風邪ひかないように

 あらまぁ、神奈川の中学校で女子の制服はスカートとスラックスを選べるようにしたってのがニュースになっているのね。

「スカートじゃなきゃダメ」っていう「強制」をやめたことが話題らしい。校長は「男女らしさはあってもいいが、固定概念から解放してあげてもいいのでは」と仰っている。
 
 性的少数者、つまり「生まれつきの性と自覚する性が異なるトランスジェンダーの生徒」への配慮だそうだが・・・だとすると男子生徒のスカートも認めてあげないとかわいそうだよなぁ。

 いや、固定概念がどうこう言うなら制服なんかなくせよ。

 実はなんでオラがこの件にひっかかったかって言いますとね、オラの生まれた岩手県釜石市の中学校では、冬場は寒さで体調を壊さないように「女子のスカート禁止」でした。ぎゃはははは、固定概念も性的少数者への配慮も「トーホグの冬」の前では形無しだな。

 本当に心を解放したのなら服装なんか関係ないと思うがどうか。

[PR]

# by livehouse-uhu | 2018-01-08 17:43 | Comments(0)  

それは幽霊なんてものではなく

 漁に出たイカ釣り船は確かに八艘だったのに沖には九艘の漁火が見えて「数え間違いかしら」と思っていると、港に帰って来たのはやはり八艘しかいない、なんてことは釜石ではよくある話で、みんな「嗚呼、あれは・・・だったのか」と寂しそうにため息をつくばかりだ。
[PR]

# by livehouse-uhu | 2018-01-07 11:17 | Comments(0)  

銀の翼

 海外で制作された「戦闘機トップ10」とか「ワールドトップ5トレイン」のようなランキング形式の番組では、純粋な「性能」や「独創性」などの他に必ず「汎用性」「運用期間」など「いかに現実に貢献したか」という評価基準がある。

 この辺りは美しく咲いて潔く散る桜を愛でる日本人の感性とは少しズレるところだろう。どんなに素晴らしいモノでも活躍した期間が短くては「あだ花」とみなされるのだから。

 そういう目で大日本帝国海軍零式艦上戦闘機を見れば、どんなに優れた機体であっても「名機」と呼ぶことは難しい。零戦は1940年の運用開始から終戦の1945年まで、わずか5年しか空を翔けていないのだ。

 ちなみに上記の「戦闘機トップ10」であらゆる時代を超えて「ナンバー1」に選ばれたアメリカのノースアメリカンP-51マスタングの「運用期間」は、初飛行の1940年からドミニカ共和国空軍で退役する1984年までの44年間(!)である。

 音楽にも、長くたくさんの人に愛される曲もあれば、ほんの一瞬一部の人の間でだけ眩いばかりに輝く曲もある。勝ち負けならはっきりしているだろうが、音楽は戦争と違って勝ち負けじゃない。

 うむ、オチたようで全然オチてないな。ま、いっか。

[PR]

# by livehouse-uhu | 2018-01-05 11:45 | Comments(0)  

心からの感謝をⅡ

 唐揚げファン(これはいっぱいいるだろうな!)のみなさま、あけましておめでとうございます。

 突然ですが、むつ市(青森県ね。念のため)の航空自衛隊第42警戒群が唐揚げ・・・じゃない「空上げ」を売り出すのをご存知か?

 海上自衛隊は「カレー」、陸上自衛隊は「ミリめし」、航空自衛隊は「空上げ」。ま、当て字は縁起かつぎだね。

 なんとそれがあなた、鶏肉の下味に青森県産ニンニク、青森県産リンゴを使用だって。どっちも高くてなかなか買えないヤツじゃん!?贅沢すぎるじゃん!!

 調理担当の山崎宣浩給養班長は「他部隊の隊員もおいしさに驚く。全国の空自でも指折りの味」だそうです。そりゃそうだろうなぁ、よだれが出そう。

 日本のために日夜研鑽する隊員にはなんぼでもいいモノを食って欲しいが、オラ達一般人も味わえるのだろうか。記事には肝心の(?)値段が出ていない。

 え、まだ決まっていないの?試食後に市内の飲食店で提供予定とのこと。そうか、レシピは最高機密だろうがオラならきっと入手できる。先に作ってやろう。青森県産にんにくをすりおろした時点で一人前(4個)880円は確定だな。ちょっと高いか?

