2017年 09月 20日 ( 3 )

 

紙屋の息子

 背番号10番、高校3年間オラの相棒だったスタンドオフとーすけが死んだ。携帯電話が鳴りっぱなしだ。どうやら本当らしい。
 
 背番号12番、センター酒屋のじゅんぼから電話があった時、不謹慎なオラは監督になにかあったかと心配したのだが、全く想像もしていなかった同級生のキャプテンだった。

 背番号13番、天才センターかずまさの試合直後の死を看取ったのがとーすけだった。東京での葬式の後、居酒屋で飲みながらかずまさがどれほどすごかったかを語り合った。

 とーすけ、オラは、オール岩手高校代表として全国制覇し高校日本代表候補にまでなったお前を、ただずっと信じてパスを投げたよ。どんなにフォワードが押され、下手くそなオラがどんなにコントロールの悪いボールを放っても必ずお前が「なんとかしてくれる」と思って。

 そしてお前はその通りワンバウンドでもやまなりでもオラのパスを絶対にキャッチしてとんでもないスピードで相手を抜き去り・・・。

 みんなすごかった。オラだけがダメだった。なんでオラはあんなチームにいられたのだろうか。とーすけ、とーすけ。

[PR]

by livehouse-uhu | 2017-09-20 20:18 | Comments(0)  

ロックの復興支援にやってきたのさ

 今すごく売れているという二人組のミュージシャンがテレビに出ていて、紹介役の芸人が「各界の著名人がファン」とか「本物のロックに心震えろ」(震わせろじゃないのか?)とか言っているので、ついついCMを挟んでまで観てしまった。

 腰が抜けた。これが本物のロックでこれが心震わせるというならオラが今までロックだと思い心を震わせて来たものはなんだったのだろうか。

 司会(やはり芸人)も「格好いい!これが売れない世の中はおかしい!!」と絶賛している。マジか・・・。

 身体が限界近く疲れていることもあり、精神的にかなりしんどかったが、演奏された曲が(おそらく番組の都合で)不自然にカットされ短かったのと、ボーカルの女性がインタビューされて「◯◯のイベントに出演しますんでみなさんよろしくお願いしま〜す」と言っていたのでずいぶん救われた。

 よかった。これはオラが考えているロックについての話ではなかったのだ。

 余談だが(毎度ながらこんなブログ全部余談だろ)お笑いと音楽は世間で思われているほど親和性は高くない。センスあふれる芸人が音楽はまるでわかってないなんてことはよくある。

 これまで(日本で)才能ある芸人が音楽でも素晴らしい仕事をした例は、オラが知る限りビートたけし氏だけである。

[PR]

by livehouse-uhu | 2017-09-20 10:08 | Comments(0)  

歩み寄り

 マトモな人の暴論とチンピラの正論は時に一致することがあるからこえ〜よなっ。

 ちっちゃい「っ」が心底イラっとするな。自分(オラよ)が書いたんだろっ!?

[PR]

by livehouse-uhu | 2017-09-20 09:33 | Comments(0)