを書くよ。
素晴らしいミュージシャンが他にもいっぱいいるんだ。

 とりあえず、風太。愛してるぜ。何だよ、とりあえずって。照れ隠し。
[PR]

# by livehouse-uhu | 2009-08-20 23:11 | Comments(2)  

パフォーマーって何?

 EXILEっていう人達、芸能ニュースの見出しではたまに見かけるけど、
チラッと聴いただけで「とても最後までは無理」だったのでよく知らなかった。

 ぼんやりと割合ポップな歌やダンスをするグループだと思っていた。

 先日コンビニでコテコテの演歌が流れていて、アレンジだけが妙にビートを利かせているので、
「どうもこういう中途半端に媚びたのはやだなぁ、これに比べると氷川きよしってすごいんだなぁ」
などと考えていたら、それがEXILEだった。

 どちらにしても興味はないが、ちょっとビックリしたので書いてみた。演歌だったのか。
最近の演歌はあんな格好でやるんだなぁ。そっか、ジェロもいるし。

 不勉強でまた若い子達にバカにされるところだった。
[PR]

# by livehouse-uhu | 2009-08-20 10:47 | Comments(6)  

今夜は

 ユウキとコンビでフォーク村。

 UHUでは初となる琴が二面持ち込まれている。
演奏されるのはポップスなんだけどね。
その点についてはややこしくなるのでスルー。
普段のオレの発言を知ってる人だけ笑って下さい。

 何を隠そう(隠していないが)オレの母は生田流筝曲の名取である。
だが本気で弾いたらオレの方が上手い自信がある。
ギターなんかよりはよほどマシなんだが…。っていうかギターが下手なだけか。

 小学生の頃はいやでいやで仕方が無く、母に内緒で父にギターを買ってもらい、
クラシックギターを習いに行ってしまったのだ。
母の悲しげな顔とタメイキを思い出すよ。

 バカだなぁ、頑張って後を継いでいれば、
今頃和服を着て近所の若奥さんに囲まれていたかもしれないのに。
同級生の男達からはやっかみ半分「ケッ」とか言われてさ。

 この発言の方がよほどバカだな。

 夕食はボス総指揮、ユウキ作による鶏ピーマンと冷奴。
変な味。とにかく食べて頑張ろう。

 常連達、入って来ていきなり琴が鳴ってたらビビりそうだな。
八大師匠のじょんがらで慣れてるかしら?
[PR]

# by livehouse-uhu | 2009-08-19 19:29 | Comments(0)  

吠えるヘタレ

 1フレ1投目。かなり力を抜いて柔らかく投げたら、
薄めに入って7番ピンが長いことゆらゆら揺れてゆっくり倒れた。ストライク。

 2、3、4フレ、ジャストポケットでピンが消えるようなストライク。

 5フレ、やや力んで引っ張り気味になり厚めに入ったが、
「倒れっちまえ!!」のシャウトで無理矢理ストライク。

 6、7フレ、楽~な気分で棒でピンをなぎ払うが如きストライク。

 8フレ。いつの間にかAちゃんが後ろに来ている。Sコーチの手にはワイヤレスマイク。
ここだな。ここが勝負どころだ。クソ、自分の心臓の音がうるせぇぜ。
ここを越えればいける。ビビッて縮こまるくらいなら思いっきりいこう。

 轟音とともに全てのピンがはじけ飛んだ。ストライク。ギャラリーの拍手。

 9フレ、自信満々の投球、ストライク。

 「本日は静活プラザボウルにご来場頂き、まことにありがとうございます。
ただいま13・14レーンにて投球中の中村選手、9フレームまでストライクを継続、
パーフェクトゲームまであと3投です」

 もう、なんてことすんだよ!アナウンスとかやめてくれよ~。
場内がざわついちゃったじゃん。あ、男子高校生が集まって来た。
さてはSコーチ、オレにパーフェクト出されたくないんだな!?

