<   2018年 01月 ( 35 )   > この月の画像一覧

 

高所歓喜症II

 安倍川の土手から天体望遠鏡でスーパーブルーブラッドムーンが欠けていくのを観た。

 寒いだけだよ!ふだんのハーフムーンの方がクレーターとかよほどよく見える。

 とかなんとか言いながら、アパートの他の部屋のベランダにまったく人影が見えないことについて「お前ら、興味ないんかい!?」と文句を垂れるのも忘れない面倒な男(オラね)であった。

[PR]

by livehouse-uhu | 2018-01-31 22:39 | Comments(2)  

高所歓喜症

 オラのボロアパートに来たことがあるヤツは西側の窓(ベランダ)からの素晴らしい眺めを知っていると思うが、今朝はあまりの快晴に閉めたままの窓一面が真っ青になっていた。

 そういえばバカと煙は高いところが好きなのに、今までに住んだ一番高い部屋でも二階だな〜、とふと思った。

[PR]

by livehouse-uhu | 2018-01-31 09:49 | Comments(0)  

オレ、穴を掘る、わき目もふらずに掘る、自由を求めて

「近頃の若い者は・・・」という言葉は数千年前のピラミッドにも書かれている、なんてことをよく聞くが、真偽のほどは定かでない。

 まぁ清少納言ちゃんも枕草子で「最近の若い子ってホント言葉遣いがなってないわぁ」と嘆いてるから「いつの時代でも」あったんだろう。

 そしてオラもつい言ってしまうのだ。

 近頃の若い者は・・・みんななんてしっかりしていて優しくて真面目で素晴らしいんだ!

 どいつもこいつもオラ達、いや、達って言っちゃいけないな、オラが仙台にいた20代の頃なんかに比べたら恥ずかしくて情けなくて穴があったらブロンソンズの「大脱走'95」を歌いながらどんどんどんどん深く潜ってしまいたいくらいだ。

 そりゃもちろんどうしようもないクズやチンピラもいるよ、いつの時代にも。だけどね、今オラの周りにいる若者は一生懸命働き、歌い、生きているヤツらばかり。驚いちゃう。

 いい歳なんだから少しは見習わないと。それはヤダね。はぁ!?

[PR]

by livehouse-uhu | 2018-01-30 12:08 | Comments(0)  

臭い食べ物好き

 腹減った。あ、これで終われば楽だな。何が?人生が。ち~が~う~だ~ろ~!!もう古いよ。

 腹減った。わざわざ外に行く気がしない。でもUHUにもすぐ食べられるものはカップ麺しかない。なんとなく気分じゃないな。そしてあれこれつくるのはめんどくさい。

 チーズ、クラッカー、ナッツ、梅干、う~ん、どれもピンと来ない、というよりお腹にたまらないだろ。

 こんな時おでんの玉子なんかがあると意外といいんだよね。今から玉子を茹でるのも時間かかるし・・・はっ!皮蛋(ピータン)!?

[PR]

by livehouse-uhu | 2018-01-29 15:03 | Comments(0)  

シンプル、ニラのみが好き

 よくさ、商品には含まれていない「豪華な具」がトッピングされた写真がパッケージに使われていて「※写真は調理の一例です」なんて小さく書いてあったりするでしょ?

 とても美味しい韓国産のチヂミ粉があるんだが、その袋の写真が、エビやイカがふんだんに乗っているのにすごい不味そうなの。なかなかに稀有な例である。

 そしてやっぱり「※写真は調理例です」って書いてある。失敗例かな。

[PR]

by livehouse-uhu | 2018-01-27 21:39 | Comments(0)  

原点は少年少女世界文学全集

 得意技(?)は幼児逆行、などとつまらないことを書こうとしてふと気になり、確認するとやはり幼児逆行などという言葉はおかしく、正確には幼児退行であった。

 詩や詞やブログをずっと書いてきて、まあ一般的な日本人としてそんなに語彙の貧弱な方ではなかろう、なんて自惚れていてこの有様である。

 特に技を使って退行するまでもないな。

[PR]

by livehouse-uhu | 2018-01-27 12:25 | Comments(0)  

天秤は傾かないII

 地球温暖化についてあれこれ書くのはこれで何回めかな?これもやっぱりつまらなくて(つまらないけど?)当たり障りのない「お天気の話」の範疇なのだろうか。

 まあとにかく「温暖化している」「温暖化なんて嘘」が両者拮抗入り乱れている訳だ。明日の地震も明日の噴火も明日の天気も予想出来ない人達が何故かお互いに自信満々で喧々諤々「こっちが正しい!」「こっちが科学的だ!」とやり合っている。

 こういう場合はだいたい「決めつけるヤツは嘘つき」で間違いない。

 それでもある程度の判断基準はある。「どんな人がどちらを主張しているか」だ。経歴とか主張の仕方とか何か他の利害関係と絡めているかとかね。

「地球温暖化ってホントに進んでるの?」という問いにきっぱりと「はい、そうです」と答えているのは、元国際線のCA(昔でいうスッチーな)で元ニュースステーションのお天気キャスターなる女性。

 ぎゃはははひはひ、お前(オラね)は意図的に特別面白そうなのを選んで来ただろって?そんなことないっすよ。

 この方、中国の周近平主席とアメリカのオバマ大統領が「パリ協定」に批准したことことが「世界中を感動させ」「人種や紛争を越え国境を越え二酸化炭素削減に向けて手を取り合った」と書き、さらに「個人的にはこれだけでも素晴らしい」「戦争や紛争は絶え間なく続いているけど温暖化という枠組みであれば仲良くできる」と続ける。

 ほら、そこ!笑ってんじゃない!!いや、オラも笑っちゃってるけど。

「地球温暖化は嘘とする学者の説には化学的(原文ママ)根拠が一切ない」と非難しながら、自分は「科学的にうんぬん以前に人権的に素晴らしいことだと思うわけです」ってなんぼなんでもワザとかよ!?ウケ狙いか?

