怪我の功名

 嘘でもインチキでもないんだけど、調理人が時々やっちゃう、そしてちょっと後ろめたいことの例。

 たとえば今日のオラがそうなんだ。ストフェスは毎年あったかい豚汁が無料で、200杯くらい作るの。でね、味噌を買いに行ったらたまたま同じ銘柄が一袋しかなくて・・・さっきお客さんに「美味しい!」と言われて「実はねぇ、二種類の味噌を混ぜて作ってるんですよ~」なんてな。

[PR]

# by livehouse-uhu | 2017-11-18 12:46 | Comments(0)  

ただ空があるだけ

 明日から二日間、青葉公園とUHUはストリートフェスティバル。

 主催から連絡があり、毎年お世話になっているスタッフさんと連絡が取れないらしい。UHUとも縁のある方なので気掛かりだ。みんないろんな悩みや事情を抱えている。

 この時期にしか会えない人もいる。そして今年も会えるという保証はどこにもない。

 歌おう。誰かを憎んだり、仲間はずれにしたり、そんなことしてもただオラたちの頭の上には、でっかくてどこまでも続く青い空。


 平和で豊かな国 信じ合える人ばかり

 だけど明日は どうなることやら 誰にもわかりはしないさ

                      「ケサラ」〜リクオ

[PR]

# by livehouse-uhu | 2017-11-17 09:17 | Comments(0)  

花の道

 「法律家」

 法律の裏をかくのに熟練したもの

                「悪魔の辞典」〜ビアス



 あ、こりゃまったく音楽家にもあてはまるわ。みんな変わった展開やコード進行を探していて、見つけるとほくそ笑むよね?

[PR]

# by livehouse-uhu | 2017-11-15 10:37 | Comments(0)  

どこを切り取る

 「共産都議の息子、強制わいせつで逮捕」という見出しはどう考えてもおかしい。

 成人が犯した罪に親の責任があるかどうかの議論以前に、ことの本質や重要性がまったく逆転しているじゃないか。「共産都議の息子」であることに記者が自分の偏見を乗せ、大衆の好奇心を煽るために作ったとしか思えない。本来ならなんの関係もないんだから。

 それが自分にとって共感するものであれ、納得出来ないものであれ、思想信条を持ち込んで事実を歪めたりある種の操作を加えた瞬間にそれはもう「報道」ではないと思う。

[PR]

# by livehouse-uhu | 2017-11-15 10:27 | Comments(0)  

逆じゃない?

 ねぇねぇ、嫌味でも皮肉でも批判でもなく純粋な疑問なんだけどさぁ、ってお前が(オラね)そういう書き方をする時はほとんど嫌味で皮肉で批判だろ!?

 同じ日本という国に生まれて同じ日本語を話し得られる情報も(もちろんネットを含めて)ほぼ変わらない同じ民族の人間に対して「いなくなれ」「絶対に許せない」挙句は「しね」とまで罵るような人に限って、違う国で違う言葉を話し違う情報源(や宗教)を持つ異民族が「日本人など皆殺しだ」ととんでもない挑発をして来ると「話し合えばわかる」と言うのは何故かしらね。

[PR]

# by livehouse-uhu | 2017-11-14 17:18 | Comments(0)  

君に会えてよかったよ。Ⅱ

 かくれみのだけじゃない。心を込めて一生懸命歌うみんな、UHUは(オラじゃなくUHUという箱は)オマエラが大好きだ。

 しかし、ログインしたまま放置しておくのはやめよう。かくれみのでよかったけど、〇〇とか××みたいなバカになりすまされて下ネタを書かれたらえらいことだものなぁ。

 いや、自分で書くのと大した変わらんか。

[PR]

# by livehouse-uhu | 2017-11-13 23:21 | Comments(2)  

君に会えてよかったよ。

ボスが何か書いてる。たまに私の名前も登場する。
かくれみのです。
ボスのブログを乗っ取ったぞ。

今日は「かくれみののきせつ~あき~」だった。
ギリギリだったけど歌った。
なんでUHUはこんなに優しくしてくれるんだ。
売上に貢献しない馬鹿なミュージシャンに。

私はかくれみのといいます。
歌っています。知りたいのは本当のこと。
これからも歌います。
じゃあまたね。

[PR]

