老いの兆候

 あ、なんということだ、年齢を重ねて(悔しくて歳をとってとは書きたくない)趣味嗜好が変わるとはいうけれど、今気付いたがオラいつのまにかほうれん草が大好きになっている!?

 いやまあ、この世のほとんどの食べ物は好きなんだが、大好きとなるとな。

 まだまだ自分は若いと思っているそこのキミ、白菜漬けの芯のところのしょっぱいヤツが大好きになったら少し気をつけた方がいいぞ。何に気をつけるんだよ。


 「クキ、クキ・・・うわ、なんだこのほうれん草。固くて臭くてまるで道端の草を食っているようだが、まずくない!決してまずくないぞ。そうだ、これは子供の頃嫌いだった味だ!」

   「孤独のグルメ・井之頭五郎~杉並区西荻窪のおまかせ定食」(久住昌之・谷口ジロー)

[PR]

# by livehouse-uhu | 2017-04-03 11:58 | Comments(0)  

心根

 「空気を読む」というのは、当たり前に考えてやっちゃいけないことや誰かの迷惑にならないよう「ほんの少し」気を遣う行為の延長線上であって、決して難しい推測や、まして「コミュ力」なんていう訳のわからない能力は必要ないよね。

 口先だけの胡散臭い親父が、才能に溢れているけれど饒舌ではない若者に「もっとコミュ力を磨かないと」なんて説教していたら、それこそまさに「空気が読めていない」んだと思う。

[PR]

# by livehouse-uhu | 2017-04-03 11:36 | Comments(0)  

違う世界

 今日の「UHUあいどる村」でモギリをしていたRitomoが、お客さんのアイドルオタクの方に「キミがアイドルだったらボクきっと会いに行くよ」と言われたそうで、本人は「(いつもと違って)歌を聴かずに見た目で褒められた」ので案外まんざらでもなさそうであった。

 「私は弾き語りをやっています」と答えたらしい。「猫が死んだ歌とか」とは言えなかったそうだ。

 そうだなぁ、将棋の里見香奈女流名人がこども将棋大会の受付をしていたら観戦のオジサンに「キミも将棋を覚えたら強くなるんじゃない?」と言われたようなものか?

 かといってオジサンは女流名人の棋譜を見ても(たぶん)どこがすごいのかわからないのであった。

 あ~、佐藤天彦名人、コンピューターソフトのPONANZAに負けちゃったな・・・。オラが大学生の頃、仙台のゲームセンターにあったテーブルゲームの将棋になんか一度も負けなかったんだが。30年間でコンピューター将棋ソフトは「将棋を知る者の最低ランク(オラね)から将棋を知る者の頂点(プロ棋士現役名人)まで駆け上がった訳だ。

 ライト兄弟の動力飛行機からほぼ100年でロッキード・マーティンF-22ラプターへと進化した「飛ぶ機械の歴史」と比べてどうなんだろう。

 さ、物販の間にチャルメラでも食うか。こいつは発売50年かぁ。進化するのもしないのも大変だよなぁ。

[PR]

# by livehouse-uhu | 2017-04-02 20:01 | Comments(0)  

バカ放談

 在日韓国人の友人がいう。「国として成り立っていないんですよ、あそこは」。韓国のことである。日本で暮らしていて最も酷い差別を受けたのは「韓国人からだ」とも。まあもちろん人によるだろうが、「そういう在日韓国人がいる」ことは事実だ。

 「それじゃ日本はどうなんだよ」とオラはいう。「韓国をバカに出来るような国じゃないよね。右も左も嘘ばっかり」。

 「うん、どっちも中国よりはマシだけどね」。

 「ダメじゃん、アジアの中心、漢字で書く三つの国」。

 「いや、でもその三つには世界のどこにも負けないものがある」。

 「なに?」。

 「料理」。

 「Pくん、チョッパリちょうだい」。

 「しんやさん、チョッパリっていうのはね、韓国人が日本人を差別して・・・」

 どうだっていいよそんなこと。「あ、あとマッコリ」。

[PR]

# by livehouse-uhu | 2017-04-01 10:04 | Comments(0)  

心が求めていた

 昨日の朝、仕入れの前に静岡名物「さわやか」のハンバーグを食べようと自転車で静岡インター店(かなり遠いのよ)に向かったのだが、着いたらすでに入り口に行列が出来ていたので諦め、そのまま南に海まで走った。帰り道、ニトリとセカンドストリートに寄ってその後結局いつもの吉野家で牛丼を食い、田子重、駒形商店街で買物、銀行で振込をして店に戻ったのだが・・・。