 人権的にどうこうは科学的根拠とはまったく関係ないものなぁ。ま、結局不都合であれ都合のいいものであれ、真実はそう簡単には分からないというつまらなくて(つまらないけど?)当たり障りのないオチだ。

[PR]

by livehouse-uhu | 2018-01-26 11:20 | Comments(0)  

自然淘汰

 「危険な洗剤チャレンジ、注意呼びかけ」っていう見出しを見て、てっきりアムウェイ(そういえば最近名前を聞かなかったなぁ)にひっかかる人がまた多くなっているのかと思ったら、洗剤を口に入れる動画を投稿するバ〇が増えて中毒者も出ているんだそうだ。

 しかもアメリカの話か。いいからほっとけよ。バ○が減って・・・。

[PR]

by livehouse-uhu | 2018-01-25 15:24 | Comments(0)  

Romanticが止まらない

 昨夜はファンキー末吉とザビエル大村。還暦目前の二人が、キャンピングカーで寝泊まりしながら全国でライブならぬ「実演販売会」をしている。

 その圧倒的なパフォーマンス、その音楽に宿る神々しいまでの魂。

 ファンキーはあの(!?)ジャスラックと死闘を繰り広げ、この度それを記した本を出版した。オラもなんだかんだでいろいろあったが、この組織の名前をここにちゃんと書くのは初めてである。自分の指やブログが穢れる気がして書きたくなかったのだ。

 音楽を愛し、音楽を信じ、音楽とともに生きてきた老ドラマーを、ただ金のためだけにひねり潰そうとした者達よ。裁判で勝っただの負けただの好きなように言っていればいい。街のピアノバーを、子供の音楽教室を、日本の音楽を潰そうとするがいい。

 全ての自然に宿る精霊がお前達を決して許さない。

 誤解を招かないように書いておくが、現在UHUはジャスラックと契約している。そして過去数年に遡っての支払いをしている。何故遡って?オラがゴネていたからではない。

 店をオープンする時「事前に」申請をしたのだが、ジャスラックはそれを数年間無視し、ある日突然「お前は申請もせず勝手に使っているから契約せよ」という文書を送り付けて来たのだ。

 オラは何度も担当者に連絡し「事前に」こちらから申請しているのにどうしてこうなったのか説明を求めた。返事はまた数ヶ月なく、やはり突然に送られて来たのは「数百万円払わないといけなくなるよ?」という脅し文だった。

 電話をかけて担当者の名を告げるオラに女子事務員は言った。「転勤で人が変わりましたので少しお待ちください」。

 新しい担当者と一から話し合いを繰り返し、まったく納得がいかなかったが疲れ果てたオラはある金額で契約してしまった。そのことを詫びるとファンキーは「ボス、頑張ったね。嫌な思いをしたね」と慰めてくれた。

 前回ファンキーはC-C-Bの故渡辺英樹さんと一緒だった。ヒデキングのことを思い出し、少し泣いた。

 あれほどのヒット曲を持つグループのリーダーだった英樹さんでさえ、全国のライブハウスで演奏したことで「ただの一度も」ジャスラックから著作権の振込みを受けたことがなかったそうだ。今に至るまで、UHUで演奏して著作権の振込みを受けたというミュージシャンは「ただの一人も」いない。

 日本中の小さなライブハウスから集められたお金は、どこで何に使われているのだろうか。

「日本の音楽が危ない」。ファンキー、オラ達はイカサマ野郎なんかに負けないよ。

[PR]

by livehouse-uhu | 2018-01-25 11:24 | Comments(0)  

バベルの塔II

 20:30から8:30まで寝てしまった。バカボンのパパか。身体がギシギシする。ずっと休みがなく、睡眠時間もひどい時は3時間だったからなぁ。ナポレオンか。

 物の本によると(これもなんだか変な言葉よのぅ)適切な睡眠時間は7〜9時間だそうだ。24時間しかない中で2時間も幅を持たせて適切もクソもないもんだが。

 それを発表したのはNPO法人「アメリカ睡眠財団」なる組織。う〜む、バ◯に教わってどうする・・・やめなさい。

 草津で噴火があり、陸自隊員が亡くなるなど多くの死傷者が出た。気象庁は「まったくの想定外」「予測は困難」といつもの通り。事後報告のための組織。

 そもそもずっと言われている通り、地震や噴火予知研究に本当に意味があるのだろうか。いや、当たる当たらない以前に、年間100億円もの予算を出来もしない予知に食い潰すならそのお金で被災者を救った方が、と考える人がいるのは当然だろう。東京大学のゲラー教授は「ハザードマップなどない方がまだマシ」と主張している。無意味ならまだしも害悪ではないのか。

 助かった人の中で、インタビューに応えてあきれるほどおかしなことを言っている人がいた。まるでこういう事態に遭遇して喜んでいるかのよう。

 その人が(どういう意味か知らんが)「愛してるよ!」と言った時につい思ってしまった。「この人、たぶんスキーヤーじゃなくスノーボーダーだな・・・」。

 ああ、偏見だ。まさに偏見だよ。思ってしまったものは仕方がない。

 教授訓練をしていた49歳の自衛隊員さんのご冥福をお祈りします。合掌。

[PR]

by livehouse-uhu | 2018-01-24 09:37 | Comments(0)