世界の果てに

 オラはまだ「AkashicRecords」が帰って来るのを待っている。

 BASSのAkyは解散ではなく休憩だと言っていた。「シンさんの音楽活動のサポートを出来るのは 私しかいない」と。ならば、休憩が終わるのを待っているヤツがいたっていいじゃないか。

 そして、伊藤園のウーロン茶の段ボールの裏に書かれた(描かれた?)「AkashicRecords」の1stALBUM「機械帝国」の看板を店に大事に飾ってある。ロボットの腕が、絵の中から抜け出してふたりをまたUHUに引っ張って来てくれるような気がするからだ。

 自転車に乗って走りながら「Micro&Macro」を口ずさむ。この宇宙の何処かに、元始からのすべての事象、想念、感情が記録されているという。ならばオラ達は、ライブを録音などしなくていいな。

 今日は今日しかなく、オラ達はただ歌うだけだ。

[PR]

by livehouse-uhu | 2017-09-11 20:43 | Comments(0)  

<< こんな雨の日には土手の虫達はど... 救いはどこだ >>