 はい、この中で実は不要不急な仲間外れは「ニトリ」な。だって何も買わずにベッドの寝心地を確かめただけだもん。

 海は?必要がなかったら行かないよ。

[PR]

# by livehouse-uhu | 2017-03-31 10:24 | Comments(0)  

大阪駅前ビル地下のめん次郎に行きたい

 今日は朝早くから仕事で、店に着くまでにあちこちからみそ汁と焼き魚の匂いがした。駒形はいいなぁ。
[PR]

# by livehouse-uhu | 2017-03-29 10:15 | Comments(0)  

ひとり気象台

 昨日は裾野の「富士サファリパーク」で雪が降ったんだぜ。ライオンやシマウマが寒そうに立ち尽くしていた。静岡県でも3月(それも桜開花間近の後半)に雪が降ったりするんだなぁ。釜石で小中高の入学式が全部雪だった、なんてのはそれほど驚くようなことじゃなかったのか。

 で、まあ勝手に宣言しておくが、ライオン君もシマウマ君も安心してくれ。静岡は「寒いの」これで終了だから。うん、大丈夫。もうこの後は暖かいよ。そこのお嬢さん、ダウンはしまってしまって。天気に関しては山のマタギの話が一番間違いないから。誰が山のマタギだ。とにかく!今日から春です。

 毎年「勝手に梅雨明け宣言」をしている弥勒季節の声研究所のフランクリン中村がお送りいたしました。

 ふと思ったけど、ライオン君とシマウマ君がひとつの場所にいて「両方」に「安心してくれ」ってのもどうかな。

 あ、もうひとつ「フランクリン」っていうのはもちろん(?)凧揚げが好きだったあの「ベンジャミン・フランクリン」な。意外かもしれないがオラ結構好きなのよ。凧揚げじゃねぇ!偉人のフランクリンさんがだよ!?

[PR]

# by livehouse-uhu | 2017-03-27 10:14 | Comments(0)  

糾える縄の如し

 朝から信じられないような大ボケを二回もかましたのに、どちらも信じられないようなラッキーで事なきを得た。結局「何もなかった」だけなのだが、ものすごく「ツキがまわってきた」気がする。

 豆乳飲んで寝るぜ。

[PR]

# by livehouse-uhu | 2017-03-27 01:56 | Comments(0)  

流れる風景と音楽の中で

 「似合う」とは、辞書のままなら「つりあう」とか「調和する」というような意味なんだろうけど、いわゆるファッションに関して(ファッションなんか考えたことないくせに)オラが考える「似合う」とは、「そのアイテムによってその人の良さがわかる」、一歩進んで「そのアイテムがあった方がその人がより良く見える」ということだ。

 眼鏡が似合う人っているよな。サングラスが似合う人って実は目(瞳)に魅力がない人だよな。

 最近てっちゃんが帽子を被ってなくてみんなが驚いている。なにしろ似合ってたから。「どこの少年ですか!?」って反応には笑った。

 さて、私(ワタクシ、オラだろ)が今回取り上げたいのは、イヤフォンでございます。ヘッドフォンではなくあくまでイヤフォン。つまり「そのアイテムを身に付けているのがわかるのは両耳から下に向けて伸びているコードだけ」というアレ(?)だ。

 ちょっと待て、アレはファッションアイテムじゃないだろ。まあそう言わないで。

 実は、ある店でオラの見える範囲にいたお客さんが全員イヤフォンをつけたままメシを食っていたのだ。う~む、それもどうかと思うがひとまず置いといて、明らかに似合う人と似合わない人がいるのである。

 似合う人は「音楽が好きそう」「イヤフォンをつけているのが自然」「シャツとマッチしている」感じ。

 似合わない人は・・・「他人と関わりたくないのか」「スピードラーニング?」「なんか失礼」ヒドイな。

 イヤフォン付けて自転車に乗るのが一番似合ってたのは「スラムダンク」の流川楓だよね。あ、今は違反ですから。念のため。

[PR]

# by livehouse-uhu | 2017-03-25 12:49 | Comments(0)  

本人すら忘れている深層心理の底Ⅲ

 むぅ、オラは確かにアウトドア用品のカタログを見てあれこれ夢想するのが好きだが(実際にアウトドアが好きな訳じゃないのね)、最近その手の物は何も検索した覚えがないのに、この小さな箱の中の「欲望の鏡」が「ランタン」だの「テント」だの「トレッキングシューズ」だのをグリグリ「あなた(オラな)にオススメ」してくるのは何故だ。なんか関連する物を調べたっけ?