 10フレ1投目、全くの失投。棒玉だ、終わった。
しかしボウリングの神はオレの味方だった。
複雑なピンアクションでピンは次々に倒れ、なんとストライク。歓声、拍手。

 これで吹っ切れた。気負いも緊張も消えた。
2度目のパーフェクトか。案外あっさりだったな。

 10フレ2投目、落ち着いてポケットへ。ストライク。

 「もうこれ、最後投げなくてもいいんじゃない?どうせストライクだよ」

 Aちゃん「いいからとっとと投げなさいよ!」

 しょうがねぇな。儀式みたいなもんだけど。終わりにするか。

 プッシュダウンからバックまで流れるようなスイング。
リリースではボールが指に乗り、スピード、回転とも完璧。
生涯最高の1投だ。ボールが指から離れた瞬間にガッツポーズ。

 グワシャン!!

 10番ピンが…微動だにせず残っていた。

 Sコーチ「ヘタレが…余計なことするから」

 え!?ガッツポーズのこと!?
[PR]

# by livehouse-uhu | 2009-08-19 11:41 | Comments(2)  

我こそはアポロン

 先日お風呂に入っていて気が付いた。

 背も高くなく、男らしくもなく、お金もなく、たいていのことは途中で投げ出し、
変な歌ばかり唄っていて、スポーツマンとしては二流の上程度、
優柔不断で甘えん坊のクセに我が強く、サディストなのにいじめられたい僕が、
こんなに女性にモテルのは、きっとこのピカピカでツルツルのお肌のせいだな。

 胸やフトモモなんか自分でビロードかと思うもん。

 いや、待てよ、でもそれは脱がないとわからないじゃん。やっぱり違うか。

 この話をある女性にしたら、
「あ~、わかるわかる、お相撲さんってさ、
どんなに太っててお饅頭みたいな顔でもお肌がピッカピカだから女性にモテルのよね」

 人をなめとんのか。

 アポロンじゃなくてナルシスだろ、ってツッコミもお断り。
[PR]

# by livehouse-uhu | 2009-08-19 10:11 | Comments(0)  

今朝は

 金目鯛と鶏のマスタードソテーと椎茸の肉詰め甘酢餡かけ。あと野菜ジュース。

 これ、変かね、やっぱり。
[PR]

# by livehouse-uhu | 2009-08-19 09:51 | Comments(0)  

米海軍の原子力空母が

 日本に寄港した時、友人がバイクで観に行った。
その威容は「海の彼方から島が航行して来たと思った」そうだ。

 友人はまくしたてる。

 「いやぁ、すげえな。何しろ甲板をでっかいバイクが走ってるわ、高さはほとんどビルだぜ!」

 まぁそうだろうな。

 「サウナもゲームセンターもあるんだとよ」

 ホントかな。でもまぁそうかもしれないな。

 「艦内にBARが8軒」

 それくらいはあるだろうなぁ。乗組員多いし。別に驚かないよ。

 「でな、なんと床屋が4軒あるんだと!」

 ええ゛!?床屋が4軒!ね、これが一番ビックリでしょ?

 1970年代に「カールビンソン」が仙台に入港した記憶があるんですが、
いくら調べても資料が見つかりません。誰か知らない?
これ、記憶違いだったらオレの脳みそ、ちとヤバイなぁ。
[PR]

# by livehouse-uhu | 2009-08-18 13:24 | Comments(0)  

ホントに机上の論理ってヤツは

 オレか?オレがおかしいのか?

 誰だ、今きっぱり「うん」と言ったヤツは。

 しかし新聞もTVも8割がた「ヲイ!」ってツッコミたいのばかりだ。
見なけりゃいい?まぁ、そうなんだけどさぁ…。

 早稲田大学人間科学部、鈴木秀次教授。

 男子100mの世界記録を「2050年までに9秒55」と予測していた。
もちろん予測が外れたことを責めているのではない。
そんな意味の無い予測に「取り組んだ」バカバカしさには少しあきれるがな。

 今回ウサイン・ボルトが9秒58のとてつもない記録をたたき出した。
産経新聞が鈴木教授を引っ張り出したので「そういじめるなよ」と思ったら、これが真逆。
相も変わらず「バイオメカニクス」だの「世界記録の変換」だの言って持ち上げてんの。

 だから、それデータとして全然ダメだったでしょってば!

