2017年 11月 27日 ( 2 )

 

海は帰らない小舟の数を覚えているかⅡ

 秋田の男鹿にまた漂着船があり、今度は8人の遺体が発見された。北朝鮮のものかどうかまだ確定されていないが、おそらく・・・。

 写真を見る限り、とても日本海を渡れるような船ではない。違法操業をするために日本の漁場に近づくことさえ命懸けだろう。日本の漁師から見たら明らかな犯罪者であり、もっと大きな国としての視野でも日本人を拉致し、ミサイルを撃ち、悪逆の限りを尽くす国の国民だ。

 思想的(自分が嫌いな自国の指導者の足を引っ張りたい、というような)背景がない多くのまともな日本人、そして民主主義国の多くの人が経済制裁に賛成している。

 だがオラは思ってしまうのだ。なんであれ気の毒ではないか。もし、脱北を狙って失敗したのでなければ、本当はそんな無茶などしたくないのに家族のために荒れた海に漕ぎ出さざるをえなかった漁師達。どれほど怖かっただろう。どれほど苦しかっただろう。海は非情で、誰に対しても平等に厳しい。

 比べ物にならない程豊かで美しい国で、今夜も普通に布団で眠れるオラ達日本人が、なんとか(制裁とは別の方法で)彼らを独裁者から救ってやれないだろうか。
 
 海上保安庁は今夜も日本海をパトロールし、どこの国のどんな人が遭難していても等しく救助する。彼らの気持ちが、北朝鮮の漁師に伝わる日が来ますように。

[PR]

by livehouse-uhu | 2017-11-27 14:59 | Comments(0)  

帰らない小舟の数を海は覚えているか

 オラは漁師ではないが、海の町で生まれ、ガキの頃から海で遊び海で育ったので、都会の人や海のない山梨や奈良(いつもいつも引き合いに出してゴメンね。バカにしてる訳じゃないのよ)の人よりは海の怖さを知っているつもりだ。

 地元の漁師とか外国籍の輸送船が三陸沖で遭難し、遺体が釜石の病院に運ばれて駆けつけた家族が泣いている姿も何度か見ている。

 北朝鮮から漂流して来た粗末な木造船。おそらくは違法操業。おそらくはとても貧しい漁師。おそらくは苦しい暮らしをしていて、おそらくは止むを得ず荒れる日本海に危険を覚悟で船を出した。

 北朝鮮がどれほど非道な国家でどれほど世界中から非難されていようと、気の毒な民間人に罪はない。ただ日々を必死に生きている人々なのだ。

 もうひとつおそらくは・・・流れ着いた何倍もの小舟が、海の藻屑と消えているのではないだろうか。なんとか狂った独裁者から救ってはやれないのか。胸が痛む。

[PR]

by livehouse-uhu | 2017-11-27 11:25 | Comments(0)