心からの感謝を

 ツナ缶ファンのみなさま(?)あけましておめでとうございます。 

 突然ですが、ホワイトシップ印・由比缶詰所の「まぐろフレーク油漬」をご存知か?缶の横に描かれた「WHITE SHIP」の絵も美しいが、びん長まぐろを綿実油に漬けたその味たるや・・・。 

 あ~、これが缶詰か。これが缶詰だ。これが缶詰さ。人類が多くの失敗や犠牲の上に辿り着いた究極の保存食品。長期保存が出来て、しかも生鮮食品に勝るとも劣らない風味を持った、英知の結晶。 

 缶詰の発明者であり、不運と失意につきまとわれたフランスのニコラ・アペールに食べさせたかった。これほどの最高の缶詰を、200年以上後の極東の島国の、由比という小さな港町の缶詰所が作りました。 

 ありがとう、アペール。ありがとう、由比缶詰所。ニッポンって素晴らしい。ついでに持って来てくれた「そのひぐらし」にも。ついでかい!? 

 え、食べたい?今度UHUでね。
[PR]

by livehouse-uhu | 2018-01-03 18:32 | Comments(0)  

<< 心からの感謝をⅡ 近親憎悪 >>