 鈴木センセイが出した世界記録更新の条件は、
(1)瞬発力が高い速筋の割合が多い
(2)小柄な体格
(3)動物的本能で無心で走る、の3点。
ボルトは196センチ、86キロなもんで、恥ずかしがって謝るのかと思いきや。

 「ボルトの出現は(2)の条件を覆すものとなったが、鈴木教授は(3)を重く見る」だって。

 バカヤロー、何が「重く見る」だよ!
(3)の「動物的本能で走る」なんてのは、
小学生に「キミタチ、100mで世界記録を塗り替えるのはどんな人だと思う?」
って訊いたら「あのね、根性があって頑張る人!」って答えるのと同じだっつんだよ!!

 誰が見たって先生の意見で素人ウケするのは(2)だろ!
「バイオなんとか」がはじき出した条件が「小柄な体格」なんじゃないのかよ!?

 ついでに(1)もな。
教授だろうが学生だろうが何処の世界に
「短距離では遅い筋肉が有利」って予想するやつがいるものか。

 ところで早稲田の悪口(?)これでもう3度目(?)だな。たまたまですよ、たまたま。

 高校時代、ウイング藤原を擁する早稲田ラグビーが大好きだった。
ある年の大学選手権であまりにあからさまな早稲田びいきの審判がいて、
応援するチームが勝ったのに悔し泣きをして早稲田ファンを辞めた。
早稲田の反則は取らない、早稲田がリードされていると延々とロスタイム。
以前書いた「ラグビーでは審判が絶対」という話と矛盾するが、
あの試合は日本ラグビー界の汚点だったと今でも思っている。

 ヲイ。たまたまじゃないんじゃね? 
[PR]

# by livehouse-uhu | 2009-08-18 12:52 | Comments(0)  

店名に旬菜と入っているとちょっと…

 飛び切り好きな野菜がある、という話を書こうと思ったの。

 市場で買い物して帰りに袋の中から「セロリ」の匂いがするだけで腹が減る、
なんてことを書こうと考えてたら、でもナスもキャベツもニラも好きだよなぁ、
春菊も美味い!ってなっちゃって、頭の中が収集つかなくなり、
そのうちに野菜だけじゃなく、オレって食べ物はほとんど全部好きだって事に気が付いた!

 よく嫌いな食べ物が無い、なんて言うでしょ?
そんなもんじゃないのよ。全ての食べ物が好きなの!すごいなぁ。

 もちろんまだ食べたことが無いゲテモノもあるからあくまで一般的な範囲でね。
オーストラリアのべジマイトの瓶を見てよだれは出ないよ。

 あ、そうか、それでピンと来た。
オレの数少ない「好きとはいえない」食べ物とは、誰か(人間)が
「どうしたらこれを不味くできるか、どうしたらこれを食べる人がイヤな気持になるか」を
心血注いで追求した食べ物だ。

 少し意味は違うけど、「森の木の子達のハンバーグ小悪魔風」は
恥ずかしくて口に出して頼めないからカンベンして欲しいわ。
[PR]

# by livehouse-uhu | 2009-08-17 14:14 | Comments(2)  

ifは無いけれど

 大学ラグビー部を辞めて休学し、
半年ほど西武池袋線の椎名町で暮らした後で仙台に戻ったオレは、
結局ほとんど学校には行かずただだらだらと日々を重ねていた。

 キャプテン・アンで唄ったりDJをやったり皿を洗ったりしながら
まさに何ひとつ生み出さない3年が過ぎ、国分町ではそれなりに居場所も出来たある日。

 大学ラグビー部の同級生達がみんなで店にやって来た。

 オレが在籍したのは入学から秋の全国大会前まででたった半年なのだが、
なにしろ全寮制で朝から晩まで「死ぬかも」と思うような練習をした仲間なので、
例え落伍者でも連絡が取れる限り「同期」として付き合ったり応援したりしてくれるのだ。

 みんなは4年生になり、仲の良かったMがキャプテンになっていた。
1年生の頃の力関係はだいぶ変わっていて、
とてもレギュラーにはなれそうも無かったヤツがポジションを確保し、
恐ろしいほどの才能を持っていたヤツが怪我で4年間サブをやったりしていた。

