2017年 10月 12日 ( 2 )

 

根本的価値観の相違

 たまに地上波を見てしまう(!?)と、いやはや本当に価値観は人それぞれだが、それにしてもというかやっぱりというか「これがもし世間の大勢だとするとオラはずいぶんずれてて遅れてて仲間ハズレなんだなぁ」と思う。

 家具屋さんのCMでは「妥協しない、妥協しない」と繰り返していた。デザインやら機能やら家具選びに妥協しないというのだ。つまりそれが「格好いい」「そういう生活がしたい」と思っている広告代理店の人が、一般の人もきっとそうだろうからこの広告は販促につながると考えて放送しているのである。

 う〜む、オラなどはそこそこ使い勝手がよければ家具なんかなんでもいい。出来れば必要最低限なるべく部屋の中には家具が少ない方がいい。それどころか、たかが家具なんかこれじゃなきゃダメとかこのデザインしかないとかそれこそ「妥協しない」(自分は妥協しない人間だとアピールする)なんて「格好悪い」と思っている。まさに真逆。

 しかしそういう方々からみたらオラこそ「程度が低く文化的価値のわからない人間」なんだろう。ま、それはまったくその通りだ。

 超お洒落な創作和食のお店のウニの天ぷらというのもやっていた。この前「ウニが食いてぇ!」と書いたばかりでタイムリーだな。あ、言っとくけどオラ、これはそんなに嫌じゃない。鮮度が落ちたら(箱に並べられて出荷されたら)それもアリかなと。

 さて、釜石の人がアレをみたらなんて言うか考えてみた。最初に浮かんだのは「もってねぇ!」(持ってない、ではなくもったいないの意)。それから「バガでね〜の?」かしら。

 たぶん一番多いのはこれだ。「ウニなんか食ったごどね〜んだべ」。うむ、間違いない。

[PR]

by livehouse-uhu | 2017-10-12 10:55 | Comments(0)  

ゴールキーパーのいないゴール

 毎度おなじみ安倍川沿の瀟洒なボロアパートのベランダから見える河川敷運動公園にサッカーゴールがある。痩せても枯れても(ホントに最近は痩せて枯れてるけど)サッカー王国静岡としては当たり前の光景だ。

 日曜日などはサッカーチームの練習で賑わうその場所に、この頃ひとりの少年がいる。

 こちらの仕事が不規則なので、朝だったり昼だったりいろんな時間に窓を開けるのだが、明るい時間ならまずほとんどいる。たまに見るのに必ずいるということはずっといるということだ。とにかく毎日いるのだ。

 ひとりぼっちでひたすらボールを蹴っている。白いシャツに紺の短パン、実は今も開けてあるベランダの外に目をやると彼がいて、それを見ながら書いている。

 学校は?とか友達は?とか少しは思うが、何故かあまり「彼の事情」を詮索する気にならない。彼はやっぱりボールを蹴り続けている。

 もし彼が・・・昼に土手に腰掛けて弁当を食うところに出くわしたらきっとオラは泣いてしまうんだろうな。それが手作りの弁当でもおにぎりでもランチパックでも。

[PR]

by livehouse-uhu | 2017-10-12 09:23 | Comments(0)