# by livehouse-uhu | 2017-11-13 22:40 | Comments(0)  

融合

 かくれみのがクロキユウタの歌を歌っている。

 普遍なるもの。音楽は決していつもいつも人の心を慰めはしない。そしてそんな小手先の癒しなど欲しくない自分がいる。

 本当にお前らに会えて良かったよ。



 次の朝彼らの目は ひとつの太陽にくぎづけにされながらも
 
 それぞれ別々の方向へと歩いてゆき もう二度と戻ってくることはなかった

 それじゃあまたいつか 君に会えてよかったよ

                   「バラッド」~クロキユウタ

[PR]

# by livehouse-uhu | 2017-11-13 21:44 | Comments(0)  

バイタリティ

 オラ、たまに我慢できなくなって「そりゃね~だろ、いくらなんだって!」というような怒りを込めた誰か(や組織の)悪口を書いてしまうと、やっぱりしばらくは自己嫌悪に陥ったり、仮に「決してオラは間違っていない!反論があるならいつでも来い!!」と思っていても「そもそもオラにそんなことを言う資格(?)があるのか?」と悩んだりする。

 人はそれぞれでみんな自分が正しいと思って生きているんだからね。

 ツイッターだのフェイスブックだので、まさに「のべつまくなし」数十分か数時間おきに「政治家やそれを支持する人やとにかく自分とは考えの違う人達」をひたすら罵倒(しかもそれを毎日毎日)しているのを見かけることがあるが、すごいエネルギーというか心が強いなぁ、と思う。

 アレ、誰かに頼まれているかお金貰ってるんだろうか。いや、それ以前にヒマなのかな。うらやましいぞ。

[PR]

# by livehouse-uhu | 2017-11-13 20:56 | Comments(0)  

国際貢献

 この話は「爆笑」するからな。絶対に牛乳など飲みながら読んではいかんぞ。

 「自衛隊のちょっといい話」みたいなヤツで「イラクに派遣された際、自衛隊のあまりの礼儀正しさ勤勉さに感動したイラクの市民が自発的に自衛隊支援のデモを始めた」というのがある。米軍の兵士が「日本政府が金払ってやらせたのか?」と疑った(無理もない)というこの実話、はしっこの方にとてつもないギャグが隠れていた。

 「デモ隊がこっちに向かっている」と聞いた自衛隊員は(米軍と同じように)まさか自分達を支援するためだとは思わず、緊張していた。ところがなんとデモ隊の旗には自衛隊に感謝する言葉ばかり。「あっりゃ~、この人達本当にオレらを励ましに来たんだ・・・」と気付いた彼らは、とても暑い日だったので飲み物やアイスを配ることにした。
 
 しかし市民の数は多く陣地の後方から運ばれるアイスが足りない。前線(?)で応対していた隊員が叫んだ。「アイス全然足りね~。お~い!補給早く!!弾幕薄いぞ~」。

 おまけ。イラクの人達は貰ったアイスを喜んで食べてくれたが、包み紙をみんな平気で地面に捨ててしまうので隊員が黙って拾っていた。するといつの間にかみんな今さっき自分が捨てたゴミを一緒に拾いはじめたそうな。

 そこにいたイラクの子供は、きっと死ぬまで日本の勇敢で優しい侍のことを忘れないだろう。

[PR]

# by livehouse-uhu | 2017-11-12 12:45 | Comments(0)  

救われない

 あまりに気味の悪い事件で意図的に触れずに来たが、9人も殺された残虐な事件の被害者が顔写真付きで一斉に報道された。

 いろいろと思うことはあるけれど、正直何を言っても仕方がない。こういうこと(猟奇的殺人も好奇心を煽る報道も両方)はなくならない。ずっとこうであり、ずっと戦いであり、ずっと人間は変わらないのだ。

 たとえ誰がどんなに糾弾し、犯人が裁かれ、世間が批判し、マスコミがやり玉にあげられようと、繰り返される。ただそれだけのこと。

 そして、なくそうとする理想主義者と、罰しようとする現実主義者の間の溝は深まって行く。

[PR]

# by livehouse-uhu | 2017-11-11 13:29 | Comments(0)  

ビッグGM・コンサイスコンポ

 スポーツカー、すべてのバイク、戦車、戦闘機、ギター、(ラグビーの)スクラムハーフ、家。

 ふっふっふ、これらはオラが「ちいさいほうがかっこいいなぁ」と思っているモノ達だ。

 タイトルは約40年前の「テクニクス(パナソニック?ナショナル?)ステレオ」のCMだよん。一部の変なオヤヂども、懐かしいべ?

