2017年 10月 31日 ( 2 )

 

心が震える夜II

 仙台を通過。街の明かりだけで大都会だ。東北新幹線はここからどんどん寂しくなるんだよな。特に夜は。

 車内が暑い。つまり外は寒いってことだ。喪服一丁で来てよかったのか?まあなんとかなるだろ。

 りおがオラの名前でうったボケてが数百の星を集めている。むかつくぜ。

[PR]

by livehouse-uhu | 2017-10-31 18:31 | Comments(0)  

歌は世につれII

 ピンクレディーは歌詞だ。え、決めつけるなって!?仕方がないよ、ピンクレディーは歌詞なんだから。


 いつも腕にぶら下がり あなただけのアクセサリー

 そんな私だったけど それだけじゃ駄目なの

 この頃のあなたの目 飾り物見てるみたいよ

 他の人みつめる目の光 まるで違うわ

 カフスボタンみたいなの お気に入りのアクセサリー

 これじゃ恋といえないわ もう一度やり直し

 あなたから離れるわ 居心地はとてもいいけど

 このままじゃいつかはつらくなる それがわかるの

                「アクセサリー」〜ピンクレディー


 この歌詞を読んで号泣しないようなミュージシャンとは友達になれない。いや、あんまり号泣はしないか。すまぬすまぬ。オラは初めてこの曲を聴いた19歳の冬に号泣したけど。

 「アクセサリー」はピンクレディー人気が絶頂に達した1978年発売の伝説的ヒット曲「サウスポー」のB面に収められていた。日本中の若者を恋人にしたかのようなフィーバーの中で、ミーとケイの二人は心の何処かにサヨナラを感じていたのだろうか。

[PR]

by livehouse-uhu | 2017-10-31 00:55 | Comments(0)