民の声ですって

 極右とか極左と呼ばれる方々は(まあ極端だから極と付けられている訳で)言っていることは正反対なのに、ひとまわりして「同じようなやり方に至る」ことがよくあり(以前に書いた自分とは相容れない考えの言論を暴力で妨害したがるのもそのひとつ)、「多数決が大嫌い」というのもそうだ。

 「この愚民ども!」とか「多数決は民主主義じゃない!」なんてのはまだマシな方で、時には「選挙結果など関係ない!」だったり「〇〇党が永遠に野党なのはみんなが不勉強で騙されているから!」だったりする。たま~に自分の意見に近い結果が出るともちろん「山が動いた!」で「民意が勝った!」になるのだが。

 しかしさすがにあの元ダンスボーカルグループの今井なんとかさんという国会議員を見ていると、「すくなくとも比例代表制に関しては重大かつ致命的な欠点がある」と思ってしまうな。ほんとうに彼女に投票した人がいるんですよ?

 それでも結果が出た以上それを尊重するのが民主主義です。ええ、そりゃもう。



 民主主義というのは最悪の政治形態らしい

 これまでに試された他のすべての政治形態を除けば

                   ウィンストン・チャーチル


 
 そうだ、チャーチルと言えばやっぱり「うんこ戦車」の呼び声も高いイギリスの歩兵戦車チャーチルだろ!?何といっても大戦中に国家元首の名前が付けられた戦車はチャーチルとスターリンだけだからな。いやあ、しかしなんてダサいスタイルだ。最高速度20kmだってよ。ぎゃはははは、遅ぇ~・・・ボス(オラだろ)、その「余談」長くなります?

[PR]

by livehouse-uhu | 2017-08-07 15:27 | Comments(0)  

<< 名は体を表す 七ヶ浜の海の家Ⅱ >>