 「シンヤはとにかぐはえがった(速かった)な」

 オレのライブを聴いてくれた後で一緒に飲んでいると、突然Mがそう言い出した。

 「んだな。スピードはすげがった。
去年ウイングいねくて苦戦したべ。シンヤがいれば助かったのにな」

 半分以上は、途中退場したあげくに音楽も本もさっぱり売れず、
くすぶりっぱなしの友人(オレ)を励ますための言葉だっただろうが、
それでも少し嬉しかった。

 「今、右ウイングって誰やってんの」

 オレは訊いた。

 「Hよ。今日は用事あって来れねがった。
去年センターがら転向して今年がら右のレギュラーウイング」

 「H?あの石巻の?」

 オレは驚いた。正直言ってHは大学ラグビーの選手としてはまったくスピードが足りず、
仮にポジションが同じでもオレはライバルとすら思わなかっただろう。
練習にはついて来れないし、パスやキックも「一生こいつに負けることは無いな」という感じだった。

 「へぇ~、あのHが右ウイング!ちょっとたまげだな」

 するとフォワードのKが言った。

 「オメ、Hな、ウイングに転向してがらすげぇ変わったんだ!判断は抜群だし、
なにしろ力強くてタックルされでも倒れねぇの。フォワードもめちゃ頼りにしてんだ」

 「そっかぁ。わがんねもんだなぁ。まるで足遅がったのになぁ」

 お調子者のハーフ、Tが笑いながら言った。

 「しかしよ、もしシンヤが辞めねくて右のウイングだったらおもしれがったな。
今年、Hどシンヤで壮烈なポジション争いだったべ。スピード対パワーでよ」

 「お~、そいづは見ものだったがもな~」

 「んだんだ」

 その時。あまり喋っていなかった控えの左ウイング、Wが一回り大きな声でキッパリと言った。

 「Hに決まってっぺ。もしシンヤが残ってだどしても。右ウイングは絶対Hだったよ」

 W、ありがとうな。当たり前だけどその通りだよ。
もしオレが4年間投げ出さずにやり通したとしても、右ウイングはHだったさ。

 H、オレが逃げた後どんだけ必死の努力したんだろうか。

 Hにはその後もすれ違いで会う機会が無い。
いつかまた会えたら言ってやろう。

 「バガこの。オメなんかオレが辞めだおがげでレギュラーになれだんだべ」

 たぶんHはこう答える。

 「うん、まったぐだ。オラ、シンヤに全然敵わねがったものな…」

 Hってのはそういうヤツ。何から何までオレの負け。
[PR]

# by livehouse-uhu | 2009-08-16 14:15 | Comments(4)  

志は消えず

 何億光年 輝く星にも 寿命があると 教えてくれたのはあなたでした

 季節ごとに咲く 一輪の花に 無限の命 知らせてくれたのもあなたでした

 last song for you last song for you
 
 約束無しの お別れです

 last song for you last song for you

 今度はいつと 言えません

                      「さよならの向こう側」~山口百恵 (作詞 阿木耀子) 

 
 愛しい人に泣きながら別れを告げた経験がありますか。

 帰れぬ故郷の空に翼を振って飛び立って行ったゼロ戦乗り。

 鉄の雨の降る泥沼の戦場で妻の名を呼んだ歩兵。

 戻る燃料も持たずに港を離れた水兵達。

 僕らは決して体験することが無い、いや、二度とそんなことがあってはいけないが、
それでも人間である限りちっぽけな自分の歴史に重ねあわせて、
彼らの気持ちがわからないはずは無い。

 この腐った果実のような国で、
今の常識を盾に彼らを裁こうとすることがどれほど傲慢か。

 だが、そんな人達を糾弾しようとする僕もまた十分に傲慢なのだ。
全てを含めてこれが彼らの守った日本なのだから。

 8月15日。

 くだらない音楽が聴こえて来ようが、バカみたいな会話が溢れていようが、
これが64年前の今日、戦争が終わった僕の国だ。

 僕は信じている。

 流行や媒体に媚びず、惑わされず、ただ良い音楽を創りたい気持ちだけで
UHUに来てくれるたくさんの素晴らしいミュージシャン達を。

 総理、あなたは何故、毅然として靖国に参拝しないのですか。
僕はそれだけで今までの失政、失態を全て許そうとさえ思うのに。
[PR]

# by livehouse-uhu | 2009-08-15 19:42 | Comments(10)  

人命は地球より…?