[PR]

# by livehouse-uhu | 2017-11-10 12:52 | Comments(0)  

つながる絆

 来週11月16日(木)から日本武道館で平成29年自衛隊音楽まつりが始まる。

 オラは16日(木)最後のシャングリランドに出演者として参加、翌日はアイドルカフェ、土日はストフェスなので申し込みは出来なかったが、チケットの倍率はなんと6~7倍・・・。3日間で5公演あるのにそのそれぞれが全部だぜ?どんだけ自衛隊を愛しているんだ日本人。

 まあ無理もない。これほど誇らしく美しい組織はそうない上に、その音楽隊の演奏が並はずれて素晴らしい日本最高峰のオーケストラだというんだからもう抵抗する術なんかないよね。告知動画を観ているだけで泣きそうだ。

 三宅由佳莉3等海曹をお目当てに行く人も多いんだろうなぁ。いや、オラは決して彼女だけを特別視しては・・・いやいやいやあくまでも1人の優秀な隊員として尊敬しているのであって彼女が別格の存在だなんてことは、言い訳すんな!しょうがないよ。あの歌声、あの毅然たる態度、微笑。音楽を志してあそこまでになれたら本望だろう。聴きてぇ、近くで。

 海自は得意の「宇宙戦艦ヤマト」を演るのかなぁ。あ、ふと思った。予定がなくて抽選に当たってもオラには無理だ。迷彩服を来たラッパ隊のドリル演奏なんか観た後、海自のユーモアあふれるプログラムからヤマトが始まってもしも由佳莉さんが「さらば地球よ」と歌い出したら呼吸困難になって倒れちゃうわ。

 隊員のみなさん、どうか体調に気をつけて頑張ってください。足元にも及ばないどころか輝く星と釜揚げしらす(海を泳いですらいない)くらいの差があるけれど、ちっぽけなオラも平和とトーホグのために一生懸命歌います。

[PR]

# by livehouse-uhu | 2017-11-09 16:21 | Comments(0)  

盤上の宇宙III

 プロの早指し戦で「55秒、56秒、57・・・」と秒を読まれた棋士が(時間が切れたらその瞬間に負け)ギリギリで相手の駒を取り、そこに打ち込んだ自分の駒が斜めに乱れている光景は観ているこちらまでドキドキする。
[PR]

# by livehouse-uhu | 2017-11-09 09:41 | Comments(0)  

盤上の宇宙Ⅱ

 盤上の宇宙っていうとさ、なんか将棋よりも囲碁っぽいよね。武宮本因坊の宇宙流ってのもあったし。布石は三連星よな。う~ん、格好いい。ガイア、オルテガ、マッシュってか。そりゃ違うし、序盤で話がどっかいっちゃってるじゃね~か!お前(オラね)はハライチの岩井か!?

 ほれ、帰ってこい。

 え~、将棋の場合は宇宙より海に例えることが多いですね。漫画「ハチワンダイバー」でも菅田健太郎が将棋盤に潜ってたし。詩人の吉増剛造氏と羽生善治棋聖の対談本のタイトルは「盤上の海、詩の宇宙」だった。

 あのさあのさ、普段パソコンで漢字に変換すると「そんなの滅多に使わね~だろ!!」というのが一番に出て来てイラッとすることが多くない?いま(棋聖を期待して)「きせい」と打ったら「規制」が最初で「これはまあ当然だな」と妙に納得しちまったぜ。

 帰ってこい・・・。

 その盤上の海は、棋理を極めようとする人やプロ棋士にとっては、ひろくておおきくてつきがのぼるしひがしずみおふねなんかうかばせていってみたいなよそのくになんだけど、オラのような才能センスすべてゼロでも将棋が好きなんだよ~将棋が指したいんだ~のアマチュア将棋指しにとっては、す~ぐ潮に流されて溺れちゃう怖いところなのよ。

 でっかい波を乗り越えるどころか浅瀬で沈没。

 うむ、あっちこっち話が逸れた割にはなんとか救命ボートで港に帰ったな。

[PR]

# by livehouse-uhu | 2017-11-08 12:32 | Comments(0)