原作への敬意など欠片もない

 たとえどんな娯楽映画であろうと、日本語への吹き替えを声優のトレーニングもしていない著名な芸能人にやらせた時点で、その会社は映画などまったく愛しておらず、ただ金儲けの道具だと思っていることがわかる。

 引き受けた芸能人を責めるつもりはない。仕事として事務所に指示されたら、たとえ自分には難しいと感じても断れるものか。

 そして誰も仕合せにしない不思議なキメラが生まれ落ちる。吹き替え作業など1日や2日で終わるものではなかろう。誰か途中で止める心ある人はいなかったのだろうか。

[PR]

# by livehouse-uhu | 2017-09-18 19:04 | Comments(0)  

マドレーヌよりカステラが好きな中学生がいるとは驚きだ

 いやはやそーたが中学生のくせに忖度してShotgunBluesBandをトリにしたりするから大恥かいたわい。明らかに彼らの方が音楽性が上なんだもの。歌が下手だというのがこんなに情けないとは思わなんだ。

 今まで何十年もバンドやって来て今気付いたんかい!?すまぬすまぬ、そこがダメのダメたる所以よ。

 楽しい二日間(連続周年記念)であった。少年達よ、本当に心から思うぜ。君達の未来のための小さな踏み台になれたならオラはもうそれだけで充分満足だ。踏みつけて駆け上れ。

 やや不満なのは、あまりにもしっかりしていて態度も取り組み姿勢も立派過ぎることだな。もうちょっとツッコんだり怒ったりさせてくれ。

 今日で24日休みがない。そーたやこーすけが「冷たい緑茶」じゃなく「静岡割り」を飲むようになるまでオラの身体が持つかしら。あ、持たなくてもテツとヒロキがいるか。安心だな。

 とりあえず何か食おう。24時間何も食ってねぇや。嘘つけ。

[PR]

# by livehouse-uhu | 2017-09-18 14:45 | Comments(0)  

台風前夜

 こういうのを「成長」と呼んでいいかどうかはともかく、オラはどんなに飲んでも「完全に酔っぱらって記憶をなくし帰り道に自転車ですっ転んだらしく(?)ライトが壊れてTシャツに血がにじんでいる(たまにおまけで財布や携帯がない)」というようなことがなくなった。

 オラもそうだったが、周りの連中のデータからも、その手をやらかすのが一番多いのは酒を初めて飲んだ10代後半から20代ではなく、そこそこ経験値があがった30代~40代前半である。この説にはかなりのヤツが「たしかに!」と納得していると見た。体力が自分自身のイメージと最もかけ離れる時期なんだよね。

 え、ほとんどのまともな人は一生に一度もそんなことやらない!?すまぬすまぬ、周りにまともなヤツがあんまりいないから。

 昨夜は「UHU11周年バカ葵賞~オラの屍を越えてゆけ」。初めてのお客さん、いつもの仲間、遠く大阪からも駆けつけてくれたたくさんのミュージシャン達、Shotbar「NightBird」のマスター、え~それからオーナー陣、みんなありがとうございました。

 牛丼が「吉野家を超えている!」と言われたのがうれしかった。採算を度外視しているから料理人としては失格の作品なのだが、あくまで趣味としても個人があのレベルを達成するのは至難の業だと思う。自画自賛。

 実はLIVEの「MVP」などを発表しようかと思ったのだがやめた。「みんな素晴らしかった」とかいうキレイごとではなく「越えてゆく」対象のオラが歌っていないから褒章はなし。キミタチ、まだオラには及ばないよ。歌っていないから平気で言える。

 でも一応勝ち負けだけはつけておこう。なんの勝ち負け?今年のバカ葵賞は・・・「紅組」の勝ち!!あ、そういうの。

 みんな、これからもよろしくな。ミュージシャンは天上天下唯我独尊でいい。思い切ってやれ。ただし、たまにいる反面教師のように平気で周りに迷惑をかけ、結局自分の価値を下げるような人間にはなるな。

 天上天下唯我独尊は「自分が最高で一番偉い」というような自惚れの意味じゃないぞ。お釈迦様は「自分という存在は誰にも変わることが出来ず、人間として生まれたこの命のまま尊い」と仰ったのだ。

 オラ仏陀は好きよ。だって人間だもの。みつをかい!?