 え、それでも食べたい?こんどUHUでね。

[PR]

# by livehouse-uhu | 2018-01-04 16:25 | Comments(0)  

心からの感謝を

 ツナ缶ファンのみなさま(?)あけましておめでとうございます。 

 突然ですが、ホワイトシップ印・由比缶詰所の「まぐろフレーク油漬」をご存知か?缶の横に描かれた「WHITE SHIP」の絵も美しいが、びん長まぐろを綿実油に漬けたその味たるや・・・。 

 あ~、これが缶詰か。これが缶詰だ。これが缶詰さ。人類が多くの失敗や犠牲の上に辿り着いた究極の保存食品。長期保存が出来て、しかも生鮮食品に勝るとも劣らない風味を持った、英知の結晶。 

 缶詰の発明者であり、不運と失意につきまとわれたフランスのニコラ・アペールに食べさせたかった。これほどの最高の缶詰を、200年以上後の極東の島国の、由比という小さな港町の缶詰所が作りました。 

 ありがとう、アペール。ありがとう、由比缶詰所。ニッポンって素晴らしい。ついでに持って来てくれた「そのひぐらし」にも。ついでかい!? 

 え、食べたい?今度UHUでね。
[PR]

# by livehouse-uhu | 2018-01-03 18:32 | Comments(0)  

近親憎悪

 年始にTVを観たり新聞を読んでいて思ったんだけど「かわいそうにきっと周りに嫌われていて友達も少ないんだろうな~」と感じるヒトに限って「日本人が世界で称賛されているなんてウソです!」と言うよね。

 自分が自分のそばにいる日本人に愛されもせず尊敬もされていないんだから「他の国から日本人がどう思われているか」客観的に見るなんて無理だよ。

 そして必死で声が大きい。

 これは反原発運動をしている友人に聞いたんだが、志を同じくする(ハズの)仲間の中でも、あまりに強硬で反原発を政権打倒などの政治的運動とからめたり、警察批判や死刑制度反対に無理矢理つなげたりして、みんなが「あの人には困るよなぁ。原発問題と関係ないことを持ち込むから・・・」と敬遠しているヒトに限って「くじけないで!私達は間違っていないんだから誰に何を言われてもかまわない」と主張するそうだ。

「みんなが困っているのは一般の人達に反感を持たれるようなことばかり発言しているあなたなんですけど・・・」と喉まで出掛ってなんとか我慢するらしい。

 そしてやっぱりそういう「仲間の足をひっぱるヒト」は何故か声が大きんだよなぁ。

 声が大きいのは自信がない証拠。怒鳴って自分の地位を守ろうとするパワハラ野郎(会社でも家庭でも)と一緒。

 あ、そういうヒトってパワハラも異常に批判するよね!?気付いていないんだな。

[PR]

# by livehouse-uhu | 2018-01-03 18:05 | Comments(0)  

長和殿のベランダに

 新年一般参賀に6万人かぁ。開門前から2万人も集まって開門時間を早めたそうだ。

 1万人来たら3万人と発表されるなんとか反対デモのインチキ数字と違って実数だからな。組合や政党に交通費もらって動員(あるいは強制)されたような人はゼロだし。

 でもさ、「陛下の退位の日が決まってから初めての一般参賀だから」という分析は間違いだと思うぞ。だって陛下に対する国民の心はその時々で変わるものじゃないから。

 これはたぶん今年結婚するまこしーが立つのが最後だからだよ。まこしー?やだな、秋篠宮家の長女眞子内親王を知らないのけ?

 お前(オラね)が一番不敬だよ・・・。

[PR]

# by livehouse-uhu | 2018-01-02 13:50 | Comments(0)  

満身創痍III

 ワキバラが痛くてスッと立てない。ワキバラといえばよく温泉に浸かっているあのデカいネズミみたいな・・・そりゃカピバラだよ。

 しかし考えてみると中学校で柔道部に入った辺りから後の数十年の人生で「身体や心の何処にも痛いところがない」日は無かったような気がするな。こういうのがいわゆる「イタいヤツ」かな。違うか。

 外はいい天気だ。ケッ、天気の話かい。年越しの大騒ぎの後片付けと掃除がまだ残ってる。昨日はほぼ動けなかったのだ。

 自転車、乗れるかな。牛丼が食いたい。お新香も付けて。正月だから玉子も。それから海を見に・・・とても無理だ。

 もう川でいいや。川は海の尻尾だしな。目の前の川まで歩けるだろうか。

[PR]

# by livehouse-uhu | 2018-01-02 10:45 | Comments(0)  

元旦の朝、晴れて風なし

 あけましておめでとうございます。分かりきったことを言うな・・・いやいやみんな言うだろ。この男(オラね)は天気の話もそうだが「分かりきった」予定調和のご挨拶を異様に嫌う傾向があるな。

 そういえば昨年中のライブでは、結構たくさん歌ったのに「残念ながら残り1曲(2曲)となりました!」というのが気に食わないらしく、持ち時間いっぱいまでしゃべり倒して「はい、最後の曲です」とか、「名前だけでも覚えて帰ってください」を「名前だけでも忘れて帰ってください」と言ったりしてたな。ただのバカだわ。

 年末恒例カウントダウン、素晴らしい歌を聴かせてくれたみんなにはもちろんだが、たくさんのボランティアスタッフに助けられた。君達がいなければとても無理だったよ。あがとりい。素直にありがとうって言えんのか!?