 あ、ほりのぶゆきの旅マンに出てきた青木ヶ原樹海の旅魔神「マウント・フジちゃん」だ・・・。

[PR]

# by livehouse-uhu | 2017-03-24 09:35 | Comments(0)  

日本のシステム

 某所に講習に来ている。帰りに受講証や許可証を貰うこういう講習では、早く申し込むとその分先に配布されるので、15分ほど前に着き「受付は9時からですね?」と確認すると「そうです、9時までお待ち下さい」と言われ、ベンチに座って待っていたら後から来た人がどんどん受付して行く。まだ10分以上前だ。

 トイレに行く。手洗い洗剤が出ない。洗剤は切れて入っておらず、ボタンも固くて押せない。大分前からその状態なのだろう。店のトイレの手洗い洗剤がきちんと備えられているかどうかをチェックし指導する立場の施設なのだが。

 9時になり、オラと同様バカ正直に待っていた数人が並んで受付をする。連絡ハガキを出し、1000円払ってファイルを貰いサインをするだけ。受付の長テーブルは2台、受付は3人。1人ずつしか進まない。1人がハガキを、1人がお金を受け取り、1人がファイルをくれる。列が長くなって行く。

 文句(?)ばかり書いているようだが、良い点もあった。ワイヤレスマイクとアンプ、スピーカーの性能が抜群である。ライブに充分使える音響だ。しゃべるだけなのに。これ、いくらのシステムだろう。

 講師のメガネかけた学級委員長みたいな若い女性もいい。ツインボーカルのあゆみちゃんにそっくりだ。この手の顔立ちは頭がいいんだろうか。初めにちゃんと「尺」を説明するのが偉い。みんな、ライブで「尺」を守るのは大切だぞ。ライブじゃないか。

 お昼前には終わりそうだ。すぐ近くにある「食品衛生なんかいまだかつて一度も全然まったく一切カケラも気にしたことないよ~」という感じの店でスリランカカレーを食って帰ろうっと。
 


[PR]

# by livehouse-uhu | 2017-03-23 10:23 | Comments(0)  

地域性

 傘が全然返って来なくて無料貸し傘サービスが中止に追い込まれた、という記事の見出しを見て「これ大阪だろ・・・」と思ったあなた、偏見は良くありませんよ。北海道の話でした。

 え、オラ?やだなぁ、オラはそんなこと思う訳ないじゃん。大阪じゃ無料貸し傘サービスなんてやらないし、大阪で無くなるのは傘じゃなくて自転車!

[PR]

# by livehouse-uhu | 2017-03-23 08:11 | Comments(0)  

私を野球に連れてってⅣ

 ラグビーワールドカップの時もそうだったが、日本代表チームが海外で試合する際にスタンドで日の丸を振って応援をしてくれる金髪の老夫婦を見ると、本当に泣けてくるな。

 試合の途中でまたその人達が画面に映り、仲良くホットドッグを食べていたりしたらもう・・・結局食い物ネタかい!?

[PR]

# by livehouse-uhu | 2017-03-22 10:12 | Comments(0)  

突撃

 駒形通りにネパール人がカレー屋を開いた。大鉢小鉢周辺のアホどもの間に最初のレポートをしてくれる勇者待望論が渦巻いており、そこでオラが今ここにいる訳である。「である」じゃね~よ。

 お約束の「TOP OF THE WORLD」のポスターを見ながらナンとチキンカレー。

 うむ。

 「うむ」じゃね~よ。レポートしろよ!?

 大変美味いナンとカレーで飲み物含め値段も安い。ほほぅ、じゃあ大丈夫なの?

 いや。

 「いや」じゃね~よ。なんだよ!?

 味、接客、全てにおいて(サラダのための)「箸を置いている」という点以外「一切日本人に媚びない」この店を、あえてあの「韓家の海鮮チヂミテイクアウト」でさえ「なんだかよくわからない食べ物」と言われて1年持たなかったここディープ駒形に開店した理由が知りたい。

[PR]

# by livehouse-uhu | 2017-03-21 11:58 | Comments(0)  

案外

 ねぇねぇ、みんな箸でパンを食べたことあるよね?

 え、無い!これ、オラだけなの!?

[PR]

# by livehouse-uhu | 2017-03-20 22:55 | Comments(0)