[PR]

# by livehouse-uhu | 2017-09-17 12:25 | Comments(2)  

波の音の下

 沖縄県読谷村で、多くの人が集団自決に追い込まれたと言われる「チビチリガマ」が荒らされる事件があった。オラはその場所についてごく一般的な(何度か新聞で読んだ程度の)知識しか持っておらず、まったく詳しくはないが、集団自決の状況や理由などについて、左右双方極端な考え方をする方々が言い争っており、過去に暴力的な右翼団体によって看板が壊されたりしたことくらいは知っている。

 今回の事件の後、最初に感じた違和感は関係者の「誰が一体何のために・・・」との発言だった。いや、本当にそう思っています?オラのような部外者でも「これはもしかして○○な思想のヤツが・・・」と頭に浮かびましたけど。

 そして地元マスコミを中心に「仮に」と前置きしながらも「集団自決の真実をゆがめようとする動きの中で起こったとしたら、犠牲者の尊厳を傷付け、ガマを中心に平和を訴え続けている人たちへの冒涜だ」というような論調が出始める。

 ネットの中では「犯人像は想像がつく」「決して許してはならない」などの意見が噴出し、公然と「右翼の仕業」が語られ・・・そこで逮捕されたのは「沖縄の16~19歳の少年4人」。理由は「心霊スポットでの肝試し」。

 うむ。「集団自決の真実をゆがめようとする動きの中で起こった」のではないから「犠牲者の尊厳を傷付け、ガマを中心に平和を訴え続けている人たちへの冒涜」にはあたらないのだろうか。

 「想定外の犯人だった」ので「将来を考えて許す」のだろうか。

 やった行為は変わらないのだが。

 先に書いたようにオラは不勉強で集団自決が軍の強制によるものだったかどうか判断する材料を持たない。が、いずれにせよ、慰霊の場所が(それがどちら側であれ)政治的思想信条の道具にされるのは気の毒だと思っている。

 つらく苦しい思いをして亡くなった方々はただ静かにそっと眠らせて欲しいのではないですか。

[PR]

# by livehouse-uhu | 2017-09-16 13:38 | Comments(0)  

ジェット機のように時は流れ

 今日もいろいろあった。今日もいろいろなことを考えた。

 店が終わって帰ろうとした時、とても会いたかった方が久しぶりに現れた。その方がいなければUHUなどとっくにない、というほどの恩人である。そういう恩人が何十人といるのだが。つい数時間前に「ご無沙汰してます!」とメールしたら、エラーになって戻って来たところだった。

 嬉しくなってビールを飲んだ(おごっていただいた)。いろいろな話を聞いた。

 明日は11周年記念。

 みんな、オラの屍を越えてゆけ。

[PR]

# by livehouse-uhu | 2017-09-15 23:48 | Comments(0)  

言語「勘」覚

 しかしまあ次から次へとおかしな人達が出て来るもんだ。ワイドショーも週刊誌もネタには困らないだろうが、逆に「取材なんかしなくていいや」と油断してしまうんじゃないかしら。童謡の待ちぼうけみたいにさ。守株待兔。

 筒井康隆大先生の言語「姦」覚を読んだ後なので、テレビに出て来る人達の日本語が気になって仕方がない。話題になっている(少なくともオラは)全然知らない女優や演出家や脚本家や事務所の社長さんが登場人物(?)の舞台降板騒動だかなんだかも、なにしろほぼ全員の言葉遣いが変過ぎて「こんなんで女優がつとまるのか」という感想の方が先に来てしまう。

 演出家がパワハラをしたとかしないとかで揉めているのだが、それを伝えるアナウンサーがまたずっと「土下座を強要させられた」と言っているのだ。「女優側は演出家に土下座を強要させられた、と主張しています」のように。

 ん?「強要させられた」というのは「演出家によって(別の第三者にでも)土下座を強要することを強要された」ってことか?しかし土下座させられたのは当の女優らしいから、それなら「土下座を強要された」でいいんじゃないか?

