ある一日II

 雨がだじだじ・・・おっと天気のことを書いちゃった。ダメなのかよ!?他人の夢と他地区の天気には誰も興味ないよね。

 しかしまぁ何度も書くがこのオンボロアパートからの眺めは素晴らしい。テレビで地上60階の超高層マンション最上階に住んでいるお金持ちにインタビューしていたが「この方向に富士山です。世界遺産の富士山」と自慢していた。そんなん晴れていれば毎日目の前だぞ。

 雨の日は雨の日で富士山と反対の西側に煙る安倍川、悲しげな(?)新幹線、遠く山の稜線が見える。ため息が出そうな風景だ。

[PR]

by livehouse-uhu | 2017-09-28 10:09 | Comments(4)  

Commented by TT at 2017-09-29 00:26 x
擬音をよく使う母は、大雨の降るさまを「ダズダズど降ってら」と表現しますが、“だじだじ”も釜石のオノマトペなのかしら。
Commented by livehouse-uhu at 2017-09-29 08:37
みたいですよ。雪は「モツモツど降ってら」じゃ?
Commented by TT at 2017-09-30 00:25 x
田舎さ電話して「大雪のどき、何て言ってら?」「さぁ、、、何て言ったけなぁ」と母。突然聞かれて思い出せないようだ。しばらくして、「もたもた」「もっさもっさ」
Commented by livehouse-uhu at 2017-09-30 08:19
とにかく「も」なんすね。松倉の社宅(粗末な長屋)の窓(木枠)から見たクリスマスの雪が懐かしいです。

<< ある一日III 終末のストライク >>