2017年 05月 05日 ( 1 )

 

恩送り

 5月5日生まれのオラの恩人(特に名を秘す)ガル社長は、頭はいいけれど知識も分別もないガキンチョだったオラ(ヲイヲイ自分で頭はいいって・・・)に、世の中を生きて行くためのたくさんのことを教えてくれ、ついでに(かどうか知らんが)たくさんの美味い物を食わせてくれた。

 それに対してオラがお返ししたのは、大阪赴任時代にちょうど関西に旅行にいらしたガル社長ご夫妻を(まさに)「たったの1度」小さなうどん屋にご案内したきりである。

 忘恩の徒もここまでくれば逆にいくらか見どころがあるというべきかもしらん。

 ついでに(失礼だぞ)ガル社長の(同じく5月5日生まれ)(特に名を秘す)ご子息も、頭はいいけれど知識も分別もない中学生だったオラ(ヲイヲイ自分で頭はいいって・・・)に、たくさんの映画や音楽を教えてくれ、ついでに(かどうか知らんが)たくさんの美味い物を食わせてくれた。

 何を隠そう、大学入学からラグビー部脱走、休学、復学、退学、そしてライブハウスキャプテンアンで過ごした(社会人として初めて正規の給料をもらうまでの)仙台での10年間、1000円以上するメシの60%は同級生の彼に食わせてもらった気がする。30%は女の子達、9%は姉、最後の1%は仕事が上手くいってギャラが入った時のミッキーだ。

 ご子息にはまだこれから恩返しのチャンスがあるかもしれんが、ガル社長はお亡くなりになっていてもう何をお返しすることもかなわない。

 オラが、貧乏でみんなに迷惑をかけまくっているくせに「才能はあるけれどまるで知識も分別もない若いミュージシャン」に、(とりあえず)世の中を生きて行くためのすこしのことや、オラが観たり聴いたりしてきた映画や音楽を教えようとし、たまには無理してでも何か食わせようとするのはそういう訳なんだ。

 どういう訳なんだか。親友よ、誕生日おめでとう。

[PR]

by livehouse-uhu | 2017-05-05 17:54 | Comments(2)