 しかし何度この言葉が繰り返されても誰も何も言わないし、それを受けて「土下座を強要させられた女優はですね・・・」などと続けている。

 う〜ん、なんだか自信がなくなって来た。間違っているのはオラの方なのかもしれないなぁ。

 小中学生の頃から「誰かの言葉に違和感を持ってもそんなの自分だけだった」なんてことがよくあったよ。売れている歌の「ナンジャコリャ?」と思うような理解不能の歌詞が、実は全部「日本語として正しく、間違っているのは自分(オラね)の方」だったら悲しいなぁ。

[PR]

# by livehouse-uhu | 2017-09-14 10:16 | Comments(0)  

泳げないプール

 「危険なマタ旅、あおる女優記事」という見出しを見て、オラは最初「もしかしてマタ旅とはヒッチハイクみたいに行きずりの見知らぬ人に売春しながら旅をすることだろうか?」「そんなことをしている女優がいるとはすごいな」と思ったら、マタ旅とは「妊娠中の旅行(マタニティ旅)」のことだそうだ。ホントにお下劣ね。あ、オラがよ?

 有名人が妊娠中の旅行を(今やツイッターに迫るバカ発見器となった)インスタグラムにあげ、それを一般人もマネしてブームなんだという。マタニティビキニっていうのもあるらしい。バ・・・いやまあ人それぞれだからな。

 ところがやはりおすすめできるものではないようで、女医さんが警鐘を鳴らしている。妊娠中は体調が急変することもあり、旅先で何かあったら困るし、それ以上に医師の少ない観光地などで突然旅行中の妊婦が飛び込んで来たりすると、地域の人達にも迷惑がかかるというのだ。そりゃそうだろ。

 なんと順天堂浦安病院には、ディズニーランドに遊びに来て担ぎ込まれる妊婦が多いんだそうだ。バ・・・バカなの!?こっちは人それぞれなんて言ってられないな。

 「インスタ映え」とやらのために物事の本質から外れたいろんなことをして写真を撮っている連中と、バイト先の冷蔵庫に入ってツイートするヤツらとの間にどれほどの差があるだろうか。

 あ、ミュージシャン本人の許可さえ取れていれば、UHUのLIVEをかっちょよく撮って「どこにどんな風にアップしても」OKですよ~!まったくこの男(オラね)は・・・。

[PR]

# by livehouse-uhu | 2017-09-13 20:57 | Comments(0)  

遺伝子だけが受け継がれてゆくXII

  彼岸花。別名曼珠沙華。また別名を死人花。あるいは別名地獄花。今年は一段と突然だったな。つぼみもあるが満開の株もあるところを見ると、オラが気付かなかっただけなのか。心に余裕がないとは恐ろしいことだ。

 このシリーズ(?)も12回目か。UHUは11周年なのに。きっとどこかの年に2回書いているんだな。

  彼岸花。別名曼珠沙華。また別名を死人花。あるいは別名地獄花は、もうすぐ(毎年同じように)やってくる草刈りですっかり刈り取られてしまう。その前にどこかのおばあさんが手折りに来るのだが、それとてほんの一部だ。

 休みがないので少し疲れた。

  彼岸花。別名曼珠沙華。また別名を死人花。あるいは別名地獄花。オラの屍にも咲いてくれ。

[PR]

# by livehouse-uhu | 2017-09-13 12:21 | Comments(0)  

触れれば鳴るギター

 おお、神よ!一神教の神なんか信じてないけど。

 iPhone、iPadでタッチペンを使っている方、タッチペンと機種の相性が悪く、反応が鈍くてイライラしたことはありませんか?