 それでは毎度おなじみのご挨拶。倒れるまでやるからよ。死ぬまでは生きよう。オラの屍を越えて行け。

 今年もよろしく。あ、それはいいんだ・・・。

[PR]

# by livehouse-uhu | 2018-01-01 16:32 | Comments(0)  

セルフPAシステムⅡ

 今日は大晦日。分かりきったことを書くなよ。よほど疲れてんな。目と鼻と喉と肩と脇腹と胃と腰と膝がちょっとね。
 
 それでも飲むのだ。いろんな痛いところが、酒を飲むとピタリと治ま・・・それは治まってるんじゃないぞ。

 突然だが、静岡の(今時の)若者はとても「ちゃんとしている」と思う。本当に心から思う。そりゃ中にはどうしようもないのもいるが、多くは大変礼儀正しく、真面目で努力家だ。羽目を外すことはあってもオラ達、いや「達」っていっちゃいけないな、オラが仙台で20代だった頃の東北大、東北学院大、宮城教育大、東北工業大、東北福祉大、宮城学院女子大などの連中を考えれば「尊敬」に値するほどだ。

 え、女子大も!?うん、女子大も。

 オラね、最初は東北大近くの八木山っていうところに住んでたんだけど、いろいろ引っ越して最後は宮城学院女子大近くの東勝山にいたんだ。宮城学院女子大の女の子達が遅くなった時に泊まれるように。

 た、達・・・?

 フン、年末だから年寄が見栄をはっただけだよ。

 大晦日、今夜は17:00~カウントダウンオラの屍を越えて行け飲み放題申し出順朝までライブだかんな。来いよ。ぜって来いよ。テツが療養中だから空気嫁よ。読めじゃないぞ。待ってる。

 どうしても来られない方は良いお年を。一年間ありがとう。来年もよろしく。

[PR]

# by livehouse-uhu | 2017-12-31 13:41 | Comments(0)  

セルフPAシステム

 明日は大晦日。分かりきったことを書くなよ。よほど疲れてんな。目と鼻と喉と肩と脇腹と胃と腰と膝がちょっとね。

 突然だが、静岡の(今時の)若者はとても「ちゃんとしている」と思う。そりゃ中にはどうしようもないのもいるが、多くは大変礼儀正しく、真面目で努力家だ。羽目を外すことはあってもオラ達、いや「達」っていっちゃいけないな、オラが仙台で20代だった頃のことを考えれば「尊敬」に値するほどだ。

 だがどうも年末年始に街にあふれている若者の集団は違うようだ。見た目はいかにもお洒落な大学生っぽいのだが、平気で人や車に迷惑をかけ、歩きタバコをして吸殻を路上に投げ捨て、ヒドイのは女性に絡んでいる。「東京にいって帰って来ると・・・」なんてステレオタイプなことは考えたくないのだが。

 当たり前だけどそれも一部の連中で、声が大きいから目立つだけなのだろう。今夜UHUに帰って来る「東京で頑張っている静岡のミュージシャン達」は本当に最高だもんな。

 企画の中にある「一曲入魂ステージ」っていうの、オラも出してくんねぇかな。

[PR]

# by livehouse-uhu | 2017-12-30 13:09 | Comments(0)  

今日の友は明日も友達そうさ永遠に

 今年も山のようなしんどいことから少しの嬉しいことまでいろいろあって「10大ニュースを選べ」と言われても(誰も言ってないけど)すぐにはまとまらない。

 その中で「とにかくこれだけは入るな」と思うのが、5月5日(朋友凸とお父上の誕生日)にニコニコ動画に投稿された「レオモン」のゲーム実況「ポケットモンスターコイキング~金鯱の逆鱗-最終話-」だ。

 「レオモン」に出逢ったのは2011年。金色のコイキングだけで殿堂入りを目指すというその実況プレイ動画は、どんな映画や音楽にも負けない(勝ち負けじゃないんだが)現代が生んだ(現代にしか生まれない)「魂の芸術」だった。

