2016年 06月 01日 ( 4 )

 

胸に抱きし、再び

 姫神山に祀られた姫神さまの名は立烏帽子神女。

 平安時代。鬼退治の勅を受けた征夷大将軍坂上田村麻呂は、馬で伊勢鈴鹿山に向かった。しかし、そこに鬼はおらず、いたのはひとりの神女。
 
 「我は、この山に住む立烏帽子というものなり。奥州厳鷲山にすむ鬼、大猛丸がわらわを犯そうとやってくるが、従わぬため暴れ、里人を害している。我、汝の嫁になり援助するので大猛丸と戦い勝利を得よ」

 神女は田村麻呂に宝剣を授け、ともに奥州厳鷲山に向かった。

 延暦16年、奥州厳鷲山の麓、森ヶ岡に陣をしいた田村麻呂は、大猛丸を攻め、八幡平に追いつめて退治したという。

 お気付きの通り、奥州厳鷲山は岩手山、森が丘は盛岡である。そして立烏帽子神女はそのまま姫神さまとして岩手の姫神山に祀られたのだ。

 う~む、岩手からわざわざ伊勢鈴鹿山まで立烏帽子神女を「犯しに」行った大猛丸も相当だな。犯しに。犯しに。犯しに・・・何回も言わなくてよし。はい、すみません。

 田村麻呂も猛将の誉れ高いとはいえ、所詮人の子である。姫神の力無くしてはやはり大猛丸を討つことは叶わなかったのではなかろうか。

 人と姫神は愛し合えるんだな。オラが小さいころから見ていた姫神山の姫神さまは、何故だかオラの方も見ていてくれる気がする。

 自惚れんなよ。罰が当たるぞ。

[PR]

by livehouse-uhu | 2016-06-01 21:11 | Comments(2)  

バッケ(フキノトウ)

 オラがこのブログで使っている「オラ」という一人称は故郷釜石の方言で、岩手では県南、他にも東北のあちこちで使われている。

 劇場版のクレヨンしんちゃんは好きだが別にその影響ではない。ついでにドラゴンボールの孫悟空や科学忍者隊ガッチャマンG5号みみずくの龍の真似でもない。

 釜石ではピカピカに光った美少女でも小学生くらいまではみんな「オラ」だった。さすがに中学生辺りから使わなくなるが。昔の話なので、今は小学生でも使わないかもしれないな。

 中には高校生になっても使う娘がいて、「これでさよならだよ」と言われて泣きながら「おら、やんた・・・」(わたし、嫌だ・・・)などと答えたりする。

 お、おう、書いていて気付いた。女の子の「オラ」は「オラ」ではなくひらがなの「おら」だったんだな。

[PR]

by livehouse-uhu | 2016-06-01 09:53 | Comments(10)  

胸に抱きしⅦ

 アパートに帰って来たのだ。

 飲み足りなくて缶ビールを開け、残り物のやみつきさんま。さっき思い付いたんだけどさ、吉野家の牛皿にご飯とお新香をつけて酒を飲むことを「牛酒定食」ってどうかしら。

 あ、貨物列車。

[PR]

by livehouse-uhu | 2016-06-01 01:56 | Comments(0)  

胸に抱きしⅥ

 この星のひとつひとつに名前があって、それをたくさん知っていることを自慢にしてたけど・・・名前なんて人間が勝手につけたんだよなぁ。勝手に呼ぶなよ!?

 あ、貨物列車。

 しかし、こうして河原にいてもタブレットを持っているんだもんなぁ。だからこうして発信出来るし、そんなことはしたくないとも思う。

 しちゃってるんだけど。誰か、読んでくれていますか。

[PR]

by livehouse-uhu | 2016-06-01 00:18 | Comments(0)