 仕事の効率にも影響するので何本も買い換えたり、結局指にしてせっせと画面を拭いたりしていませんか?

 オラ、ついに発見しました!どんなタッチペンでも簡単に感度が上がる方法を。しかしいろいろ調べていろいろ試したよなぁ。静電気がどうたらとか、中にはタッチペンに乳液を塗る、なんてのもあった。気付いてみたらこりゃコロンブスの卵どころじゃねぇぞ。

 え、引っ張るな?すまぬすまぬ。あのね、設定の「画面表示と明るさ」から「明るさの自動調整」をoffにすればいいの!

 「な〜んだ」って笑っているけど、これは多くのタッチペン難民を救う福音となることだろう。

 なにが福音だよ、一神教の神さまなんか信じてないくせに。

[PR]

# by livehouse-uhu | 2017-09-12 12:04 | Comments(0)  

こんな雨の日には土手の虫達はどうしているのだろう

 すっげ〜やなコト書いてたら、なんか雷が鳴って電波がおかしくなり、みんな消えちゃった。

ラッキー。

[PR]

# by livehouse-uhu | 2017-09-12 10:16 | Comments(0)  

世界の果てに

 オラはまだ「AkashicRecords」が帰って来るのを待っている。

 BASSのAkyは解散ではなく休憩だと言っていた。「シンさんの音楽活動のサポートを出来るのは 私しかいない」と。ならば、休憩が終わるのを待っているヤツがいたっていいじゃないか。

 そして、伊藤園のウーロン茶の段ボールの裏に書かれた(描かれた?)「AkashicRecords」の1stALBUM「機械帝国」の看板を店に大事に飾ってある。ロボットの腕が、絵の中から抜け出してふたりをまたUHUに引っ張って来てくれるような気がするからだ。

 自転車に乗って走りながら「Micro&Macro」を口ずさむ。この宇宙の何処かに、元始からのすべての事象、想念、感情が記録されているという。ならばオラ達は、ライブを録音などしなくていいな。

 今日は今日しかなく、オラ達はただ歌うだけだ。

[PR]

# by livehouse-uhu | 2017-09-11 20:43 | Comments(0)  

救いはどこだ

 「ヒラリー・クリントン陣営が児童の人身売買に関わっているという偽ニュースを信じた男が子供たちを助けようとワシントン市内のピザ屋でライフルを発砲した」ピザゲート事件。

 紹介する日本の新聞は書く。「逮捕され、有罪判決を受けた男の故郷(ノースカロライナ)を訪ねると、犯罪とは縁のなさそうな人物像が浮かび上がってきた」。うん、あっちじゃどんな田舎でも(田舎に行くほど?)ライフルなんか普通にもっているからな。

 「娘2人を持つ熱心なキリスト教徒」。「ボランティアとして大地震直後のハイチに向かい、子供を3、4人引き取ろうとしたが実現せず、帰宅後自分の持ち物をほとんど売り払い子供たちへの寄付に充てた」。「ホームレスを見かけると、車をとめてお金を渡し、その後で父にガソリン代をねだった」。

 すごくいい人だと思います!もちろん悪口を言うつもりはありません!ま、犯罪とは縁がなさそうというのはちょっと怪しいけど、百歩譲ってそういうことにしましょう!

 男の父は「(息子は)フェイクニュースの犠牲者としか思えない」と言い、知人女性は「人々が信じてしまうフェイクニュースがたくさんあることが悔しくてたまらない」と憤る。

 う~ん、どうですかね~?「クリントン陣営幹部のメールの中にピザという言葉があり、ネット掲示板で児童ポルノの隠語として使われているチーズピザからオバマ前大統領の支持者が経営するピザ屋がクローズアップされた」というそのフェイクニュース、フツー信じます?