 「レオモン」は色違いの「金のコイキング」1匹のみというルールを自分に課してポケモンルビーに挑んだ。野生のポケモン討伐と木の実、育て屋、ふしぎなアメ、トレーナーとの再戦も禁止した。何のためだなんてオラは知らない。

 最初の試練は「金のコイキング」を釣り上げること。別カセットを使ってひたすら釣った時間は353時間17分。3万9416匹目でゲットした「金のコイキング」に「しゃちほこ」と名付けた「レオモン」は、様々な試練やトラブルを乗り越えて感動の実況を続けてゆく。

 間が空きながら動画はアップされるが、2013年6月、第10話前編で投稿がストップ。多くのファンが「ついに力尽きたか・・・」「失踪」と思ったまさかの3年後、2016年8月。「会社を辞めた!」(スタート時は大学生だったらしい)という言葉とともに「レオモン」は帰って来た。そしてついに2017年5月5日「ポケットモンスターコイキング~金鯱の逆鱗‐最終話‐完結編」が投稿されたのだ。

 笑って笑って笑って号泣した。決して運には愛されず、ただひたすらしゃべりまくり、闘い続けた「レオモン」。激流のように書き込まれる「ありがとう」や「おめでとう」に混じる「小1から中学生になりました」「結婚しました」「夢だった消防士になれました」などの視聴者の声。

 最後の敵、アーマルドを倒した「レオモン」は嗚咽しながらつぶやいた。

 「終わったんだ・・・おまえがやったんだしゃちほこ・・・誰よりも弱いと言われているおまえがやったんだ・・・他の誰でもないおまえがやったんだ・・・おまえでよかったよ・・・あん時釣れてくれたのがおまえでよかった・・・たった一人の相棒が・・・」

 「レオモン」くん。「レオモン」さん。「レオモン」さま。6年間本当にありがとう。あなたが投稿したこの「あるゲームの実況動画」は、人類の偉大な財産です。 
[PR]

# by livehouse-uhu | 2017-12-28 16:59 | Comments(0)  

不公平

 山形道の雪の中で立ち往生している車の人や旭川で吹雪にあっている人には本当に申し訳ない。といってもまあ少なくともオラのせいではないのだが。

 今日は半袖Tシャツの上にミリタリージャケットNー3Bだけを着ているのだが、自転車で買い出しをして店に着いたらじっとり汗ばんでいた。
 

[PR]

# by livehouse-uhu | 2017-12-28 15:40 | Comments(0)  

アクシデンタルオフサイド

 ラグビーで「攻撃側のボールを持ったプレイヤーが自分より前にいる(当然ボールを持っていない)味方のプレイヤーにぶつかってしまう」反則である。

 ラグビーをまったく知らない人は「味方の邪魔をしても反則なのか」と思うかもしれないが、前にいる攻撃側のボールを持っていないプレイヤーが防御側のタックルの妨げになること、つまり「味方のプレイヤーを盾にする行為」を規制しているのだ。この辺はバスケのスクリーンやアメフトのブロックとは大きく考え方が違う。

 対して「防御側の(当然ボールを持っていない)プレイヤーが攻撃側のボールを持っていない(たとえばパスを待っている)プレイヤーにぶつかったりして邪魔をする」のが「オブストラクション」という反則だ。こちらは「まだボールを持っていないプレイヤーを先回りして妨害する行為」を規制している。

 そして(当然攻撃側の)ボールを持っているプレイヤーに対してなら、防御側のプレイヤーは体当たりして吹っ飛ばしても抱き付いて地面に押し倒しても足元に頭から突っ込んで仰向けにひっくり返してもかまわない。なんて野蛮なスポーツなのかしら。

 結局、卑怯の概念って人によって違うよね。あ〝〜、そういうまとめはいいから!?

[PR]

# by livehouse-uhu | 2017-12-28 11:29 | Comments(0)  

ピンチ

 いろいろと困ったことになっている。テツが体調不良で年末年始療養なのだ。

 困るより先に身体を心配してやれよ。冷たいヤツ(オラ)だなぁ。でも「大丈夫か?」より前に「え、どうしたらいいの?」って思ったのは事実だ。普段頼り切っているからだぞ。すまぬすまぬ。

 さて、マジでどうする。ドリンクやフードだけじゃなくライブも全部セルフってのはどうだ?お、案外斬新でいいな。

 え〜、みなさんUHUに来ればカクテルの作り方やデジタルPAの操作がお安く体験出来ますよ〜。

 インチキ商売?やだなぁ、街のなんとか教室ってみんなそんなもんでしょ。やめろよ、ヲイ。

 お願い、常連達、手伝って。

[PR]

# by livehouse-uhu | 2017-12-28 09:55 | Comments(0)