2018年 01月 13日 ( 1 )

 

センターは難しいポジションII

 ま、いつものごとく何度も同じことを書く訳だが、右翼にも左翼にもそれぞれの言い分があって、とりあえずというか当然というか「自分の考えが正しい」と信じて活動しているのだろう。

 その双方で、あまりに極端で敬遠されているような人の特徴は、自分の考えを伝える以前にとにかく相手陣営を攻撃することだ。

 もうひたすら悪口である。かたや「朝◯新聞は◯ね」「共◯党は犯罪組織」「韓◯とは断交しろ」かたや「ア◯は独裁者」「自◯党支持者は白痴」「アメ◯カこそ戦争狂」・・・。

 普通の感性をしていれば、完全な悪も完全な善もないことくらい分かりそうなものだが、極端になればなるほど「まともな忠告」をしてくれる人は周りから離れてゆき、お互いに上っ面だけで共感する仲間(同類?)同士で「おっしゃる通りです」「いい指摘ですね」「僕もそう思います」と励まし合って「社会の常識から逸脱した思想信条」は熟成されていく。

 センターというポジションは。実はいつも真ん中にはいない。相手の攻撃によって右寄りや左寄りに位置を変え、攻撃する時も少し後ろから縦に入ったり自分の右にパス、あるいは左にパス、時にはキックで敵陣の裏に・・・ちょっと待て!?

 お前(オラね)、この話の流れで「たとえ」にラグビーのセンターを出して来たの?どう考えても野球のセンターの方が分かりやすいだろ!

 自分の知識が偏っていると気付かないヤツはこんなもんです。

[PR]

by livehouse-uhu | 2018-01-13 10:54 | Comments(0)