まさしくセルフディフェンス

 アメリカと北朝鮮か~。

 お互い「やんのかコラ?やったるぞ。後悔すんなよ!?」といきがっている訳だが、周りも本人も正直どっちが強くてどっちが大ケガをするかはっきりわかっているんだから、そういう意味では純粋な根性は北朝鮮の方があるとも言えるな。

 諭吉っつぁんも漱石ちゃんも宗一郎くんも言っていた通り、カタギの市民としてはナイフ持ったチンピラとは「関わりたくない」のが本音だ。

 一方で一応味方のはずの町内会長も実はヤクザで、揉め事が起きる度に怒鳴ったり殴ったりして仲裁(?)して来た人間だし・・・。

 普段から「ナイフは禁止!調理(平和利用)に使うのもダメ!!」と叫んでいらっしゃる祈祷師さん達は、まず罪のない人に向かってナイフを振り回そうとしているチンピラの国に行って拝んでくださいよ~。お払いの最優先順位でしょうに。

 しかし、いざケンカが始まったら一発で失神させて欲しいものだ。意識があると血だらけになってヤケを起こしナイフ持ってこっちに向かって来る可能性があるものなぁ。

 今回の登場人物の中で唯一まともな駐在所の若いお巡りさん、そん時は遠慮なく撃ってくださいね。

[PR]

by livehouse-uhu | 2017-08-10 16:54 | Comments(2)  

Commented by アオケン at 2017-08-11 02:40 x
ヒドイなぁこの一連の話は。
酷すぎて酷すぎてもう思うのは「難民来たりしたらヤだな」とかそういうことばかりになりそうだ。そんな自分も嫌だ。
Commented by livehouse-uhu at 2017-08-11 12:04
そうなんだアオケン。どこの国にも罪のない普通の人達が暮らしているのに、そういう人を助けてやりたいとか同情する気持ちさえ薄れてゆく。オレだってそんな自分が嫌だ。いったいどうしたらいいんだろう。

<< 「こいつアホだ・・・」と思った... 花と蛇 >>