 重いですか。人の命。地球よりも。

 いや、普通の言語感覚を持った人なら、
ことの是非よりもまず日本語として違和感を覚えるはず。

 「人命は地球よりも重い」

 おかしいよね。「リヤカーはアライグマよりpHが高い」と言われても。
比較する質も単位も相容れないでしょう。

 だいたい一人の人間を救う(見捨てない)ためにこの言葉を使った場合、
地球が無くなったらとりあえず68億なんぼだかの人間がいなくなることと、
どう整合性をとるんだ。どんな人間も見捨てず、一人が死ぬ時は人類滅亡ってことか?

 そして人命は十把ひとからげなのか?

 この言葉は、「人の嫌がることはしない」福田康夫前総理のお父さんである
福田赳夫元総理が、日本赤軍による日航機ハイジャック事件に巻き込まれた
全く罪の無い人達を解放するために「身代金」を出す理由として発言した。

 単なる犯罪者と化したサヨクイデオロギーに
人質にされた方はまったくお気の毒だが、それでも国家の安全や犯罪抑止との天秤で
非常に難しい判断だったからこそ、当時言葉自体を非難する論調は少なかった。
ここでもその行為(身代金支払い)の是非にはあえて触れない。

 だが、これがもし、国の退避勧告さえ無視して物見遊山どころか
国辱モノのくだらねぇ偽善行為のために武装勢力が跋扈する地域に入り込み、
自ら好んで拘束されたとしか思えないような連中だったらどうだろう?

 同じ人命ですか。そうなんでしょうねぇ、やっぱり。

 高遠なんとかさんの命と地球?
批判を覚悟ではっきり言います。

 「じょうだんじゃねぇよ!地球っつったら三陸海岸も南アルプスも東尋坊も
四万十川も桜島も全部入ってんだぞ!比べるんじゃねぇ!」

 意外につまんないオチだった?意図的に北海道を抜いてる。底意地悪いなぁ、オレ。
[PR]

# by livehouse-uhu | 2009-08-14 13:10 | Comments(6)  

専門家といっても

 社会保険事務所の言いなりになるだけの社会保険労務士なんかいなくていいよな。
担当となぁなぁで言いなりどころかユダみたいなヤツまでいた訳だが。

 今生き残っているのは、きちんと顧客の側に立ってアドバイスをしていた労務士で、
事務処理が正確なだけならベタ塗りしか出来ない漫画家のアシスタントと一緒だ。

 人間の顔なんかまっすぐ見たことがないから描けないんだろう。

 「社会保険事務所の方にミスがあることはまずありえませんから!」と
ウチの女性事務員に抜かした静岡のS!武士の情けでイニシャルにしといてやるよ。

 と、ケンカを売っていたら、
「障害年金の不正受給に関与の社労士、自ら労働紛争の火種もばら撒いていた」の記事。
 
 いやはや、ベタ塗りを真面目にやってくれるんならマシな方かぁ。
[PR]

# by livehouse-uhu | 2009-08-13 12:31 | Comments(2)  

十戒みたいな

 基本的なものはともかく、全ての法律を知っている人はいない訳で、
それが故に専門家が存在する。

 企業が法に触れる行為をした時によく「知らなかったでは済まされない」なんて言われるが、
「マヂで!?そんな法律あんの!?」ってのも中にはあるよね。

 オレ、「小学生がTVで料理する場合、必ずバンダナを海賊風に巻かないとならない」
って法律、最近まで知らなかったよ。
[PR]

# by livehouse-uhu | 2009-08-13 12:11 | Comments(6)  

「こんなに覚醒剤を買う人がいて」

 「この国は大丈夫か、と思いました」

 覚醒剤の密売で逮捕された外国人の供述である。

 「芸能人は影響力が大きい。こんどの事件で若者に覚醒剤が広がることが心配」
酒井法子容疑者の逮捕に際しての「識者」のコメントである。

 タレントが逮捕されたことで覚醒剤に興味を持つ若者が大量にいるなら、
そんな国は覚醒剤がなくても近いうちに滅びるだろうよ。

 そんなことを考えていると。

 「自分がのりピーの罪をかぶるので見のがしてやって下さい」
という電話が警察署に入っているとの報道。

 「世も末だと思いました」
[PR]

# by livehouse-uhu | 2009-08-12 10:43 | Comments(4)