 そりゃ流した方も流した方だけど。信じて「ライフル持ってピザ屋に向かった」この心優しい男の人にも「ほんのちょっとだけ」問題がある気もするんですが。

 新聞はまとめる。「第2のピザゲート事件を起こさない努力が求められている」。フェイクじゃないけど紋切型だね。

[PR]

# by livehouse-uhu | 2017-09-11 13:24 | Comments(0)  

どうしても我慢出来ないのなら

 白ヤギさんを頼れ。夜に書いた手紙を届けるんだ。

 届けたい何かが、伝えたい何かが、辛くてもしんどくても泣きたくてもオラ達ミュージシャンを突き動かす。

 オラ達?オラ達だって!?嗚呼、もしかしたらオラもこの素晴らしい連中の仲間なんだろうか。オラ、申し訳ないが上手いとか下手だとか気にしたことはない。けれど口先ばかりでいい加減に作ったウソの歌は許さない。

 UHUの入口ドアの右側にマルケンが書いたヘタな絵と言葉が飾ってある。ギターを背負い、ジャンベを従えたひとりの少年は、意気揚々と都会を歩いている。そして呟くのだ。

 音楽は自分。音楽は聴く人。音楽は町。音楽は命。ウソをついてはいけない。

 え~、みなさんすいません、黒水伸一TRIOが名古屋バレンタインドライブで演奏しているのは今夜でした。もう、ウソつき!いい加減なこと書くなよ!!

[PR]

# by livehouse-uhu | 2017-09-10 19:10 | Comments(0)  

韓流の方がマシ

 何故日本のTVドラマがつまらなくなったか、というような記事が出ていた。

 何故って、ねぇ?つまんない脚本をつまんない役者(役者ですらないただの素人だったり)が演じているんだからそりゃつまんないに決まっている。

 音楽も映画も演劇も小説も、必要なのは感性で感受性で、想像力で創造力でしょうよ。事務所の意向だのタイアップ企業の機嫌ばかり気にしている人間にそんなものある訳がない。

 つまり製作者が表現者ではないのです。

[PR]

# by livehouse-uhu | 2017-09-10 18:30 | Comments(0)  

片雲の風Ⅱ

 実は、心打たれる素晴らしいライブには後遺症があって・・・だな、これがなかなかにやっかいなんだ。

 心打つ素晴らしいライブをするミュージシャンはまず例外なく腰が低く、(ネタとして笑いにつなげるような場合を除いて)決してアマチュアの作品や演奏を貶したりバカにしたりはしない。ところが、彼らの演奏を聴いた後のオラが「つまらない作品や演奏に対してやたらめったら厳しくなっちゃう」のよ。あくまで心の中での話だけどね。

 ことに「普段は点数が甘く聴いていて相当困ってもツッコまずに流している若く可愛い女性シンガー」の歌に対してこれが顕著なの。とにかく(少なくとも本人には)余計なことを言わないように気をつけているのだが、こんなところでこんなことを書いてしまう。ダメだろ。

 あ、ひとり例外がいたわ。オラが弾き語り世界一じゃないかと思っているとてつもないミュージシャン、特に名を秘す「YぐちPろし」さん(年下だろ!呼び捨てでいいよ!!)は、UHUのカウンターで「若く可愛い女性のアカペラグループ」の歌を聞いた瞬間「歌も笑顔も全部ウソだな・・・」とか言ってたっけ。

 え、何でそんな恐ろしい状況になったかって?ちょっといろいろあってね。

 今夜黒水伸一TRIOは名古屋バレンタインドライブで演奏しているはず。伸一(同い年だから呼び捨て)、UHUではユウタがアンコールを歌い始めたよ。また、逢える日を待ってる。

 舟の上に生涯をうかべ、馬の口とらえて老をむかふる物は、日々旅にして旅を栖とするんだってさ。

[PR]

# by livehouse-uhu | 2017-09-09 21:26 | Comments(0)